にゃんごすたーがやってきた!

nyango1.jpg


Youtubeで話題になった、青森県黒石市の非公認ゆるキャラ「にゃんごすたー」が九州に初上陸ということで、お隣の佐賀県までいってきた。


nyango2.jpg

ドラムテクニックは超絶!
ゆるキャラ界も飽和状態だし、一芸に秀でた何かがないと厳しい世界なのだろうな。

ラストの曲(X-JAPANの紅)では。曲の途中でスティックを落としてしまい、手で叩き切るという荒業を敢行!個人的には、例え少し間が空いたとしても、スティックを拾いなおしてドラムを叩いて欲しかったな。これが普通のバンドだったら、ドラマーは何らかのアクシデントがあったとしても、リズムを鳴らし続けるのが務めだと思うのだが、ゆるキャラのエンタメ性を考えると、リズムのキープは後回しにしてアクシデントを、一つの笑いとして成立させ、カッコよくラストをきめて欲しかったところだ。

あー、でもトータルで楽しめた。行ってよかったと思う。


burger0429.jpg

昼は佐賀牛を使ったハンバーガーで、これがなかなかの美味しさだった。今までの人生で一番大きなハンバーガーだった。

九州の中でも、一番地味かもしれない佐賀県。しかし、自分が知らないだけで、面白いものはいろいろあるのだろう。また行ってみたい。


スポンサーサイト

月末

non0427.jpg


乗り切るしかない。

夕食後、あまりの疲れに爆睡。仮眠程度にとどめておけば良いものの、3時間ほど眠ってしまった。頭の片隅を明日の段取りがよぎる。いやいや、そういうのは明日起きてからでいいじゃないか。今は何も考えたくないんだ。

連休の予定はちょいちょいと。本当はもっと予定を増やしたいが、金銭的にも体力的にもそうはいかないだろう。


bttf0427.jpg


やれる時にやれることをやらないと。
今までそれで何度もしくじってきたからな。




The Willard~Rock Romancer Cruisin' in Osaka

willosaka1.jpg


もう30年ほど追い続けている大好きなバンド、The Willardの10年ぶり(!)のアルバムが素晴らしかったので、これは是非ライブを観たいという気持ちが高まり、大阪に飛ぶことにした。


kankuu01.jpg


福岡からだと1時間くらいで着いちゃうのね。そう考えると近いな大阪。



ajiho415.jpg


大阪に来るのは20年振りくらいなんじゃなかな。そうそう、この空気。




shinsaibashi0415.jpg

ホテルにチェックイン。一休みして会場の梅田へ。



skybild04151.jpg


会場に到着し、列に並んでいたら、とても素敵なビルがあった。



willosaka2.jpg

整理番号63番の良番だったので、折角だからと前で見ることにした。ここ数年、ライブといえば後ろの方でゆっくり観るスタンスである私にとっては珍しい事態である。

定刻を少し過ぎてライブスタート。
目の前に現れたカリスマは、相変わらず孤高のカリスマであった。インディーズで人気を誇り、鳴り物入りでメジャーデビューしたが、これといったヒット曲はないまま、今もインディーズで活動を続けている。正式なメンバーはオリジナルメンバーのボーカリストJun氏のみである。彼が今でも歌い続けている理由は何なのだろうか。

観ていて思ったのだが、たまに「何もないところを見つめている」かのような目をしていた。私には見えない何かが見えているのかもしれない。

新作からの楽曲と、懐かしいナンバーのバランスがとてもよく、大満足のライブだった。ライブでこんなに汗だくになったのはいつ以来だろう?忘れていた何かを取り戻せたような気がした。


skybld02.jpg


終演後、チケットと引き換えたビールでカラカラになった喉を潤しながら、先程の建物を見上げる。20年前に大阪を訪れた時にはなかったであろうこの建物は、これから何十年ここに立ち続けるのだろう。



doutonbori0415.jpg

一旦ホテルに戻り、大浴場で汗を流した後、散歩がてら夜の街に繰り出した。週末だというのに、早くに閉めている店が多いのは意外だったな。新宿歌舞伎町は別格としても、 中洲やススキノの感覚が異常なのだろうか?巡回する警察官の数が多い印象をうけた。



kusikatsu0415.jpg


とってもベタに串カツなんか食っちゃったりしてね。夜中なのにね。


breakfast0416.jpg

なんだかんだでホテルに帰り着いたのはド深夜であった。不思議と眠くなかったのだが、もう一度風呂に入ってから就寝。


割と早い時間に目覚め、まずは朝風呂。気持ち良い。ホテルの朝食はスキップして、早々にチェックアウト。そういや、部屋にあった空気清浄機が良かったな。空気清浄機…ちょっと欲しくなった。



chintai0416.jpg

旅行中、不動産屋の前で足を止めてしまう癖がある。おかしいかしら。



dtb0416.jpg

それにしても天気が良い。立ち止まって着ていたパーカーを畳んでリュックに詰め込む。半袖のTシャツで十分だ。


dyb0416_3.jpg

dyb0416_2.jpg

なんというか、街並みが、漫画『ナニワ金融道』の背景っぽい。当たり前か。



mysy01.jpg

東京在住のお友達、YKちゃんオススメのうどん屋で、昼食を。


mysy02.jpg

カレーうどんを「激辛」で。辛い物大好きなYKちゃんらしいチョイスである。今まで食べてきた中で一番辛いカレーうどんであったのだが、これが刺激的で超美味い!スルーしてしまいがちだが、麺もかなり美味い。博多のやわらかうどんには、まだイマイチ馴染めていないので、嬉しい情報であった。


kankuu02.jpg

もう一軒行きたい店があったのだが、飛行機の時間もあり断念。twitterで知り合った札幌から大阪に遠征してきたM氏と関空で逢うべく、早めに移動することにした。

…のだが、運命のいたずら(保安検査や搭乗手続きはフライト90分前からルール)に翻弄された我々は、結局会えずじまいだった。氏とは「またの機会に是非会おう!」と熱いLINEのやりとりを交わした。大人になると、共通の趣味ができにくいのが現実なのだが、インターネットはそういう壁をもブチ壊すパワーがある。同じく北九州から大阪に来ていたSさんにもいつか会えたら良い。早ければ年末にも実現するかもしれない。とても楽しみだ。


kankuu03.jpg

さらば大阪!また逢う日まで。
今度は20年もあけず、近いうちにまた来るよ。
離陸を待たずして、前夜の睡眠不足によりウトウトしてしまった。


fuk0416.jpg

15分に一度くらい、起きたりしながら、気付けば福岡到着。おい大阪!マジで近いじゃないか!なんだこの距離感!

見慣れた景色と、耳に入ってくる博多弁。そうか。私は日常に着地したのだな。


myg0416.jpg

快く送り出してくれた妻に、お土産を。よくわからんが、こういうのって、きっと大事なことだと思う。いつも私を自由にさせてくれているので、感謝である。


楽しかった愛しき週末を見送りつつ、また明日から「普通の日々」を過ごしていこうと思う。二日ぶりにヒゲをそりながら。そう決意するのだった。
















距離感・腹の内

勤務を終えてから、ファミレスにて同じ部署の上司・同僚と会合。
ノンアルコールにて、冷静に。

隣のデスクに座っていても、わからないことは多いもので、またその場だと口に出せないことも多いわけで。

変な腹の探り合いは時間の無駄だし、余計な気遣いで疲弊することに全く意味はないと個人的にはそう思う。

我々は「お友達」ではないので、オフィスにてわいわいキャッキャする必要は全くないのだが、なるべく円滑にコミュニケーションをとって、できるだけストレスを遠ざけ、有意義な時間を過ごすよう努めた方が良い。

お友達ではないが、チームなのだ。

なるべくなら敵は少ない方が良い。
そうだろ?


wne20170411.jpg


帰り道、コンビニで買い物してくじを引いたらワインが当たった。

良い夜だ。


Holiday on the moon

jrks0409.jpg



休みの日に、一日中家にいるのは、どうも損をした気分になってしまうので、なんとなく出掛けたのだが、特に行きたいところがあるわけでもなかった。

駅の周りを無意味に一周して引き返す。それでも、少しだけいつもとは違った空気が吸えた気がする。気のせいでもいいんだ。



sakura20190409.jpg


帰り道、通りかかった中学校に桜。私が通っていた中学の校庭にあった桜は、今も毎年咲いているのだろうか。

帰宅後昼寝。これもまた休日の醍醐味。


C8-PVkwUMAEcGyeDJEQ.jpg


目を覚まして、やりかけの作業を。なにがどうあったって、100%の満足はないから、自分の中で締め切りを今日に設定していた。ファイルを圧縮してデータ送信。指先が震える一瞬だった。あとはエンジニアさんにお任せする。リリースは夏頃の予定。この件に関しては、追ってお知らせできると思う。

今週も休日が日曜だけだったので、不完全燃焼気味だが、また明日から。









荒波

C7abydkU8AA4Egv.jpg


How do 新年度?

まあ、なんつーか、月曜からハプニング続出デスヨ。
支払い一週間前に突然「やっぱり手形じゃなくて現金で…」とか、通るわけないじゃんよ。すぐにバレる嘘ついたりさ、それぞれ事情はあるのだろうけれど。

業務的に新年度バタバタの本当のツケが回ってくるのは、今月中旬以降だと思われる。今から憂鬱になっていても仕方ないので、その時考えて、臨機応変に対応するしかないのだろう。

新入社員をバカにしたような目つきで見ているクソオヤジをぶん殴りたい。元気よく挨拶されて、それを無視出来る神経が理解不能だ。何であんなに偉そうなんだ?まずはお前に再教育が必要だな。もしくはさっさと引退しろ。

イライラして仕方ない月曜日だった。

いかに惑わされずに自分の職務を果たすか、明日はそれだけを考えることにしよう。






鳥羽一郎 兄弟船

生演奏の演歌はいいね。
豪華で。


耳鳴りと共に日曜の夜は更けて

sakura20170402.jpg


4月だね。まだ少し肌寒いけれど、確実に春だ。



prml0402.jpg


土曜出勤が2週続く。休みが週に一度だと、何かと物足りない。



delay0402.jpg


超音波の耳鳴り。そして、いつのまにか日付が変わっていたので、今日の作業を終えることにしよう。

「こだわりのノイズ」ってなんだ??????私は何につまづいているのだろうか。

あー、でもさ、答えがないからこそ楽しいのかもね。

おっと!いい加減に寝なければ!








haunted days

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search