FC2ブログ

冬から春にかけて思うこと

szmskr5DB25F0B-D0B0-4D79-92B7-807F7A4BDBBB.jpg


  5月の下旬に、10年以上ぶりにステージに立つことになった。自分に声をかけてくれたことには感謝しかない。

ブランクはある。知名度はない。その頃にはコロナウイルスが終息しているのか気がかりだ。

やるからには、120%の力を注ぎこむつもりだ。あくまでも単発的かつゲストとして参加のステージなのだが、次に繋げるためには、完全に自分名義の楽曲を用意しておく必要があると考えている。

「年齢の割には実績がない」この現状をなんとかしたい。

時代は変わった。
自分も変わった。
ライブハウスに集う人達も変わった。


--------------昔話はあまりしたくないのだけれど-----------------

もう20年以上前の話だ。

レコード会社の人は言った。
「きみが表現したいことは、結局きみが死なないと完結しないんじゃないの?」

当時の恋人は言った。
「あなたには社会に適応する以前に、生きる才能がなさすぎる」

と。

うるせえよバーカ!
お前らに何がわかるんだ?

激昂したものの、彼らの言葉は、頭の奥に刺さったままだ。

なんとか働いている。
なんとか暮らしている。
その上での音楽だ。
暮らしを破綻させることはできない。
優先順位はあの頃と違うのだ。

『何でもない者』だったあの頃には戻りたくない。

改めて…いま、何ができて、何をすべきか?
明確にする必要がある。

お金をとって人前に立つことの意味を、今一度考えてみる。

死なないよ。
生きる。


スポンサーサイト



haunted days

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

05  03  12  10  08  06  05  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search