金と赤

aajiImage901.jpg

九月も十日を過ぎたね。
秋味を飲みつつ、今は秋?なのか?と思う。
流れる汗を拭いながら、福岡大仏を見に行った。

daibutsuImage897.jpg

中は撮影禁止なので、看板だ。

寺とか神社は結構好きだ。
私は決して信心深い方ではないのだが、この独特の雰囲気は、なんだか落ち着くのだ。

daibutsuinImage896.jpg

さあ、レッツゴー大仏!

うむ。
金色の大仏さん、非常にいい顔をしていらっしゃる。
さすがにでかいな。

大仏の台座の部分が通路みたいになっていて、中には地獄極楽巡りという地獄と極楽の絵が飾ってあった。

中の絵は『六道』(天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道)を表しているそうだ。
おぞましい地獄絵図を堪能。
当たり前かもしれないが、全体的に赤い。

しばらく進むと、通路は暗闇に。
本当に真っ暗で、何も見えない。
目を開いていても閉じていても、全く同じ。
曲がりくねった暗闇は『戒壇巡り』という。
擬死・再生の体験、母の子宮の暗喩らしい。
右手を壁伝いに歩くと「極楽の輪」があるらしく、これに触れると極楽に行けます…ってことらしいが、私は極楽の輪に触れることはできなかった。あれ~?

暗闇を抜けると極楽の絵が。
何だか救われた気がした。

死後の世界。
地獄とか極楽とか、本当にあるかどうかはわからないのだが、こんな私でも「出来れば極楽がいいなあ」なんて思うのは、図々しいだろうか…。

そんなことないよね。
大仏さん。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search