FC2ブログ

暴かれた世界

stationIMG_7783.jpg



「○○が嫌いだ」という話よりも、「〇○が好きだ」という話の方が心地よい。
それを承知の上でだ。

テレビのプロ野球中継。
「なんだよ!打てよそのくらいの球ならよ!下手くそ!」
「馬鹿かよ、なんでそこで悪送球かね?俺でも容易くゲッツーコースだろ」

この手の発言が、子供の頃から苦手だ。
「じゃあ、お前がやってみれば?」と思う。


「今の政治家はね、全員ダメなんだよ。カリスマ性もないし、誰一人として国民の為に働いている議員なんていない。あいつら国会で昼寝してるだけだろ」


この手の発言が、子供の頃から苦手だ。
「じゃあ、お前がやってみれば?」と思う。


野次は下品なものだと思うし、評論家は必ずしも正しいとは限らない。

レコードを何千枚持っていようが、その人が素晴らしい曲を作れるとは限らない。自己啓発本を何百冊読んだところで、その人は素晴らしい人格者になれただろうか?


真剣に何かに取り組んでいる人に対して、なんでもかんでも文の最後に「w」をつけて嘲笑するような風潮。だったらお前は一体何者なんだ?

お前が嘲笑う誰かの仕事、暮らし、いつの間にか背負っていた何か、とても大切な何か。

わかるかな
わかんねえだろうなw



スポンサーサイト



Bloodsucker Blues

bloodIMG_7875.jpg




三連休は緩やかにスピードを落とし、夜がやってきた。

以前は夜が好きだった。
昼間よりも断然夜の方が好きだった。

近頃、夜が怖くて仕方ない。
子供の頃の記憶、なんとなく夜が怖かったような覚えがある。
漠然とした恐怖だ。

「怖い漫画や映画を見て、トイレに行くのが怖かった」という類のものではない。
窓の外に広がる果てしない闇。
ポツポツと浮かぶ街灯の明かりは、逆に闇のスパイスとなっていた。

大人になってから、得体のしれない何かに怯え苛まれるとは思わなかった。
静かな夜を過ごし、穏やかな朝を迎えられるよう、心から願っている。







haunted days

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

08  06  05  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search