レシピ

YouTube巡り。
「ビョーク好きなんだろなあ」、「あからさまに椎名林檎だなあ」、「ミスチルにこんな曲あったな。唄い方もそっくりだ」、「うん、スピッツだね」、「はいはい、ミッシェルね」。一応最初のサビまでは聴くのだが、私はその度、溜め息をついて、画面を閉じる。

私は何を求めている訳でもないつもりだったのだが、無意識下において、オリジナリティとか、斬新さとか、(音楽的な)ケミストリーを期待していたのかもしれない。平たく言うと、「グッとくる何か」が欲しいのだ。

そこにおいて、あからさまに既製のフォーマットに則ったものが続いたので、「ふひー」と溜め息をつくばかりになってしまったのである。

このような我が儘はリスナーの特権であるが(「じゃあ、お前が創れば?」と言われたら、返す言葉がない)、「グッとくる音楽」に、そうそう簡単に出会えるはずもなく、また、わかりやすい「○○っぽさ」は、商品としての音楽にはある程度必要な要素なのかもしれない。奇抜で異端なモノが、いきなり莫大な利潤を得るのは難しいであろう。

では、私は「わかりやすい○○っぽさ」を甘んじて享受し、ひいてはこのところの音楽不況/音楽産業の不振も加味した上で、これを楽しむべきなのだろうか?


ここに、炊きたての白い米がある。茶碗の中のそれからは湯気が立っており、とても美味しそうだ。隣には、それで握った、おにぎりがある。いいよね。おにぎりもいいよね。

反対側の隣には、チキンライスがある。他にも炊きこみごはん、炒飯、雑炊などがあるとして、それらを指して「お前ら、結局ごはんフォロワーじゃん!」とか、「手法がさ…安易なんだよね」とは言わない。


今後は最初のサビまでで画面を閉じるのではなく、どんな曲でもエンディングまで聴いてみようと、少しだけ思った。実行するかどうかは、その時の気分次第であるが、これも我が儘リスナーの特権である。
スポンサーサイト

コメント

売れるもの=ありきたりのもの

なんだろうなぁ。
それが「いいもの」であるかは謎!


AA=いいよ。
MADとあんまり変わってないけど(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=OwZl8Fz_TNU

■猫アキさん
AA=、いいですよね。音だけじゃなくて、アートワークもかっこいいと思いますよ。
なんだけれど、たまにKYONO氏の声で脳内変換してしまう私は、いまだMAD中毒かもしれません(笑
思い入れがありすぎると、変わりすぎても、変わらな過ぎても、くすぶる何かがあるのでしょうね。
非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search