三十八歳の地図

ozkImage010.jpg


図書館で見つけた本。
「再会 尾崎 豊 -封印を解かれた10万字」

デビュー当時からのインタビューをコンパイルした本だが、当時、雑誌で尾崎豊のインタビューを読んだ記憶はほとんどない。

尾崎豊は三枚目までしか聴いていないのだけれど、多感な十代半ばに聴いていたので、無意識のうちにも少なからず影響を受けているのかもしれない。

十代半ばに思い描いていた「大人像」は、今となっては、それがどんなものだったのか覚えてもいないのだけれど、今の自分は「あの頃に誇れる自分」とは、大幅にズレてしまったことは間違いなさそうだ。

38歳に今思う「あのころ」があるように、例えば60歳になった自分にとっては、「今」が「あのころ」になる訳だ。

尾崎豊は存命ならば、今43歳だそうだ。
43歳の彼がどのようなことを歌うのか?興味は尽きない。

そして私は、自分の43歳はおろか、39歳でさえ、どうやらまだ思い描けていないようだ。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search