期・気・key

約一月前に旬だった話題に、今更触れるぜ。

恥ずかしながらビートルズをですね、「ちゃんと」聴いていないのですよ。

や、勿論有名な曲は知っているし、バンドの大まかな流れもわかる。ビートルズに影響を受けたアーティストは、この世にたくさん存在するし、間接的影響なんか含めれば、ビートルズの影響(手法)に全く影響を受けていないアーティストを探す方が、もしかしたら困難なのかもしれない。

何で今まで「ちゃんと」聴いてこなかったかというと、「聴きたい音楽が何も無くなった時に、ビートルズをじっくり聴きこもう!」と思っていたからだ。ところが、幸か不幸か「聴きたい音楽が何も無くなる」という状況に陥る気配は未だなしである。

これじゃ、いつまで経ってもビートルズをちゃんと聴かないままんじゃねえの?と思っていた矢先の、今回のデジタル・リマスターである。

ctbtImage1157.jpg


恥ずかしながら、全アルバムを一気に大人買いする経済力も度胸(?)も、持ち合わせていないのだが、個人的に好きな雰囲気の中期のアルバム、『ラバー・ソウル(RUBBER SOUL)』、『リボルバー(REVOLVER)』、『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(SGT.PEPPER'S LONLEY HEARTS CLUB BAND)』、『マジカル・ミステリー・ツアー(MAGICAL MYSTERY TOUR)』を、月に一枚ずつ購入し、そこから広げていくのもありかなあ…なんて思っている。私はコレクター的な価値観は求めない方なので、飽きたらやめちゃうだけだがね。


…でも、これがきっかけで、ビートルズの面白さにハマったら、それはそれで嬉しい泥沼であるような気もする。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search