ノー・コントロール

What do you call that noise ?

落陽  


年度末だな。
弊社、決算が10月のため、そんなに切羽詰まった感じはないのだけれど、やっぱりバタバタしております。

何日か前から国税の調査が入っていて、なにかと落ち着かないし、人事も一波乱ありそう。M&A案件も持ち上がってるしね。


pcIMG_3523.jpg


上司は、「4月からは濃紺くんにも、更に頑張ってもらわないとな!ガッハッハ!」とか言っているけれど、私は目の前にあることを、一つ一つ確実にこなしていくだけだ。キャパオーバーのことを安請け合いしたくないしね。できることを粛々と。


いろいろなことが落ち着いたら、何日か旅に出たいな。

今、行きたいところは、仙台・山形。
それか、熱海か箱根。
もしくは信州方面。
または京都・奈良。

なんとなくだ。

燃えるような夕日が見たいのだ。




落陽 / 吉田拓郎


スポンサーサイト

びっくり箱  

札幌の友達から荷物が届いた。

いつもありがとね~…って、箱の中に、明らかに方向性の違うブツが1つ。


zonIMG_3520.jpg

ホラー好きの彼らしいチョイスだ。

しかしながら、青い麺。

これは、彼からの挑戦状なのか、それとも、「常識にとらわれてばかりの、つまらない奴になるなよ!」という、熱いメッセージなのだろうか。

我ながら、良い友達に恵まれたと思う。

私も仕返し…ではなく、お礼の品を考えるとしよう。




いい夢見ろよ!  

諸説あるようだが、成人の理想の睡眠所間は7時間前後のようだ(レム睡眠・ノンレム睡眠の話は抜きである)。

それに対して、私の平均睡眠時間は4~5時間だろうか。ちょっと前からアレルギーの薬を飲みだしたこともあり、昼間、猛烈な睡魔に襲われることがよくある。

今日なんかは、仕事中気が付くと、PCのディスプレイに


6666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666


と書いてあった。

どうやらテンキーを押しっぱなしで数秒ガチ寝していたようだ。この6の連打、ダミアンもびっくりである。


世の中には、短時間の睡眠で十分満足できる、ショートスリーパーという人達もいるようだが、私はそうではない。

朝、起きて、仕事に行って、帰ってきてメシ食って、シャワー浴びて、寝る。それ「だけ」の一日がイヤでたまらないのだ。

だから、結果的に夜更かしをしてしまいがちなのだが、よく考えるとこれといって何をしている訳でもなく、酒を飲みながらダラダラとネットしたり、テレビをみながら深夜まで過ごしている。

夜更かし体質になったのは、高校の受験勉強の時からだ。幼い頃に感じていた、深夜に起きている背徳感が、日常になりすぎてしまったのかもしれない。

今よりずっと若い頃は、仕事して、週に2回は必ずバンドのリハが入っていて、夜遊びして…明け方近くまで飲んで、そのまま仕事!なんてこともやっていたのだが、今はもう無理。よく、あんな生活できていたものだ。

たまに、「寝てない自慢」みたいな切り口の人を目にする。

寝ている時間もないほど忙しいアピールなのか、寝てない俺ってカッコいいと思っているのか、あまり眠らないことが美徳なのか、なんだかよくわからんが、そういうのはアホだと思う。時間を有効に使えていないだけだ。自己管理能力の無さを自慢気に語ってどうすんだ。「寝ろ」の一言である。

加齢と共に、確実に体力は落ちている。今、この瞬間も、目がパサパサだ。

睡眠について、すこし見直しが必要なお年頃かもしれない。


yngsw28.jpg


そんな事を考えながら、今夜はもう休むとしよう。

明日も6:30のアラームが鳴る。

トリセツ  



西野カナ 『トリセツ』MV(Short Ver.)

この曲を初めて聴いたのは、つけっぱなしのラジオからであり、私は大きな衝撃を受けた。そして、この世界観が、若い女性から多くの共感を得ているという事実もまた衝撃的であった。


「逃げろ!」

本能的に感じる、ヤバイ感じ。
私の恋愛観が少々歪んでおり、偏見に満ちているにしても、「近寄っちゃならない、あっち系の香り」がプンプンしているのである。

最初は、「遠回しにソレ系の女性をdisっている歌」なのかとも思い、「ほう…なかなかシニカルな切り口よのぅ」などと感心していたのだが、どうやらマジなようなので、二度びっくりである。


stop0307.jpg


他所様がどんな恋愛をしようが勝手ではあるが、人生の先輩からすれば、「おいおい、ちょっと待て、その子…もうちょっと落ち着いてから考えようぜ」と、思わざるを得ないとでも言うべきか。

キャッチフレーズをつけるとすれば、『恋愛至上主義暴走超特急』みたいな女性には、十二分の覚悟を持って向き合うべきだと思う。『刺し違える覚悟』と変換しても構わんよ。

でもね、確かに恋はしておいた方がいいな。
恋せよ若者!


しくじり先生:濃紺



九州北部地方は高気圧に覆われて概ね晴れています  

ここ数日の気温差がえげつない。半袖のTシャツ一枚で良かった次の日は、またダウンを着ていたりする。

ストレスが肌に出やすいタイプだ。アトピーもあるしね。

「さて、気晴らしに」と、アルコールを注入したら、酷い顔が、ますます酷くなり、おまけに目が痒くて仕方ない。

おー!ジーザス!…とばかりに、かかりつけの病院に駆け込んで、薬を処方してもらったら、随分と楽になった。


free3405.jpg


そういや、秋に会社の健康診断があったのだが、肝臓の数値が悪かった。

肝臓の値が悪い事に慣れていて、「うんうん、知ってる」くらいに思っていたのだが、これでは何のための健康診断なんだかわからない。長生きしたいとは思わないが、まだ死ぬわけにはイカンのだよ。


コンビニに買い物に行き、冷たい風を浴びつつ、iPhoneをいじりながら、温かいコーヒーを飲んだ。

ニュースサイトによれば、北海道は大荒れの天気だそうだ。かつて暮らした街を思った。

今も大好きなあの街を遠く離れて、今、自分はここにいる。ここで、何をすべきか。

3月。
1年の六分の一が終わったことになる。

さて、何をすべきか。
優先順位。
Do the ハッスル。

推敲している場合ではない。
明日の為に、もう寝よう。




山崎まさよし 襟裳岬





haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■