個展・忌野清志郎の世界


を観てきた。
たまたまPARCOでやっていてさ。

音楽は私を感動させる。

この個展では、生前残した絵画や、ステージ衣装、いろいろなものを書き綴ったノートなどが展示されていた。

それらのモノを目の当たりにして、私は果たして「感動」するのだろうか?

そんな疑問を抱えながら、様々なモノを見ていたのだが、愛車のオレンジ号(自転車)を間近で見て、ゾクッとした。

「ああ…これに乗っていたんだなあ」って。

ペダルを踏めば、オレンジ号は、まだまだ走るのだろう。

音楽は私を感動させる。
そして、それに付随するものも、私を充分震えさせるパワーがあるようだ。

スポンサーサイト

コメント

おおっ!濃紺どのも見に行ったとですか!

ワシも仙台パルコで見たのですが
イマーノ様の溢れんばかりのエネルギィ~が
描き残した山ほどの絵から、ヒシヒシと感じられました。

生きながらにして、墓標を刻むとはマサにこの事だ!
と、思っちゃいました^^♪

■a-tekichiさん
おおう!当然観てきましたよ!
絵もよかったし、学生時代のノートなんかもいい味出していましたよね。

数々のきらびやかなステージ衣装は、とても迫力がありました。
行ってよかったと思いましたよ☆
非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search