ノー・コントロール

What do you call that noise ?

sinking slowly  

自分で言うのもなんだが、私はわりと穏やかな性格である(と思う)。
しかも年齢を重ねるごとに、性格が丸くなっているような気がする。
人との諍(いさか)いは、あまり好きではない。
もっとも、諍いを好む人などあまりいないと思うが。

怒るのは好きではない。
ただただ面倒だ。疲れるのだ。

しかし、今よりもずっと若い頃は、『キレたナイフ』とか『ジャックナイフ』とか『狂った果実』な時期もあった。

「俺も昔は悪(ワル)でよ~…」的な話は馬鹿馬鹿しいので割愛するが、まあ、恥ずかしながら、そんな時期もあったのである。

そんなある日、またしても愚行をしでかした私に対し、親しい友人から「自分の思い通りにならないからって、いちいち怒って暴れていたってキリがないでしょ?」と、説教をくらい、自分も「うーむ…仰る通りでございます」と猛省し、それ以来、暴力的な自分は封印。なるべく怒らないように努めて現在に至っている。

今日(こんにち)、あまり怒らなくなったのは、消極的な理由の産物であるかもしれぬが、まあそれはそれで良いことだと思っている。

怒るのは好きではない。
今では、ただただ面倒だ。疲れるのだ。

だがそれは、怒りという感情を押し殺す作業でもある。
抑圧された感情と、我慢したオナラは、一体どこへ行くのだろう?

そんな私であるが、昨日は久々に怒ってしまった。
人に対して怒声を吐くのは何年ぶりだろう?
「おい!黙ってねえで、何とか言ってみろよ!」
当たり前だが、怒っている時は、全然楽しくない。
これだから怒るのはいやなんだ。

イライラを抱えたまま過ごしていると、またもイライラな場面に遭遇。
こういうのは連鎖するのだろうか?それとも自分が引き寄せたり、飛び込んだりしているのだろうか?
本当は殴りたいが、三十代も半ばを過ぎ、四十代の背中も見えてきているというのに、人を殴っていたらただの馬鹿である。

「おい!黙ってねえで、何とか言ってみろよ!」本日二度目である。
二度目ともなると、自分自身がアホらしくなってきてしまう。「俺は一体何をやっているんだ?」と思う。

stImage1721.jpg


はあ、もう帰ろ帰ろ。
もう今日は人とは関わりたくない。
帰って音楽聴いたり本を読んだりして過ごそう。

1,2,さぁ~ん,4,5,ろぉ~く,7,8,きゅ~う…
そう呟きながらの帰り道なのであった。

スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2009/11/06 14:14 | edit

Re:

■非公開さん
おお、その元のお店は、以前私が住んでいた部屋の一階のテナントに入っていたところですよね。懐かしいです。

あの辺りの街の空気感っつうか、緩やかな坂道の感じとか、結構好きですよ。
たまに夢に見ます。

濃紺 #- | URL
2009/11/08 19:06 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noukon.blog40.fc2.com/tb.php/1064-7cb988a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■