0812

昨日、8月12日は、私の父方の祖父母の命日だった。
日航機墜落事故と同じ日だが、二人がこの飛行機に乗っていた訳ではない。

祖父は60歳で亡くなった。
それから20数年後の、同じ8月12日に祖母は亡くなった。
夫婦揃って同じ日付に一生を終えるなんて、狙ってもなかなか出来る事ではないだろう。
その点について、私は「ん~…なんだかスゲーな」と思うのだ。

客観的にとらえると、二人共たまたま同じ8月12日に亡くなったに過ぎないし、そこに意味は全くないのだろう。

私は「死」に対して「美」や「憧れ」みたいなものを絡める感覚は、決して持ち合わせてはいない。
ただ、祖父母が同じ8月12日に亡くなった事実…上手い言葉が見つからないが、そこにはほんの少しだけ「ファンタジー」を感じるのだ。


祖父が亡くなる前夜、5歳の私は、庭で祖父母と花火をした。あの夜の花火の匂いを、今でも覚えている。

花火の匂いなんて、いつだって同じような火薬のニオイに過ぎないのだが、あの夜の花火の匂いを、今でも憶えている。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■非公開さん
ok,了解です!
まあ、うん…いろいろありますよな。どうぞ気にならさらずに。丁寧な対応ありがとう。

近日中に連絡入れますね。
非公開コメント

haunted days

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search