ノー・コントロール

What do you call that noise ?

Changes  

暖かくて、上着が要らない日だった。2月は終わりか。もうすぐ春だ。

とても気持ちの良い陽気だったので、久しぶりに天神まで出て買い物。ワイシャツとか目薬とか。




bowieIMG_3392.jpg

立ち寄ってみた。

David Bowieについいては、書きたいことがあるのだけれど、まだ気持ちを文章に変換できない。




kegoIMG_3398.jpg

ホント、天気いい。
この神社の隣に大きな公園があって、天神に出てきたら、休憩がてらボーッとしながら缶ビールを飲むのがお決まりなのだが、本日はノンアルコールにて。

考えなければならないことが、それなりにある。悩みってわけではないけれど。

仕事はこの一週間スケジュール的にタイトで、それは単純に2月が29日までしかないところが大きいのだが、自分の能力不足も大いにある。

省みつつ、改善点をiPhoneにメモ。

…。
我ながら、ひっかかることが多い。


ん?何で休みの日に仕事のことを考えているのだ?
そもそも休みは休むためにあるはずだ。
そうだろう?ミスターmyself…。



切り替えて、切り替えて、そして切り替える。

簡単なようで、これが自分はとても苦手である。

一番の課題は、そこかもしれない。



sundayIMG_3402.jpg


(結果的に)よく歩いた一日だった。

夕飯に作った、野菜たっぷりの焼きそばが美味しかった。

次回はもっと美味しく作れるようになりたい。





David Bowie - Changes





スポンサーサイト

Money Changes Everything ?  

sksIMG_3369.jpg


うっかり、「ノープラン、新幹線の旅」に出るところだった。
本当にノープラン。
フラフラっと、とこかに行きたくなったのだ。

財布の中には二万円くらい入っていたし、クレジットカードも持っている。
突発的に新幹線に乗ったとしても、まぁ、どうにかなる。

が、ちょっと待て。
今の自分に、そんな経済的余裕があるだろうか。
思い付きで旅に出る余裕など。


hryi0220.jpg

正常な判断が出来る状態ではないようだ。
まずは一杯飲んで落ち着いてからだな…って、だからそれよ!
別にいま、店に入らなくても良いだろう?

私はコンビニで缶ビールを一本購入すると、店先でそれを飲み干し、ごみ箱に空き缶を投げ入れた。

昼前から立ち飲み屋で飲めば、少なくとも、これの10倍程の金額がかかったところだろう。
ああ、このくらいの出費で済んでよかった\\\\\


最近、お金のことについて、よく考える。
カネが全てだとは思わないが、カネがないとお話にならないことは多い。
今更ながら、そんなテーマについて、ああでもない、こうでもないと、自分内会議は紛糾している。


tanakaIMG_3314.jpg

結局いつも明確な答えは出せず、何かに逆切れしたような感じで会議は終了する。

何に対する苛立ちなのかは、自分でもよくわからないのだが、漠然とした怒りと、どこか釈然としない思いが交錯し、攻撃的な気分になる。

連続通り魔殺人事件は、こういう時に起こり得るのだろうか。

「むしゃくしゃしてやった。相手は誰でもよかった」

そんな薄っぺらいテンプレートと共に人生終了はまっぴらである。


マネマネマネー。
one for the money.

歩いていて、100円玉が落ちていれば、拾うだろ?
10円玉でも、きっと、拾うと思う。
1円玉だったらどうだ?多分「なんだ1円か」って、通り過ぎると思う。
何なんだ?境界線の根拠は何だ。


あれば便利、なければ不便。
それなら、あった方がいいよな。
でも、なけりゃないで、何とかなるから、問題はフクザツなのである。

考えるのが面倒くさくなったので、帰って昼寝した。

さて、明日からまた一週間、労働しましょうぞ。
大好きで大嫌いなカネの為に。
なんだそりゃ?
恋かよ。


ShesSoUnusual1984.png




Cyndi Lauper - Money Changes Everything



さらば あぶない刑事  

『古畑任三郎』や『踊る大捜査線』も大好きなのだが、刑事ドラマといえば、世代的に『あぶない刑事』なのである。

以前はよく夕方や深夜に再放送をやっていて、ふとつけたテレビで『あぶない刑事』がやっていたら、たとえ知っている話でも、なんとなく最後まで見てしまうドラマであった。


abdekaMG_3346.jpg


久しぶりに映画を観に行った。

どことなく漂うバブルな空気感も健在である。

スクリーンの中の柴田恭兵と舘ひろしは、ひたすらカッコよかった。

もう、それだけでいいじゃないか!と思える映画であった。

『あぶない刑事』、やっぱり好きだな~。

いくぜ!




「さらば あぶない刑事」予告編


5枚で1000円  

cdIMG_3344.jpg


TSUTAYAでレンタルしてきたでごんす。



■パスピエ/わたし開花したわ
昨年あたりからハマっております。
楽曲は理論だっているのに、どこかぶっ飛んでいて、とても「今っぽい」音を出しているバンドだと思う。
パスピエはアレンジが練られていて、聴いていてとても面白い。
ボーカルの声質も好き。


■布袋寅泰/ギタリズムV
CDを持っているはずなのだが、見当たらないので。
會田茂一、大沢伸一、KREVA、FUMIYA(RIP SLYME)など、ゲスト参加しているミュージシャンも一癖あるね。


■筋肉少女帯/復活究極ベスト大公式
データ紛失のため再度レンタル。
筋少は時代(その時のメンバー)によって音楽性に幅があるし、隠れた名曲も多いのだけれど、iPhoneに入れて持ち歩くならこのベストかと。橘高さんのギターって、かっこいいなぁ~サンフランシスコ!


■松田聖子/35th Anniversary 究極オールタイムベスト50songs
よくよく考えてみると、自分にとっては「好きor嫌い」を超越した存在かもしれない。
ここらで一度、じっくり聴いてみたくなった。
単純に、「いい曲多い」と思う。


■オフコース/ever
日本のポップス史においては、重要なグループだと思う。
日本人の琴線に触れるメロディ…小田和正さんの、音楽的なルーツはどのあたりなのだろうか。
70年代後半~80年代初頭の、当時の最先端シンセサウンドも、またグッとくる。



tone  

ギタリストの松原正樹さんが亡くなった。


お名前に馴染みはなくとも、あの曲もあの曲も…。
80's ボーイズ&ガールズは、必ずや耳にしているあのギターは、松原氏によるものだったのである。




松原正樹ギターソロ・メドレー

心の奥に、染みついているサウンドだ。
音楽を意識し始めた、少年時代に聴いた曲は、特に印象に残っている。


個人的には、「ギターソロ」というものに、あまり興味はない。
なくはないのだが、1曲中、30秒のギターソロよりも、3分30秒ある、バッキングの方が重要だと思っている。

それでも、大好きなギターソロはいくつもあって、自分は「指がどれだけ早く動くか」みたいなソロよりも、フレーズとインパクトに胸ときめくタイプである。


松原さんのご冥福をお祈り申し上げます。




Error  

部屋に帰ると、線香のにおいがした。
ありえない。
この部屋に仏壇はない。
「外から入ってきたにおいなのか?」とも思ったが、そうではないようだ。

窓を全開にして、シャワーを浴びて出てきたら、やはりまだ線香のにおい。

ああ。
この「線香現象」はたまにあるんだ。
初めてこれを体験したのは、中学2年の時だった。
それから、忘れた頃に、たまにこの現象が起きるのである。

心霊現象とか占いとか、非科学的なことは、基本的に疑ってかかるタイプである。

しかし、線香のにおいがしているのだ。
どこからだ?本当ににおいがしているのか?いや、してるだろ?

IE7ApplicationError.png

思うに、何らかの原因で、脳が誤作動を起こしているのではないだろうか。

単純に、少し疲れているのかもしれない。

今夜は早めに眠るとしよう。

線香の香りに包まれながら。



haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■