ノー・コントロール

What do you call that noise ?

惡の華  

お酒を呑みつつ、出てきたキーワード「惡の華」。
その場にいた人のほとんどが、「ああ、BUCK-TICKの」となるのは、まあ、そりゃそうだろうと思う。

しかし、その時、私が言っていたのは、Madame Edwarda(マダムエドワルダ)の方の「惡の華」であった(BUCK-TICKの方も好きですよ)。

madamzin.gif

80年代に登場した、日本のポスト・パンク・バンド…いや、個人的には愛をこめて「ポジパン」と言いたい。


高校生だったある日、授業をさぼって大年寺の石段に腰かけ、ウォークマンを聴いていた。

すると、隣のクラスのパンク好きのKくんが、やってきた。
彼もまた、授業エスケイパーの常連であった。

「おー、何聴いてんの?」

私はイヤフォンをK君に手渡した。




MADAME EDWARDA - 悪の華 (Les Fleurs du Mal)

KくんがMadame Edwardaを聴いている間、私はやることがなくなってしまい、ヒマになった。「ヒマなら授業に出ろよ」という御意見は、もっともなのだが…。

空を見上げながら、「あー、学校辞めてえなー」と思っていると、Kくんはイヤフォンを外し、私に語り掛けた。

「なんかコレ…気持ち悪いな。俺はラフィン・ノーズの方が好きだな。”パンク”って感じがするべ?」

「あぁ、まあねー、コレもパンクの派生なんだけれどね」

「そっか、パンクもいろいろあんだな。俺はこういうのよりもスタークラブの方が好きだな…じゃあな」

感じ方や好みは人それぞれだし、自分の好みを押し付ける気など毛頭ない。
だが、私は心のどこかで、Kくんが「おお!何だこの音楽カッケーな!そして、こんなの聴いているお前…なかなかやるじゃん!」的な反応をすることを期待していたのかもしれない。なので、「気持ち悪いな」という感想が少し寂しくもあり、でもやっぱり、そう思うのもわからんでもないなと思っていた。…この「気持ち悪さがいいんじゃねえかよ」。

9784102174036.jpg

なんとなく、音楽を聴く気分ではなくなったので、カバンの中から文庫本を取り出して、ページをめくった。そこにあるのは、少しわかるような?全然わからないような?不思議な世界。活字を追っては、頭の中に「もや」がかかったような、変な感覚だが、少なくとも、教室で代数幾何の教科書と睨めっこしているよりは、ずっと楽しいひと時なのであった。


ちなみに、マダムエドワルダは、長い沈黙期間を経たのちに、メンバーチェンジをして復活。現在も活動中である。


スポンサーサイト

曲先行で、歌詞は後から書きます派  

南海キャンディーズ、山ちゃんばりの語彙力が欲しい。
そして、最高のタイミングでキラーフレーズを発動してみたい。


完パケした後にタイトルをつけるのか、それともタイトルありきで、中身があとからついてくるのか分からない世界。

【淫乱テディベア】ゲイビデオ・DVDのタイトルは半端なく未来に生きていやがるな…【サムソンビデオ】

大喜利感覚で、寝るまでにいくつか考えてみようと思う。


15bc72e3.jpg

無骨  

krnsunny0527.jpg


重機はかっこいい。
立ち止まって、しばらく見ていたよ。
どうですか、このフォルム。
なんと無骨な…。



無骨?
骨が…無いの?
いやいや、逆に「骨っぽい」んだけれどな。
日本語難しいデスネ。


ぶ‐こつ【無骨/武骨】
[名・形動]《「骨(こち)無し」を音読みにした語》
1 骨ばってごつごつしていること。また、そのさま。「節くれだった―な手」
2 洗練されていないこと。無作法なこと。また、そのさま。「―な振る舞い」
3 役に立たないこと。才のないこと。また、そのさま。
4 都合の悪いこと。また、そのさま。





スピードをあげて 摩天楼 ダイブするのさ  

ajisai0522.jpg


そうか、もうこんな季節なのか。
五月も後半、ほんのちょっと前は正月だったような気がするのにな。

こんな感じだと、あっという間に夏になって、また、あっという間に今年も終わりだよ。


time_2151.jpg


さて、ペースを上げて行こう。
焦っちゃダメだが、ちょっと急ぐぜ。

まずは、来週後半のミッションに向けて、今から準備を開始。
事前準備は、早けりゃ早いほど、良いってものだ。
もし修正するところが出てきたとしても、早めに対応できるしな。

あとは、集中力が途切れないように。
そこを意識していこうと思う。




夢見る約束  

1971年生まれの私にとって、10代半ばから、20代前半にかけて、雑誌「宝島」、「DOLL」、「FOOL'S MATE」の影響はとても大きくて、ここから様々な情報(音楽、ファッションから社会問題まで)を入手し、自分の思想(というと、少し大袈裟だな)、物事の判断基準のバックボーンにもなっている。

「宝島とかね、好きでよく読んでいましたよ」なんて話をしていると、少し上の世代の人達からは、「71年生まれだと昭和46年?それじゃ、ビックリハウスの頃はまだ小学生か」なんて言われたりする。

ビックリハウス」とは、1974年から1985年まで発行されたサブカルチャー雑誌である。

高校生の頃に、仙台市内の古本屋を巡って何冊か手に入れたのだが、当時としてはかなり尖った雑誌だという印象を受けた。

音楽や映画の記事も面白かったのだけれど、「笑いのセンス」が独特なのだ。マイノリティー故の心地よさを刺激しつつ、あくまでポップに、オシャレに着地している。あと、現在だと文化人カテゴリに入れられるであろう人達が、こぞってフットワークが軽いのだ。これがまた、非常に80年代っぽい。


blog_20121119-143638.jpg


さて、そのビックリハウス1982年100号を記念した企画として、「音版ビックリハウス」というカセットテープが存在しており、高校一年生の冬休みに、中古レコード屋で購入した。関わっているミュージシャンは、坂本龍一、細野晴臣、鈴木慶一など、とても豪華な布陣で製作されており、私はこのテープに収録されていた「夢見る約束」という曲が大好きだった。細野晴臣による、無国籍メロディが素晴らしい。






【音版ビックリハウス】夢見る約束

久し振りに聴いたけれど、やっぱりいいね~。





夢見る約束 戸川純

戸川純が歌うと、少し可愛くなっちゃうね。
途中、何で笑いながら歌ってるんだろ?


現在、定期的に購読している雑誌はないのだが、ネット社会の今だからこそ、雑誌が尖るべきではないのかと思う。インターネットは、ほとんど無料で情報が手に入るのだけれど、面白ければ雑誌だって買うよ。紙の質とか、付録とか、そうではないところで勝負していただきたいものである。

耳年齢  

年齢を重ねると、高音域が聞こえづらくなってくる。
最近それを感じることが、たまにある。
若い頃に聴いていたCDを、久しぶりに聴き返すと、どうも記憶の中にある聴こえ方と、少し違うのだ。

音楽を聴く環境にも左右されると思うのだが、「高音域聞こえづらい現象」が、ついに我が身…いや、我が耳に起こっているのだろうか。43歳、そんな事を考えるお年頃である。





■YouTube-モスキート音で耳年齢チェック あなたは何歳ですか?

部屋の窓を閉めて、ヘッドフォンを着用。
まず、最初に気になったこととしては、私の場合、右耳と左耳で、聴こえ方に少し違いがある。

これは、以前から気づいていたことだ。
私は若い時に、右耳の鼓膜を一度破っており、その後、鼓膜が再生した時に、以前よりも若干ハイ落ちし、こもった感じの音に聞こえる。本当に、わずかな差なのだけれど…。

耳年齢としては、年相応といったところだろうか。

ただ、(最初は部屋の蛍光灯のノイズかと思ったのだが)常に高い音の耳鳴り(?)がしているような気がしていて、それとモスキート音が重なっているように感じる。

15000Hzで出ている、「ガサガサ」した感じのノイズが、とても気になった。
これは、私の耳がおかしいのだろうか、それともヘッドフォンの干渉だろうか。


f12022705headp.jpg


部屋を真っ暗にして、手のひらで両耳を塞いでみる。
何か音がする。
何の?体内の?…何か?

突き詰めすぎてもキリがないので、程々にしておく。




男の勲章  

sukima0518.jpg


ビルとビルの間に挟まってみた。
見上げた空は、とてつもなくつまらない色をしていた。

めんどくさいのは嫌いだからさ、時間もムダだし。
だから、ついつい聞き分けが良いふりをしたり、愛想笑いで誤魔化したりしているのだけれど。

でも、本当は…心の底では「うるせえんだよ、どうでもいいから殴らせろ」とか思っている。

心の底で思ってるだけだよ。
めっちゃ引きつった笑顔でな。

大人だぜ。




■YouTube-男の勲章(復活編) 嶋大輔

アウトロのギターのフレーズが、かなり好きだ。
良メロ。




謙虚とは少し違う  

2nd0516.jpg


こういうのって、誰が最初に始めたのだろう。

どの街にも、必ず一軒はこういうお店があるような気がする。

刺激をおくれ 退屈してるんだ しびれさせておくれ  

なんか、スゲーの出るらしいよ!


pasudadadadapepsi.jpg


サントリー食品インターナショナルは5月14日、「PEPSI」の新たな主力ブランドとして、「ペプシ ストロング」を立ち上げると発表した。6月16日よりゼロカロリーコーラ「ペプシ ストロングゼロ」と、有糖コーラ「ペプシ ストロング」を発売する。

同社は過去に強炭酸の「ペプシ ストロングショット」を発売したことがあるが、今回は「コーラは刺激が強く、仕事中にストレスを発散する時に飲む」という声が高まっていることを背景に、コーラの価値である“刺激”を最大限に高めていくことに挑戦。“強炭酸×強カフェイン”による“ペプシ最強の刺激”を実現した、「ペプシ ストロング」ブランドを新たに立ち上げる。


■引用-ペプシ新商品は“最強の刺激”、「ペプシ ストロング」ブランド新設。


近年流行りの「健康志向」もわかるのだけれど、待っていたよこういうの!
ダークラムを割っても美味しそうだな。
とにかくビリビリきて欲しい!



d2e15bbdjolt.jpg

そういや、私はジョルトコーラが好きだったのだけれど、賛同してくれる人は周りにあまりいなかったな…いつの間にか市場から姿を消していたし。もう一度飲んでみたい。





■YouTube-ビートたけし(北野武) ジョルトコーラCM集


kizm  

小泉政権って、もう10~15年前になるのか。
最近のような気もするし、すごく前のような気もするな。

当時、「時代が変わりつつある」って感じを漠然と抱いていたのだけれど、実際のところ、どうだったんだろうな。よくわからないや。


ikoizumi.jpg

この写真集を買った人達が、今の日本をどう思っているのか、とても興味がある。


怪談ナイト  

inagawa0513.jpg

きっともう名人芸の域だよね。
最終的には紫綬褒章まで行っていただきたい。

一度は生で観てみたい気がするのだけれど…すげー怖いんでしょ?
しかも会場が神社って!
怖さ倍増じゃないの。

あー、そもそも「怖い話」を聞きに行くイベントなのか。

行きたいような、行きたくないような…うーん。


kyoufusinbun0513.jpg


子供の頃、友達の家にあった「恐怖新聞」が面白くて、夢中で読んだ。

その夜、急に怖くなって眠れなくなったことがある。


優しい雨・優しくない雨  

台風の影響で、朝から雨だった。
濡れた服が体に張り付いて、とても気持ち悪かった。

夕方には、雨も風も随分弱くなっていた。
この街の空が、少しずつ明るさを取り戻してきた頃、台風は温帯低気圧に変わったようだが、東の方の街では、みんな傘を広げて歩いているのだろう。



不意に小泉今日子が聴きたくなって、TSUTAYAでベスト盤を借りてきた。



whoareyou0512.jpg


iTunesにインポートしたら、アートワークに知らないお姉さん登場。
何だチミは?
誰だチミは?



41n0vz52Bkyon.jpg


ジャケ画像はネットから引っ張ってくるとして。

なんかなー、聴いていて思ったのだけれど、私は「なんてったってアイドル」とか、「学園天国」みたいな方向性は、あまり好きではないと思った。これらの曲がヒットしていた当時も、あまり好きではなかった気がする。

新境地だとは思うんだよ。
「なんてったってアイドル」。このアプローチは斬新過ぎたし、小泉今日子さんがこの曲で、当時の日本の歌謡界(芸能界)に開けた風穴は大きいと思う。

ただ、何と言うか、「戦略」とか「マーケティング」みたいな臭いが露骨過ぎると感じてしまうのだ。いや商業音楽なのだから、それらはあってしかるべきだし、実際ヒットに繋がったのだから、大成功ではある。

あくまでも、個人的な好みの問題だろう。
小泉今日子の声質には、少し憂いを帯びた世界観のある楽曲が似合うと思う。リズムとかテンポの話ではないよ。「夜明けのMEW」とか「水のルージュ」あたり好きだ。そんな雰囲気に私が勝手にファンタジーを感じているだけなのかもしれないが。キーワードとしての「アンニュイ」。多分、そういうところに、私のツボがあるのだと思う。





■YouTube-優しい雨 / 小泉今日子


MYST  

考え事は多いけれど、今は、やるべきことを見失わないよう意識するべきだと思う今日この頃。


mof0511.jpg


気分転換に、夜の散歩に繰り出したいところだが、いつ雨が降り出してもおかしくないので躊躇している。

台風か。

そんな日に限って、荷物が多いのは何故なのか。

今夜は聴きたい音楽が何もないので、コレを適当に流しっぱなしにしている。

Noisli

こんな夜も、たまには良いものだ。


発芽  

suppaimancandy0510.jpg


ここ数日、このキャンディーにハマっている。

中に入っている梅の種を吐き出すタイミングが難しく、結構な時間、口の中で種を転がしてしまい、舌や上顎に細かい傷がついているのだろうか?少し痛いくらいだ。


私はベッドの上でテレビを見ながらウトウトしていたのだが、いつの間にか眠っていたようだ。

眠る直前までキャンディーを舐めていたはずなのだが、あれ?種を出した記憶がない。

ゴミ箱の中を見てみたのだが、やはり種はなかった。

大した問題ではないと思うが…以後、気を付けよう。

スッパイマンの梅の種を飲み込んでしまいました。


i320suppaman.jpg


コンビーフハッシュ  

cbh05091.jpg


沖縄県のアンテナショップで見つけた。
沖縄ではポピュラーなものだそうだ。

コンビーフとジャガイモが混ぜられたものである。
ハッシュには、「寄せ集め」とか、「混ぜられた」って意味があるようだ。

沖縄料理を陰で支える超ローカル食材「コンビーフハッシュ」とは何か


さて、こいつをどうしてくれよう?


cbh05092.jpg


とりあえず、キャベツと一緒に炒めてみたよ(塩コショウ少々)。

ん~…ご飯のおかずというよりは、酒のつまみっぽいな。

あと、なんというか、予想通り過ぎる味だ。


アイデア次第では、面白い使い方ができると思うのだけれど、具体的にはすぐには思いつかないな。

要、研究。

おポンプ様  

pomp05071.jpg


なんだこりゃ?


pomp05072.jpg


ああ…確かにこういう形(二連式)のポンプって、見たことないかも。


pomp05073.jpg


押してみたけれど、水は出なかった。



世代的に、ポンプで汲んだ水を飲んだことはないと思う(たぶん)。

そういや、水道水を最後に飲んだのも、いつか分からないなぁ。



寝台列車に設置されていた給水器の水の味を思い出している。
夜中に喉が渇いてね、結構な勢いで口を付けたのだけれど、あれ、不味かったな。


DSC_0158-90297.jpg

こんなやつ。
飲む時は、少しコツがいる。
今もあるのかな。
もう一度飲んでみたいような気もする。



DONTAKU  

博多に住んで、もう随分経つが、初めて「博多どんたく港まつり」を見に行ってみた。

dontaku151.jpg


昼間に中洲の裏通りを歩くのは、なんだか変な感じだ。


dontaku152.jpg


賑わっておりますね。


dontaku153.jpg


「笑ってコラえて!」でもお馴染みの、精華女子高校の吹奏楽部は大迫力だった。かっこいいなー。


博多のお祭りといえば、祇園山笠も有名なのだが、こちらはやはりどこか神事を感じるのに対し、どんたくは、「みんなで楽しもうぜ~」的な雰囲気を感じた。どちらが良いとか悪いの話ではない。


dontaku154.jpg

しかしなんだな…お祭りの屋台って、子供の頃はもっとリーズナブルじゃなかった?

屋台の店先で、氷水にブチ込んだ缶ビールが、それなりにいいお値段で売っているのは、よくある光景なのだけれど、道路一本挟んだコンビニでは、同じ缶ビールが正規の価格で買えるわけで、私は迷わずコンビニに行ってしまうのだが、うーむ…こんな考え方は「粋ではない」のかもしれないな。


dontaku155.jpg


テムジンで、餃子&生ビール。

天気も良かったし、いい日だった。


COME ON CASINO DRIVE !!  

朝、テレビをつけてみると、福岡ローカルの情報番組にダイアモンド☆ユカイさんが出演していた。
ご当地グルメレポの企画。
ユカイさんは、「ん~、長浜ラーメン、いつ食べても美味いね!」とコメントしていた。
「ロックンロォォォォル!オオイェェェェ!」と叫んでいたはずのユカイさんが、「替え玉はバリカタで!」と、にっこりしていた。

私がユカイさんを知ったのは、RED WARRIORSのヴォーカリストとしてである。1987年、当時私は高校一年生だった。




■YouTube-CASINO DRIVE / RED WARRIORS

最初はね…うん、実はあまり好きじゃなかった。髪型もファッションも。洋楽ロックを模倣した世界観も。ロックンロール・バンドに「ありがち」な、お約束を全て詰め込んだようなステージングも。マイクスタンドを蹴り上げてグルグル回すパフォーマンスなんて、見ていると、ジワジワと変な汗が出てくるようだった。

1987年のある日、別の学校に通う、友達の友達みたいな奴から突然電話がかかってきた。「RED WARRIORSのコピーバンドをやるから、ギターを弾いて欲しい」との要請であった。私はあまり乗り気ではなかったが、特に断る理由もないので、引き受けることにした。

casino_drive0504.jpg

そこで、初めてきちんと向き合ったのが、RED WARRIORS2枚目のアルバム、「CASINO DRIVE」であった。冒頭、「アーン、トゥー、スィー、オー!」という、英語よりも英語っぽい(?)ユカイさんのカウントに私は椅子からひっくり返りそうになり、「ああ…なんかやっぱこの人違うわ…」、と思いつつも、「頼まれ事は、しっかりこなそう」という、よくわからない義務感から、このアルバムの中から何曲かのギターのコピーを始めたのである。

「ボーカルがユカイなら、ギターはシャケかよ。なんだよ愉快とか鮭とかよ…」と、心の中で思っていたのだが、この鮭さん…いや、シャケさんの奏でるギターがカッコよく、ロックンロール・ギターの基本的な(ある意味ベタな)ところは、このアルバムから学んだことも多い。何度も聴いたアルバムなので、結果的に、私にとっては、非常に思い出深い一枚となり、今でもたまに聴き返すのだが、気付けばいつしかユカイさんの歌も自然に耳に馴染むようになっていた。


「ラーメンの次は、スイーツ行っちゃう?」テレビの中でユカイさんが語りかける。

私にとって、ユカイさんは今でもロックンローラーなのかどうかは、よくわからない。
ユカイさんの公式ブログを見てみると、そこには、家族と共に沖縄でゴールデンウィークを過ごすユカイさんの幸せそうな笑顔があった。

生涯「ロックンロォォォォル!オオイェェェェ!」のみを貫くのもカッコいいのかもしれないが、様々な出来事を乗り越え、年齢を重ね、家族を笑顔にできる男も、またカッコいいのではないか?そういう生き方も、ある意味ロックなのではないだろうか。

Just to win デカイ車と
とびきりの女はべらかして
ふざけた野郎 思いきりコケにしてやるのさ
ガキの頃から コイツがやりたかったのさ
その時までは Yeah くたばる訳にはいかないぜ
貧乏暮しがどうした
そんなことは慣れっこさ
Oh はした金なんて誰が要るかよ
Oh... Oh... 誰にも負けやしないぜ
Oh... Oh... Come on Casino Drive!!
Oh... Oh... 誰にも邪魔させないぜ
Oh... Oh... Come on Casino Drive!!
Oh... Oh... 誰にも負けやしないぜ
Oh... Oh... Come on Casino Drive!!
I'm a f***in' Rockn' Roller!
That's my life!


若さゆえの、反骨心は、確かにロックの原動力の1つであると思う。しかし、そこを咀嚼して大人になることは、決してカッコ悪いことではないと思う。

「ん~、長浜ラーメン、いつ食べても美味いね!」

私は以前よりも、今のユカイさんの方が好きなのかもしれない。

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■