ティンカーベルの残像

20091129071537.jpg


バス停で、手持ち無沙汰にコインをシャカシャカやってみる。

二枚のコインを素早く縦にシャカシャカ擦り合わせると、残像でコインは三枚に見えるってやつだ。子供の頃、小学校の図書館で見た『手品入門』か何かに書いてあった。

その時は、「おお!確かにコインが三枚になったように見える!200円が300円になったぞ。わーい!」と、喜び興奮したのを覚えているのだが、今はどれだけシャカシャカやってみても、コインは二枚のままにしか見えないのである。

これは一体どういうことなのか?

発生しているはずの残像を、目で追えなくなってしまったのか?または無意識に「所詮残像だろ?けっ…馬鹿馬鹿しい」というフィルターが、脳内で三枚目のコインを打ち消しているのか?それとも大人になると見えなくなってしまうのか?

ピーター・パンのラストシーンって、どんなのだったっけ?と思っていたら、バスが来た。ぶろろー。
スポンサーサイト

コメント

10円玉でやってみた

全方位から観察しましたが3枚にしか見えません。

脳みそが小学生のまんまなのでしょうか。

身体は成長から老化の矢印に乗りかえて久しいというのに。

■たろさん
おめでとうございます。
うらやましいです。
私も100円玉ではなく、10円玉でやってみようと思います。
非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search