ノー・コントロール

What do you call that noise ?

明日、地球が粉々になっても  

「もしも、明日地球に巨大隕石がぶつかるとしたら、自分はいったいどうするだろう?」そんなことを考えていた。


shoe0322.jpg



いろいろ考えたのだけれど、きっと私はいつも通りに朝起きてコーヒーを飲んで出勤し、帰ってきて風呂に入って夕食を済ませ、録画したテレビ番組をぼんやりと眺めたりしながら過ごすのだと思う。



temp322.jpg



ビールを飲んで、うとうとしながら、「あれ?明日は何曜日だっけ?」なんて思ってみたりするのだろう。

そう。
いつも通りだ。



スポンサーサイト

旧志免鉱業所竪坑櫓  

smkgC6HnHETUoAAyV83.jpg

休日を利用して行ってきた。

志免鉱業所竪坑櫓


その静かな立ち姿に圧倒されるばかり。
世代的に、エネルギーの転換期はあまりピンとこないのだが、きっとそこには数々のドラマがあったのだろう。

建造物としての存在感が物凄い。
とても美しいフォルムだと思う。



11PM  

030500securedownload.jpg


基本的におかしな夢しかみない。夢ってのはそういうものかもしれないが、悪夢が続いて辟易している今日この頃。目覚めても気分が悪かったり、思い出したくない記憶が駆け巡ったりして、とても厄介だ。


根底にあるのは、「考えすぎ」だったり、「気にしすぎ」だったりするのだろう。あとは、過去の出来事を消化しきれていなかったり、未来に対して漠然と不安だったり。


03054securedownload.jpg


今夜、常に「もや」がかかったようなアタマの中で、繰り返されるのは、太宰治『人間失格』の中の一節だ。


自分には幸福も不幸もありません。
ただ、一切は過ぎて行きます。
自分が今まで阿鼻叫喚で生きて来た
所謂『人間』の世界に於いて、
たった一つ、真理らしく思はれたのは、
それだけでした。
ただ、一さいは過ぎて行きます



いや、私の毎日は、そんなに大袈裟なものではないし、幸せといえば幸せだと思っている。

「あーあ、また明日から仕事か」

憂鬱でもあり、幸せでもある。
いつもの日曜日の夜である。




03051securedownload.jpg


秒針が時を刻む音は聞こえない。
静かな夜だ。
今夜は早目に寝るとしよう。





11PMエンディング



haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■