ノー・コントロール

What do you call that noise ?

星屑が海に落ちて貝になったよ  

いつもの感じで、ベランダで缶ビールに口を付けると、猛烈に不味く感じた。



そういや、なんだか身体全体がだるい。
手に力が入らなくて、歩くと足元がふらつく。
風邪の初期症状によく似ているが、風邪とも違う感じ。

思い当たるのは…。
そうだ、金曜日の夕方にインフルエンザの予防接種を受け、そして金曜・土曜と、そこそこハードに呑んでしまったことだ。

検索してみると、やはり、当日の大量飲酒はNGのようだ。

インフルエンザの予防接種の注意点!ワクチンの効果と副反応



andIMG_3079.jpg


札幌時代からの友人(現在は東京在住)が、鹿児島出張の帰りに、週末を利用して福岡に寄ってくれたのだ。

一緒に呑むのは…何年振りなんだろうな?

写真は中洲ナイト、かなり深い時間。
話が尽きない→気が付いたら、結構呑んでるぞ、ってパターン。



ungIMG_3080.jpg

次の日は、昼から街に繰り出した。

BEER、うなぎ、BEER、うなぎ。
我々は、天国に一番近いテーブルで、猛烈な幸せを感じていた。



hktstaIMG_3082.jpg


お互い、いろいろあって、遠回りな人生だが、今はどうにか更生(?)できたと言えるのではないだろうか。

昔話に終始せず、「現在と、これから」に、話が着地したのは、本当によかったと思う。

またの再会を約束し、彼と別れた。



全力で楽しんだ金曜・土曜。
その代償は、日曜夜のこの倦怠感(身も心も)である。

さて、切り替えて、それぞれのステージにて、また明日から。





天才・たけしの元気が出るテレビ オープニングソング CD音源


スポンサーサイト

セクシャルバイオレット・マイNo.1  

mnb1125.jpg


届いたよ。
そろそろ届くことを忘れてたよ。
会社の掲示板にも、なんだかんだ書いてあったけれど、正直ちゃんと読んでいないんだよな。

いろいろと否定的な意見もあるみたいだけれど、こういうシステムになるのは時代の流れだろうしね。

いや…むしろだよ。
「番号で管理するなら、しっかりと管理してくれよ」と、強く思う。

ニュースなんか観ていると、『公的機関がサイバーテロに遭い~』とか、たまにあるけれど、うっかり謎の添付ファイル開いて、ウイルスに感染して、サーバー内の情報をブチまけるとかさ、レベル低すぎるでしょ。『重大なデータの入ったUSBメモリ紛失』とかね。重大なデータを持ち出せる環境ってのが、そもそもどうなのよ?と。


『個人情報』って言葉は、すっかり日常に定着したと思うが、その意味合いが、ここ数年で微妙に変化している気がする。

特に、ネットの世界では、10年位前までは、まだ「自分の情報を守ろう」という意識が強かったように思う。

インターネットはより生活に密着し、SNSというツールが台頭した。

より気軽になったネット社会において、いつのまにか、『個人情報を自ら開示すること』に、抵抗がなくなってきている。麻痺していると言い換えても良いのかもしれない。


そんな風に言っている私も、Facebookでは堂々と本名を晒し、Twiterでは一日の行動を写真付きで実況中継している。

誰かが本気を出せば、私の個人情報など、あっという間に丸裸であろう。

「別にいいんじゃねえの?見られて困ることは書いてないし」

それが、危険なことなのか、あたり前のことなのかは、よくわからない。



ところで、マイナンバーの通知が来て、ふと思ったのだけれど、あれだけ大騒ぎしていた、住基ネットとは、一体何だったのだろうか?

国レベルの新しい何かが始まる時、「どこかで誰かにうま味があるのではないか?」と思ってしまう。

整腸剤をくれないか  

昨夜は、上司二人と飲みに行った。
聞きたかったこと、あまり聞きたくなかったこと。
まぁ、いろいろ。
自分の中で消化しきれていなくて…決して、楽しい酒ではなかったな。
いつか、「サラリーマン川柳」に応募してみたい。



wondaG_3062.jpg


で、汗と涙の土曜出勤。
眠かったし、ダルかった。


昨夜の酒の席での会話が、頭の中をグルグル回って、気分的にジェットコースターだった。

「それはそれとして」とか、「その話は一旦おいといて」が、上手にできないのだ。
クリアすべき課題なのだが、これはもう性格なので仕方がないのかもな…とも思う。


なんだかなー、スッキリしない土曜日だな。
財布の中も寂しい、給料日前の土曜日である。


ssg_2838.jpg


6缶入りの発泡酒を買ってきて、ささやかに。

そんな過ごし方も、いいじゃない。

「うわ…なんか俺、いろいろとこじらせてんなー」なんて思いながら。

馬鹿話でも、したいところなんだけれどね。





ポツンと一人きり/ビートたけし

こういう音楽、何て言えばいいのだろうな。
いい曲だよ。


ヨコシマなDAY DREAM  

nksG_3044.jpg


早朝の中洲を歩いていた。
朝まで飲んでいたのではない。

用もないのに早起きして、出かけてはみたものの、特に行きたいところもなく、なんとなく中洲に足が向いてしまっただけだ。

大阪の道頓堀なんかもそうなのだが、歓楽街に川が流れているのは、なんか良い。



nksG_3043.jpg


人通りはほとんどなくてね。数時間前、この道は全然違った表情をしていたのだろう。

どこか懐かしいこの雰囲気…そうか、明け方のススキノの空気に似ているんだな。札幌時代、ほぼ毎週、朝まで飲んでいた時期もあったが、今では朝まで飲むなんて、すっかりなくなったな。



コンビニで缶ビールを買ってきて、橋の上で飲んだ。
朝からビール、久し振りだな。
たまにはいいじゃんよ、こういうのもさ。
しばらく、ぼんやりと川を見ていた。

何かを考えては、それをやめて、また別のことを思っては、それを打ち消し…。


ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。


覚えているものだな。




想刻  

wtch1112.jpg



もっと話したいことがたくさんあった。
一緒にお酒を呑んだり、美味しいものを食べに行ったりとか…。


形見にいただいた時計は、今日も手首で時を刻んでいる。
持ち主が天に旅立っても、時は流れ続けている。

当たり前といえば、あまりにも当たり前なのだけれど、何がどうあったって、地球が回っている限り、朝は来る。


時間を確認する度に、「おい!しっかりやれよ!」と言われているような気がする。

頑張らないとな。

必ず約束を果たしますよ!






狼スープ  

ookamisoup1108.jpg


札幌のラーメン屋、狼スープが、博多岩田屋の催事にやってきたので行ってみた。

この店、気になっていたのだけれど、札幌時代に訪れておらず、念願叶ったり。

個人的に、ラーメンにバターを乗せるのって、あまり好きではないのだけれど(理由はいろいろあるが、長くなるのでcut)、「札幌味噌ラーメン」の懐かしさもあり、嬉しくなってしまった。

今日の博多は11月とは思えない暖かさで、昼間は半袖のTシャツ一枚で歩いていたほど。

このラーメンは、寒い冬の日に食べたら、きっともっと美味しいと思う。




道化者のゆううつ  

rin11_3008.jpg


会社が10月決算なので、ここ数日はバタバタしていた。
気持ち的にも、あまり余裕がなかったな。

パーカーのフードを被り、「気付けば随分と寒くなってきたな」と思ったら、今日から11月か。

早いな。
今年は、自分にとっては忘れられない年になりそうだ。
嬉しい事も、悲しい事も。




rin11_3009.jpg


ホットコーヒーを買うのは今シーズン初だ。

コンビニの店先でコーヒーを飲んでいたら、一度やんでいた雨がまた降ってきた。

気温は10℃。


こんな感じの天気で、こんな感じの風と温度。

何かあったな…こんな感じの時。
その時も何か考えていたんだよな。

思い出しそうで、思い出せないことは、もしかしたら思い出さなくて良い事なのかもしれない。


こんな夜にダラダラと酒飲んでても、ロクなこと考えない。

いっぱい昼寝しちゃったけれど、今夜は早めに寝るとしよう。






The Street Sliders / 道化者のゆううつ

ライブだとテンポ速いね。

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■