ノー・コントロール

What do you call that noise ?

謝らない女たち  

■スーパーで買い物をした。
ビールと紅茶と缶コーヒー。
あ、缶コーヒーは4本ね。

レジで清算する。
あれ?
高くない?

とりあえず、商品の入ったカゴを持って、袋に詰め替える台に移動。
同時にiPhoneの電卓を起動。

…。
だよな。
やっぱり。

私はレシートと、カゴに入ったままの商品を持ち、再びレジに向かった。

「あの、これなんですけれど、缶コーヒー4本なのに、5本分の金額を打ち込んであるのですが」

彼女は無言で缶コーヒー1本分の金額を返金した。

HEYベイビー。
確かに缶コーヒー1本の値段なんて、たいした金額ではない。
でもな、「申し訳ありませんでした」の一言くらいあってもいいんじゃないかい?


■片手で携帯をいじりながら、突っ込んでくる自転車って何なの?
相手が歩行者である私だったから良かったものの、車だったら普通に事故ですよ。
しかもこっちは避けているのに、何故避けた方向に突っ込んでくるのだ?
もう意味がわからない。

HEY YOU、ぶつかっておいて、「あら、ごめんなさい」の一言もなしかい?
何も言わなかったけれどな、超痛かったんだぞ。
無言で再び自転車をこぎ出す彼女の神経が信じられないぜ。


■過失は誰にでもあることだ。
その点を責めている訳ではない。
ただね、アクシデントがあった後に、ちょっとした謝罪の一言があるのとないのとでは、こちらの気持ちは随分と変わってくるのだよ。

YOU達のおかげで、どこにもぶつけようのないイライラとしたイヤ~な気持ちになってしまったではないか。

これからもそんな対応しているとな、いつか痛い目に会うぞ。

daimon.jpg

そうでなけりゃな、こっちが痛い目見せてやるからな。
覚悟しておけよ。

彼女達を見ていて思った。
何かあった時には、素直に謝れる人でありたいものだ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/1424-e5c0bbe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■