ノー・コントロール

What do you call that noise ?

  

yskIMG_3284.jpg


起きてみてびっくり。


snwIMG_3285.jpg


雪に慣れていない街なので、電車やバスなど、いろいろと混乱。



snwIMG_3286.jpg


ああ、でも、こういう道を歩くの、懐かしいな。
以前はこれが日常だったのか。

なんだかんだ、思い出してみたり。
中には思い出したくないこともあるけれど…そんなものは白で覆い尽くせ!


snwIMG_3288.jpg


もうピークは越えていると思うけれど、明日、会社にたどり着けない人もいるかもしれない。

福岡シティの大動脈である、西鉄バスがどう出るか。



snwIMG_3289.jpg


静かな夜だ。




スポンサーサイト

龍が如く  

ryuIMG_2954.jpg


お元気でしょうか?
こちらは元気です。
しんどい時もあるけれど、まあ、なんとか。

弱音と愚痴は、なるべく吐くまいと心がけているのですが、まだまだですね。

本日、仕事を終えた後、「おはぎ」を食べました。

少しだけ、元気を取り戻せたような気がします。

ここ数日はもっぱら、アルコールより睡眠優先な感じであります。

そんな感じで明日も、見えない銃を撃ちまくりたいと思います。

本当の声を聞かせておくれよってやつです。





当選  

思うところあって、高校生の時以来で、今年は自分から積極的に年賀状を出してみた。


ngj69IMG_3278.jpg


3等の、お年玉切手シートが2枚当たった。

札幌市のHちゃん、福津市のSさん、どうもありがとう!

あ、勿論、年賀状をくれた皆様、ありがとう。
いつのまにか再婚してたり、子供が大きくなっていたり、年賀状で知ることができたこともあったなぁ。


「めんどくせえ」とか、「資源の無駄」とか思っていた年賀状だが、悪くねえな、年賀状。

お手軽デジタル社会だからこそ、年に一度、こういう機会があっても良いと思う次第。


お年玉付き年賀はがき当選番号


じっちゃんの名にかけて  

magazine_3256.jpg


数年ぶりに、『少年マガジン』を手に取った。

買ったのではない。
地下鉄の棚に放置されていたのだ。

20年前は、毎週買っていた。
10年前は、立ち読みで済ませるようになった。
やがてコンビニの漫画雑誌には紐がかけられ、立ち読みはできなくなった(それはそれで、悪い事ではないと思う)。

ペラペラとめくってみると、知っている漫画は『金田一少年の事件簿』だけになっていた。

しかし、『金田一少年~』を一話だけ読んでも、ちっとも面白くない。
そりゃそうだ。
来週もマガジンを手に取り、この事件の結末を自分が知ることはないと、わかっているからだ。


漫画雑誌の手触りと、紙のにおいが、とても懐かしかった。



be clear  

最後にアルコールを口にしてから、約48時間が経過。
久しぶりだ、この感じ。
飲みたいような、飲みたくないような、もうどっちでもいいような。

シャワーを浴びた後、ビール飲みながらダラダラしていると、いつのまにか午前2時近く、慌てて「やべ~!寝なきゃ!」というのがいつものパターンなのだが、時間の流れ方がいつもと少し違う。

気分的にも、少し違う。



edoIMG_3255.jpg


これまた久しぶりに、本を読む…というか、眺めたりしてね。炭酸水を飲みながら。


お酒は弱いが好きである。
やめることはないが、思うところあって、少し酒量を減らそうと考えている。


酩酊状態は気持ち良い。

が、しかし、ポンコツ頭なりにも、いつもとは少し違った冴えわたり方をしているこの時間は有意義にも思える。


夜の時間の使い方を考えてみるには、良い機会だ。
睡眠時間も、もう少し増やしたい。

試しに、金曜の夜までビールを我慢してみよう!

なにぶん意志が弱いので、その決意が金曜まで持続するかどうかが問題である。







基準  

「あー、今日は少し寒いな」と思った。

福岡CITY、現在の気温は3度。
寒いっちゃ寒いのだが、冬が寒いのは当たり前である。

うん。

しかし、3度ですぜ、3度。
これを本当に「今夜は少し寒いな」と言ってよいものか。

札幌に住んでいた頃を思い出してみる。
この季節の3度は、「暖かい」と言えるのではないだろうか。

ちなみに、ネットで確認したところ、現在の札幌の気温はマイナス8度であった。

相対的に。
絶対的に。

さて。

IMG_0626.jpg


寒い冬の日に食べる、札幌味噌ラーメンは、私にとって、揺るぎない正義である。


あー、いつから雪に触っていないのだろう。

ツルツルの道を注意深く歩く緊張感、空気を吸い込んだ時に、肺の中が冷たくなるあの感じ。

確かに「寒かった」けれど、決して嫌いではなかった。

今夜は少し寒いね。




水曜日のカンパネラ『シャクシャイン』

曲も映像も面白いな。


2016.01.02~日常にDIVE  

02IMG_3216.jpg



02IMG_3223.jpg



02IMG_3225.jpg



福岡空港に降り立った途端、スペシャルな時が終わった気がして、寂しくなった。

コンビニで買ったペヤングは日常の味がした。




03IMG_3226.jpg


かっこ悪かろうが、恥さらしだろうが、生きる方を選ぶ。

決してポジティヴって訳ではないけれど。

2016、出来ることからコツコツと。

いつからあるのかわからない、安っぽい貯金箱に、100円玉を3枚入れてみた。








2016.01.01~カーネーション・リインカネーション  

ibrkIMG_3208.jpg


サンライズ、2016。今年はどんな年になるのだろう。


雑煮。餅。正月だな。
朝から呑みたい気分なのだが、そこはグッとこらえて、お墓参りにレッツゴー。

コートとか時計とかネクタイとか使わせてもらっていますよ。
部屋着やフリースも大きさピッタリで、あなたのコスプレみたいになっていますよ。

もっと話しておきたかったですよ。

何だか、いろいろ思い出すな。








ibrkIMG_3210.jpg


お墓から一番近い駅は、なんとも味のある無人駅であった。


ibrkIMG_3211.jpg


ホームのすぐ裏側はこんな感じ。
無人駅って、いつ以来だろうな?
たぶん、北海道のどこか以来。



ガタゴトと電車に揺られて那珂湊へ。

ibrkIMG_3240.jpg


駅猫の「おさむ」。
久しぶりだね。
相変わらずモフモフだな。


ibrkIMG_3213.jpg

おさかな市場でシースー。
地球に生まれて良かったと思う瞬間。


ibrkIMG_3216.jpg


静かなる決意は、心の内に。

1月1日。




2015.12.31~絶対に笑ってはいけないナポリタン  

omskIMG_3188.jpg


グッドモーニング大晦日。

ホテルの窓から、新宿の高層ビル群が見える。東京に行くと必ず立ち寄る大好きな街なのだが、そういや今回は新宿には行っていない。

チェックアウト。


omskIMG_3190.jpg


駅に向かって歩いていたら、『モヤさま』でよく見る1000円自販機があった。荷物を増やしたくないので、やめておく。




omskIMG_3193.jpg


駒沢公園を散歩しつつ、2015年反省会とか、来年に向けての展望とか。


omskIMG_3196.jpg


2015年、個人的には激動の年であった。思うところはいろいろある。ありすぎる。自分の中で消化(または昇華)しきれていないことも多い。それでも時は止まることなく、あと数時間後には新しい年が始まる。


omskIMG_3194.jpg


時間があったら、高校サッカー観て行きたかったな。

そしてまた、電車に乗り込んだ。


omskIMG_3197.jpg


ランチ。
2015年最後の「こってりパトロール」。パンチョのナポリタン全部乗せである!

大盛りにしなくて、本当に良かった(ボリュームがすごい)。なんというか、「今時のおしゃれパスタ」ではなく、昭和を感じさせる「スパゲッティ」といったところだろうか。


お腹がいっぱいになったところで、品川から特急に乗り、進路は北東。



omskIMG_3199.jpg


普段、甘いコーヒーは一切飲まないのだが、コレはマストでしょう。



omskIMG_3205.jpg


風呂に入って、晩御飯食べて、ビール飲んで、テレビ見て、ビール飲んで、年越しそば食べて、ビール飲んで…。



omskIMG_3206.jpg


『おもしろ荘』の途中で、力尽きて就寝。




continue_3103.jpg


2015.12.30~渋谷で7時  

sbyIMG_3174.jpg


夜、再び渋谷へ。




sbyIMG_3173.jpg


比較対象がレモンしかないから、わかりにくいと思うけれど、唐揚げがデカい。

言うなれば「チョベリデカ」。

唐揚げ超デカいんですケド~↓超ウケる↑

全てを記号に置き換えたくなる街、渋谷。



sbyIMG_3177.jpg


札幌時代の友人(現在は東京在住)と、夜の渋谷を歩いているのは、何か不思議な感じがする。


日本は広いのか、狭いのか。

52円で、どこへでも行けるハガキがとてもうらやましい。
だって52円だぜ。
マジかよ。


sbyIMG_3176.jpg

この、路上の心地よさ。

ふと思ったのだが、ギャル系の女の子の絶対数って減ったよね。

90年代中ごろから後半にかけて、日本全体が女子高生に媚びを売っていたのは何だったのだろうか。勿論、当時の彼女たちが作り出し、発信し、牽引したカルチャーも沢山あるが、『仕掛けた』大人たちの方が、一枚上手だったような気がする。



sbyIMG_3178.jpg


夜が更けていく。


時間は遅いが、頭の中ではこの曲が流れていた。





Masayuki Suzuki &Momoko Kikuchi WAIT 5oclock at SHIBUYA (渋谷で5時)

バブルの残り香というか、トレンディの燃えカス感が凄まじい。



continue_3103.jpg


2015.12.30~赤の世界へようこそ  

首都トーキョーの電車は混んでいた。朝のラッシュはもっとすごいのだろう。通勤するだけでヘトヘトになりそうだ。


sbyIMG_3168.jpg


快晴。渋谷に来るのは何年振りだろう。


sbyIMG_3170.jpg

以前から興味があった、蒙古タンメン中本へ。

ビギナーなので、スタンダードな蒙古タンメンをチョイス。真っ赤な辛子麻婆豆腐をスープに溶かしながら食べる。


辛いもの好きにはたまらない世界!
これは癖になるわ。

額に、じわりと汗が滲む。

食べ物に限らず、私は刺激的なものに出会うと、「もっと!もっとちょうだい!」という、淫乱系AV女優のセリフのような思考に陥ってしまうので、気付いたら卓上の唐辛子をドバドバと投入していた。今度来る機会があれば、噂の『北極ラーメン』に挑戦してみたい。



sbyIMG_3180.jpg

喫煙所で食後の一服をキメる。美味い。

お腹は満たされたのだけれど、実はこの時ネガティブなことばかり考えていた。理由は自分でもよくわからない。


sbyIMG_3172.jpg


考えがヤバい方向に行かないうちに、ホテルに戻って一眠りするとしよう。

それが賢明な選択だ。


continue_3103.jpg




2015.12.29~怒涛の三茶ナイト  

scIMG_3164.jpg


18:30 福岡空港。

空港でビールを飲まないのは、とても珍しい。
なぜなら、この後、かなりの量のアルコールを摂取すると予想されるからだ。あまりにも、ささやかすぎる自制。それでは羽田へ向かってフライ・ハイ!


scIMG_3181.jpg

21:00 三軒茶屋駅。

今回の常宿は三茶。
博多でホテルマンのHくんと友達になり、その絡みでの三茶。渋谷に出るのも便利だし、いいんじゃな~い。



scIMG_3165.jpg

21:30 友人Aくん行きつけの店。
残念ながらAくんは別件が入っており会えなかった。
しかし、オシャレなお店である。

思いっきりピンボケているが、写真は「鯖のスモーク」。
三茶の鯖はオシャレだぜ。


scIMG_3183.jpg

23:00 行くぜ二軒目! 
22:00まで仕事だったJちゃんも合流。お疲れのところスマンね。でも、来てくれてありがとう!


scIMG_3184.jpg

三茶はオシャレな街というイメージが強いのだが、一歩裏通りに入ると、そこは不思議なダンジョンであった。方向感覚がおかしくなるが、三茶マスターYちゃんの素晴らしきナビゲーション。グッドジョブ!


まー、いろんな話。
年の瀬に、めんどくさい話は一切なくて、基本的に笑いっぱなしであった。

共通項は、映画とか音楽。
そこから派生して、話題は多岐に渡る感じで。

日付が変わるあたりから、時間の感覚があまりない。


scIMG_3182.jpg


scIMG_3166.jpg

scIMG_3187.jpg


scIMG_3186.jpg


4:00過ぎ(だと思う) ホテルに戻って気絶するように就寝。

とても楽しい夜だった。



continue_3103.jpg



haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■