ノー・コントロール

What do you call that noise ?

too much 2  

久し振りにカップ焼きそばを食べたんだ。

お湯を注ぎ、フタの上にソースを乗せて温めつつ、私は阿呆面で3分経つのを待っていた。
何気なく、フタに書かれた「お召し上がり方」、「注意事項」を読んでいた。
「お召し上がり方」も何も、お湯を注いで、3分後にお湯を捨てて、ソースをかけて掻き混ぜれば終了だ。ふん。くだらん。
で、問題(?)なのは、続く「注意事項」である。
「熱湯で火傷をしないよう、お気をつけ下さい」そりゃそうだろう。
メーカー側に、ある程度の注意喚起の義務があるのは解るが、この文が読める人は、言われなくても火傷には注意するであろう。
そして私が「おや?」と思ったのは、次の項目だ。
「フタで指や手を切らないように、お気をつけ下さい」
…切れねえだろ。
私が食べようとしているカップ焼きそばは、プラスティックのフタをパカッとするタイプではなく、裏側が銀色の紙をピリリとめくるタイプであった。
鋭利な箇所など、ありゃしない。一体どの過程で指や手を切る危険性があるというのだ?
好奇の虫が囁いた。悪い癖だ。「このフタで切れるかどうか?You、試してみちゃいなよ」。
3分後、私はお湯を捨て、出来るだけ乱暴にフタを剥がし、意味なくフタを縦にして指先や手の平を引っ掻いてみたのだが、どうしても、負傷をすることはなかった。ああ、何か悔しい…いや、これで良いのだが。

そして、ソースをかけてぐちゃぐちゃに混ぜ、ズビズバと麺を啜る。美味くもなけりゃ、まずくもない。いたって普通のカップ焼きそばは、とても安全なジャンク・フードであることが証明された昼下がりだった。
スポンサーサイト
コメント

青海苔とソースを投入してからお湯を注ぐ人
お湯を切ろうとして自分の足に全部ぶちまける人
ソースで汚れた口元を拭こうとしたティシュペーパーで指先をぱっくり割る人

濃紺さんのところではおとなしいカップ焼きそば、うちでは危険物です

tama #- | URL
2009/12/24 19:56 | edit

■tamaさん
カップ焼きそばひとつにも、いろいろな物語があるのですね!
是非是非お気をつけて、カップ焼きそばを食してくださいね。

濃紺 #2hxD5myk | URL
2009/12/24 23:20 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/1104-daad9c78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■