黄色い天井

kteImage045.jpg

喫煙所の天井はヤニの汚れで黄ばんでいた。
黄色っぽい天井と、切れかけた蛍光灯をぼんやりと眺めながら、煙を吐いていた。

前回のタバコの値上げの時に、「極めて禁煙に近い節煙」を掲げ、一時はかなり減っていた喫煙量なのだが、気付けば元通り。近頃は当たり前に一日一箱吸っている。

私は「ダメだこりゃ」と小さく呟き、二本目のタバコに火をつけながら、再び「ダメだこりゃ」と呟いた。

二回目は勿論、いかりや長介のモノマネつきである(あまり似ていないが)。

喫煙所の天井がこれだけ黄色っぽいなら、私の肺の中はどれだけ黄色っぽいのだろう?

いや、もう黄色を通り越して、黒の域まで達しているだろうか。

「いつかは禁煙」

いつかっていつだよ?

思っているんだけれど、なかなかね。

スポンサーサイト

コメント

No title

なかなか、ですねぇ…、ふぅ~。
今井さんに禁煙のコツを訊いたのに、
未だ「吸いたくない時」が訪れません;
いつになるのやら…。

No title

■二野さん
そうなんですよね。私にも訪れません。
半分は癖になっているというか、惰性というか。
しかし、あまり気合を入れてもねえ~ってことなので、今のところ「いつか」で片付けています。

禁煙ねぇ…。
したいとは思うんだけどさ…。
雲1つない空の下で吸うタバコって最高に美味いじゃん!!。
と思うと辞められないんだよね…。
ま、そんなシチュエーションそうそう無いんだけどさ(苦笑)。

No title

■はみちさん
ああ、確かにね、ラーメン食った後なんかも最高だしね。
タバコには不思議な魅力(魔力?)がありますな。
ま、それが危険なことであり、自分が中毒ってことなのだろうけれどね;
非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search