Robot

20091216214225
エントランスでロボットがウロウロしていた。
センサーが入っていて、人や障害物を感知しながらゆっくり動く。
あの掃除機と同じような仕組みだ。

このロボットは、掃除ができるのではなく、ましてや地球を侵略する悪の組織から人類を守る為に戦う訳でもない。

主な働きは、胸のタッチパネルを利用した館内案内と、相性占いである。

私はロボットに「邪魔だ。どけ」と吐き捨て、彼の脇を通り過ぎると、隣のコンビニの入口に備えつけられた灰皿に歩み寄り、一服した。

ガラス越しのファッション雑誌。
造りものみたいな笑顔を貼り付けた、表紙の女と目があった。
「こっち見るな」と呟いた。
そんなちょっぴり機嫌の悪い一日であった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search