ノー・コントロール

What do you call that noise ?

ニードル  

裁決…じゃなくて採血。血液検査の為に、血を抜かれたザンスよ。思った以上の量を抜かれて、本誌記者も思わず昇天!

稀に「私って注射好きなのー」なんて人がいるが、私にとっては信じられない。大人なので「注射イヤなの!こわいの!」とは言わないし、そこまで思わないが、やはり笑顔で袖を捲ることはできぬ。できれば腕に針を刺すのは勘弁願いたいが、耳にはピアスの穴がしっかりあるという、ああ矛盾。

で、あまり好きではない注射なのだけれど、何故か「そのなりゆきを凝視してしまう」のである。腕に突き立てた注射針から、薬が注入されるのを見守ってしまう。その間は背中の辺りが冷たいような、お尻のあたりがムズムズするような感じがする。ならば見なけりゃいいのに、どうしても見てしまう。ああ矛盾。

今日は自らの血液が、注射針に吸い込まれて行く一部始終をS席で鑑賞。

最初の感想としては、「俺の血…なんか黒くね?」であった。

鮮血なんて単語からも伺えるように、血はほとばしる赤であるイメージがあまりに強かったためか、私の血は映画やドラマで見る血の色とは掛け離れていた。

「うーむ…黒い血…なんか汚いなあ」などと、ぼんやり思っていたのだが、「うーむ…抜かれていく私の血…美しい」と思う方がヤバ気だし、血液が少々黒っぽかろうが、青や緑じゃなかっただけ良しとしよう。

ところで、血液検査では、採取した血液を全て使うのであろうか?余ったりしないのだろうか?もしも余るならば、そのまま献血に回していただきたいところだ。少々黒っぽいですが。
スポンサーサイト
コメント

濃紺さん、病気ですか。
大丈夫ですか??

私もついつい凝視してしまいます。
なんかザワザワします。
針を刺される瞬間なんか、「血沸き肉躍る」感じです。
大袈裟です。

採血の血って黒いですよね…。
流血は赤なのに。hu・shi・gi.

沙依 #G87DcSv. | URL
2010/01/27 20:26 | edit

■沙依さん
ご心配おかけします。
命に関わるような大きな病気ではないし、病気だけれど元気です(矛盾 笑。

soなんですよね。
見たい訳じゃないのに、何故あんなにも凝視してしまうのか、全く不思議でなりません。

あ!もしかして採血の血液って、誰しも黒っぽく見えるものなのかもしれませんね。病院できいてみればよかったです(笑

濃紺 #2hxD5myk | URL
2010/01/27 21:47 | edit

濃紺さん

助けてくれてありがとうございます。
大成功でみんな喜びました。
僕もうれしかったです。

もしかして、血って静脈から採るから黒っぽいんでしょうか?

濃紺さんって黒が好きだったような。

…余計なことでした

黒玉号 #PTRa1D3I | URL
2010/01/28 18:50 | edit

■黒玉号さん
お役に立てたなら私も嬉しいです。

あ、動脈と静脈か!その可能性は大ですね。
黒は好きですよー。
ただ予想していたよりも黒い血液だったので、ちょっとびっくりしてしまったのですよ;(笑

濃紺 #2hxD5myk | URL
2010/01/28 21:27 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2010/01/28 21:29 | edit

■非公開さん
(*^ー゚)b!!

濃紺 #2hxD5myk | URL
2010/01/29 19:13 | edit

静脈が青く見えるのは…あれ?酸素を運ぶのって赤血球?ヘモグロビン?
とにかくw酸素を運び終えて赤血球だかヘモグロビンだかが減ってるから青く見えるんだって。
確か(苦笑)。
よく採血しますが普通に赤黒いですよ。
そのまま放置すると成分が分離して尿みたいになるらしいです。
全体的に日本語と情報が、うすらぼんやりですみませんm(_ _)m。

はみち #- | URL
2010/01/30 02:27 | edit

■はみちさん
豆知識ありがとうございます。
うすらぼんやりわかりました(笑

そうか~、やっぱり採血した血は、皆黒っぽいのですね。
安心しました(結果はまだだから、ドキドキしていたのです 笑)

濃紺 #2hxD5myk | URL
2010/01/31 10:35 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/1121-2bdb1c77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■