cullucoo vision

つぶれたボーリング場の入り口の階段に腰を下ろしている。
傍らには紅茶のペットボトル。
缶ビールじゃないだけ、いつもよりも健康的だと思う。

右折待ちの車の列。
あの子の車と同じ車種、同じ色。
存在が色褪せるスピードについて考える。
元気だろうか。
きっと存在は色褪せないよ。

鳩の群れ。
パン屑ならないぞ。

自分と鳩を重ね合わせてみる。
情けない気もするが、救われるような気もする。

逃げ込んだ十五の夜は、遥か昔。
盗んだバイクで走り出している場合じゃない。
焼け付くような夕日に照らされていたはずの十七歳の地図も、今ではすっかり色褪せてしまった。

拝啓、二十年後の自分へ。
パン屑ならないぞ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search