慣性の法則を忘れるくらいに

10598359_446883048786378_1714141896_n.jpg


『アラレちゃん』に、オートバイ小僧ってキャラクターが出てくる。いつもバイクに乗っていて、バイクから降りてしまうと死んでしまう病を患っており、5年間もオートバイをストップさせたことがない。いつ寝ているんだ?風呂やトイレは?




securedownloadpink20170624.jpg

彼が自分と重なるとは思わないけれど、なんとなく解るような気はする。


「止まること」は、物凄く怖いことだ。もう二度と動けなくなりそうで。







スポンサーサイト

水、はじめました。

water06202017.jpg


自宅に居るときに摂取する水分のほとんどはビールとコーヒーと炭酸水だ。

思うところあり、少し改めてみることにした。

そういや、普通の「水」って、ラーメン屋さんでしか飲んでいなかったかも。

「水を飲む」という行為が、とても新鮮だ。





Cornelius - Drop



freeze

結婚してから半年ちょっと過ぎると、お互いのライフスタイルや価値観の細かな違いが見えてくる。

今、住んでいるマンションは、24時間営業のスーパーからとても近いこともあり、基本的に毎日自炊である。外食はほとんどしない。コンビニ弁当も前回いつ食べたのかわからない。特に当番制にはしていないが、夕食はどちらかが作る。

以前から思っていたことなのだが、妻には「冷凍して保存する」という概念があまりない。結婚前から、冷凍庫には冷凍食品とアイスクリームが2~3個入っているのが常であった。

一方、私はというと、例えば肉が安い日は、一番大きなパックを買い、自宅でラップに包み小分けして冷凍保存するタイプだ。鮭の切り身なども同様。出勤前に、その日の夕食に使う分を冷凍庫から冷蔵庫に移しておけば、調理するころにはイイ感じで解凍されているという塩梅だ。

私は「肉は安い時に買うべきで、冷凍保存をもっと有効な手段として行使するべきだ」と大演説した。妻は解ったような解っていないような顔をしていたが、この法案は可決した。アイスクリーム置き場が食材を保存する場所になった瞬間だ。革命である。

しかし、そこで新たな問題が発生した。在庫管理である。冷凍しておけば、賞味期限は永遠というわけではなく、食材だって「冷凍焼け」する。新鮮さはハナから期待していないが、劣化は最小限に食い止めたいところだ。


curry0617.jpg


今朝、なんとなく冷蔵庫の中を整理していると、約3か月近く前の肉が発掘された。まあ、食えなくもないだろう。煮込めばなんとか。そうだ、今夜はカレーにしよう。カレーにしてしまえば、時が止まり放置された肉も、そこそこまあまあな仕上がりになると思う。


給料日前は、なんとなく節約モードになる。カレーもしばらく作っていなかったので、丁度よい。この週末はカレーで過ごせば良いのだ!…と私は思うのだが、妻には「作り置き」という概念もあまりない。あったらあっただけ食べてしまうのだ。

先日などは、煮込みハンバーグを8個作って、「これで2日過ごせるな」と思っていたのだが、妻は一気に5個食べてしまった。「お前は大食いファイターか?!」とも思ったが、「ああ、美味かった。オラはもうお腹いっぱいだ!」と満足げな顔をしていたので、当初の予定は白紙になったが。それはそれで良しとすることにした。

そろそろスーパーに配送されたばかりの野菜が陳列される時間だろうか。最小限の出費で、できるだけ美味しいカレーを作ろう。肉はワインと水1:1で煮込んで下ごしらえしよう。

朝から缶ビールを飲みながらカレー作り、それもまた良い休日である。







I wish the day dream never ends

securedownloadsundaypark0604.jpg


意味もなく5時前に起床。夜遊びをほとんどしなくなったのは、金銭的な面もあるが、体力的な問題もある。金曜の夜なんかは疲れがピークで、夕食をとったあとは、とてもじゃないが起きていられず、気絶するようにベッドに倒れ込んだ。

朝の公園を散歩した。いろいろな思いがフラッシュバックする。楽しい思い出ばかりではない。みんなそうだろう。

頭の中に、太陽の黒点みたいなものがあって、そいつに侵食されそうになる。悪いがお前と戦う気はないよ。失せてくれ。私は音楽のボリュームを上げた。




securedownloadfukuokatower06.jpg


突き抜ける青。
対峙、逃避、いずれにしても青空。
食事、休息、いずれにしても青空。






Sunday Park / Yen Town Band




意味合い

securedownload06032017.jpg


たった一文字で随分と変わってくるものだ。



haunted days

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search