ノー・コントロール

What do you call that noise ?

GET THE GLORY  

近頃、思い出したように、若い頃聴いていた音楽を聴き返すことが多い。
忘れかけた初期衝動を思い出したいとでもいうのか、そんな感じ。
年齢的には大人になって、見た目は劣化の一途をたどっている。

懐古やアンチエイジング的なことではなくて、なんつーか、「がむしゃら感」や「イケイケ感」、時には「カンケーないね感」や「なんだバカヤロー!感」。そういうのも必要なんじゃないかって。


laughIMG_3601.jpg


大人であるべきだとは思うよ。
いい歳なんだしさ。

けれど、いつだって疑問は持っておいた方が良いと思うし、諦めてばかりでは、毎日つまらないと思うのだ。おっと、松岡修造チックなポジティブさとは、全然違うぜ。そこんとこ、誤解なきよう。


あれから30年。
私は栄光を掴めただろうか?
掴めちゃいないな。

だからなんだ?
どうしてくれようか?
今だからこそワクワクするぜ。




LAUGHIN'NOSE - GET THE GLORY - 2015 KAPPUNK‬

LAUGHIN'NOSEは今なお現役。
「歳とったな~」なんて思ったアンタも同じように年齢を重ねている。
じゃあ、そんな自分達は何者で、何ができるのか?ってお話。



スポンサーサイト

警報  

yataiIMG_3544.jpg


九州は、あまり地震がないという、勝手なイメージを持っていたのだけれど、覆された。

博多は最大で震度5弱。
結構揺れた。

余震が続いて、もう揺れているんだか、揺れていないんだか、さっぱり分からなくなった。

寝ていても、何度もiPhoneが緊急速報の唸りを上げて、直後にグラグラと。
それが二晩通続いて、やや寝不足気味になった。

心配のメールとか、LINEとかくれた皆様、ありがとう。

明日からの仕事の段取りがどうなるのか、出社してみないとわからない。

日常ってのは往々にして退屈なものだけれど、そんな日常がどれだけ愛しいことか。
そんなことを思っている。


BLUE VACATION  

inflIMG_3552.jpg



インフルエンザにやられてしまい、床に伏していた。
何故かこの季節に会社で大流行しており、イヤな予感はしていたのだ。

予防接種も受けていたし、うがいや手洗いもマメにやっていたつもりなのだが、かかる時はかかるんだね。

バカみたいな高熱は出なかったが、ジワジワと体力を奪われた。

薬でぼんやりする頭。
変な夢をたくさん見た。

ベッドの中で、いろいろな事を考えたはずなのだが、すっかり忘れてしまった。

季節外れのインフルエンザ、お気をつけあれ。

明日より職場復帰。

Good bye vacant days.


チェリーブラッサム  

この時期、世の中には「桜ソング」が溢れるのは毎年のことだが、あまり心動かされることはない。

上手く言葉にできないのだけれど、意図的なものと恣意的なものの絶妙すぎるバランス配合が、逆に鼻につくからだ。

「素直に感動すりゃいいじゃんよ~」と、自分でも思うのだが、どうもその形骸化した世界観や言葉選びに、途端に醒めてしまうのだ。自分が歳を重ねたせいもあるのだろう。

だがしかし、決して桜が嫌いな訳ではないし、好きな「桜ソング」だって、あったりもする。


sakuraIMG_3539.jpg


今シーズン、初めて、「立ち止まって」桜を見上げた。

最近、少しばかり忙しかったような。

気持ち的にも、あまり余裕がなかったな。


sakuraIMG_3540.jpg

草野球を眺めたりしてね。

そういや、春のセンバツ甲子園は、いつのまにか終わっていた。結局どこが優勝したのかも知らないままだ。

ビール飲んで昼寝して、溜まっている録画を消化して。
散歩して、料理して。

久しぶりに、のんびりとした日曜日を過ごせて満足である。

なにかとバタつきがちな季節であるが、また明日から。





松田聖子~チェリーブラッサム

財津和夫作曲。
計算しつくされているのか、天から舞い降りたメロディなのか、全く分からないところが素晴らしいと思う。


haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■