ノー・コントロール

What do you call that noise ?

Aphrodisiac  

sky0629.jpg

梅雨の中休み。
久々の青空、久々の太陽。
気温はグングン上昇。
朝からビール飲みたくなるなあ。
なんて思いながら歩いていたら、ヘッドフォンから聴こえてきたのはBow Wow Wow。



■YouTube-Aphrodisiac / Bow Wow Wow

ポストパンクの旗手アダム&ジ・アンツからマネージャーのマルコム・マクラーレンがリーダーアダム・アントを除くメンバーをすべて引き抜いてロンドンで結成。ヴォーカルはクリーニング屋で働きながら歌を口ずさんでいるところをスカウトされた14歳のビルマ系女性アナベラ・ルーウィン。

仕掛け人が、マルコム・マクラーレンって時点で、十分インチキ臭いのだが、かっこいいバンドであります。

ドンガドンガしたリズムと、「ウ!ハ!」ってコーラスに、血液が沸騰する。

「ジャングル・ビート」なんて言葉もあったのだけれど、90年代半ばに「ジャングル」ってジャンルが出てきて(後のドラムン・ベースの礎だと思う)、紛らわしくなっちゃったよね。



■YouTube-Down By Law / Galapagos

日本だと、90年代に入ってからデビューした「Galapagos」ってバンドがあってね。
ボーカルは、あの世界の布袋さんの妹さんだ。

このバンドが、方法論としては、モロにBow Wow Wowで、私は結構好きで、影響も受けたのだけれど(ブラッシング~空ピッキングのカッティングでガシガシ押すところなんか特に)、セールス的には、イマイチ振るわなかったのかな。



■YouTube-晴れのちBLUE BOY / 沢田研二

個人的には、日本で初のジャングル・ビートのヒット曲をブチかましたのは、ジュリーだと思うのである。
作曲は大沢誉志幸さんだ。
これがお茶の間に流れるのだから、当時としては、かなり斬新だったのではないかと思う。
スポンサーサイト

Posted on 2013/06/30 Sun. 01:25 [edit]

category: 音楽

tb: 0   cm: 2

Dark Entries  

scales0627.jpg

たまにはスケールをなぞった練習なんてしてみる。
左手の運指に気をつけて。
一音一音、ゆっくりと、確実に。
そして、少しずつ、そのスピードを上げていく。

決して楽しくはない。
ハッキリ言って、地味なことこの上ない練習だ。

自分にとって、例えば「指がどれだけ速く動くか」なんてことは、あまり重要な問題ではない。
理論でガチガチになったり、テクニックのみを追求することもまたしかりである。

勿論、その辺りの価値観は人それぞれなのだが、私は「上手くてもつまらない音楽」よりも、「下手でもかっこいい音楽」の方を選ぶ。

でもね、「下手でかっこ悪い」のはいただけない。
理論やテクニックは、ないよりあった方が良いに決まっているのだ。
「できない」のと、「できるけれど、そのアプローチはしない」のとでは、大きな違いがある。

例えば、不協和音やノイズを多用したギターアプローチもあるのだけれど、理論を解った上でのそれと、ただただ雑音を撒き散らかすのとでは違うのだ。

それを踏まえた上で、最近、自分の中でまたブームになった、Bauhausをよく聴いている。

ゴシックの元祖とも言えるバンドである。内容はかなり暗いが、音楽はパンク以上に激しい曲も多数あり、視覚的パフォーマンス、特にボーカリストであるピーター・マーフィーのステージング等は評価が高い。またシングルのB面は実験的なアプローチでDUBやサントラ風の楽曲、更には各々メンバーによるソロ的アプローチの「1・2・3・4」という前代未聞の曲も存在しバウハウスの原点が垣間見られポストパンクのバンドでありながら、シュールレアリズム、バレエ等の要素を採り入れ演劇的なステージングでカリスマ的人気があった。デヴィッド・ボウイの"ジギー・スターダスト"やT・レックスの"テレグラム・サム"をカバーし、グラムロックの新たなる継承者として賞賛を受ける。

■Wikipedia-バウハウス

このバンドを初めて聴いたのも、「ギャッツビーつけて、かっこつけて」いた、高校生の時だったのだが、それはそれは衝撃を受けた。

特に、ヒステリックな叫び声を上げるかのような、ダニエル・アッシュのギターには、相当しびれたものだ。

梅雨の時期のゴスというのも、またオツなものである。
湿気を孕んだ空気と、陰湿だが鋭利な音のマッチングは悪くないと思うのだ。



■YouTube-Dark Entries / Bauhaus

Posted on 2013/06/28 Fri. 01:27 [edit]

category: 音楽

tb: 0   cm: 2

禁断症状  

ichiran0626.jpg

あ、一蘭のトラックだ。
きっと、麺をはじめ、いろいろな物を運んでいるのだろうな。

これでも「軽ダイエット中」である。
大好きなラーメンも、しばらく食べていない。

ああ、ラーメン食べたいな。
思えば思うほど、心の中がラーメンに侵食されていく。
それはまるで、若き日の恋心のようだ。

ラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメン…。

もう麺なら何でもいいよ!

tyaki0625.jpg

で、食べたのがコレ。
ぺヤングの「たらこやきそば」である。

ピンクのパッケージが衝撃的だけれど、作ってみると、麺はピンクには染まらかった。
ピンクの麺はイヤだもんね。

だが、ラーメンのことを考えながら食べていたので、味はあまり憶えていない。

気持ちをリセットする為に、久々にラーメンを食べてみようか。
ラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメンラーメン…。

Posted on 2013/06/27 Thu. 00:49 [edit]

category: φ

tb: 0   cm: 2

キャラメル  

タバコは吸いたくなくて、でも、口寂しくて。

何故か無性に舌が欲したあの味。

crml0625.jpg

キャラメル買うのって、何年ぶりだろう?

変わらない味だった。

Posted on 2013/06/26 Wed. 01:06 [edit]

category: φ

tb: 0   cm: 0

発狂目覚ましくるくる爆弾  

明け方。
左足の激痛で目覚めた。

所謂「こむら返り」である。
年に何度かあるんだよね。
最悪な目覚め方ベストテンに、余裕で入るね。

悶絶。
ただただ悶絶。

ふくらはぎを揉んだり伸ばしたりしているのだけれど、まだ痛みは残っている。

今夜は寝る前に、十分筋肉をほぐしてから眠ろう。

【こむらがえり】こむら返りの原因と対処法



■YouTube-発狂目覚ましくるくる爆弾 / THE原爆オナニーズ

国内では古参のパンクバンドである。
「これまた何と言うバンド名だ!きっと過激な音を出しているに違いない!」と思ったのは、高校1年生の時だった。

Posted on 2013/06/25 Tue. 01:15 [edit]

category: φ

tb: 0   cm: 0

攻防:G  

トイレに入った瞬間、気配を感じた。
ヤツだ。
ヤツがいる。

息を潜めて見回すと、ヤツは棚に置かれたトイレットペーパーにしがみついていた。
触覚をゆっくりと上下させ、ヤツもまた息を潜めているようだ。

G…ここは9階だぜ。
どうやって入ってきた?

ヤツの姿を確認すると同時に鳥肌が立つ。
本能的に感じる恐怖と嫌悪。

しかし、逃げ出す訳にはいかない。

人類誕生以前から、ヤツは存在している。
ヤツとの対決の歴史は、人類の歴史でもある。

バイオハザード。
ヤツこそまさに、生物兵器。

そいつに丸腰で挑む。
ヤツを殺らなければ、ゆっくりと用を足すこともできない。

今、必要なのは、判断力と行動力、そしてなにより勇気である。

私はゆっくりとトイレットペーパーに手を伸ばすと、それを掴み、そしてゆっくりと便器に近づけた。

今だ!

トイレットペーパーを便器の縁に叩き付ける。
ヤツは便器に落下。
と同時に、「大」で水を流す。

渦巻く水の中、ヤツは回転しながら便器の穴に吸い込まれていった。
トイレには静寂が訪れた。

私は額の汗を拭い、安堵の溜め息をついた。

ヤツとの戦いは、これで終わりなのだろうか。
どうあれ、ヤツが現れれば、私は何度も戦うことであろう。

いつか本当の静寂が訪れる、その時まで。



■YouTube-Resident Evil Remake(Chris) バイオハザード1/21

Posted on 2013/06/24 Mon. 00:52 [edit]

category: φ

tb: 0   cm: 4

80,90,00,girls  

女性ボーカルが心地よい夜ってのがあるもので。
まさに今夜がそんな感じなのであります。

普通に聴いてもつまらないので、「女性デュオ縛り」で、年代順に行ってみよう。



■YouTube-Since Yesterday / Strawberry Switchblade

まずは80年代。
ストロベリー・スウィッチブレイドである。
奇抜なメイクとファッションであるが、曲はわりとトラッド。
水玉模様の服を着ている女性を見かけると、思い出す曲である。



■YouTube-Trouble / Shampoo

お次は90年代。
どうよ?
懐かしいでしょ。
このストリート感と、そこはかとなく漂うビッチ臭の融合。
ポップシーンにも、Hip-Hop的手法が根付いたって感じだよね。
あと、物心ついた時から、パンクは既にありましたって世代の台頭だ。



■YouTube-All The Things She Said / t.A.T.u.

で、2000年代に入り、これまた懐かしのタトゥーである。
気付けばもう10年位前の曲なんだね。
とりあえず、インパクトはあった。
例のドタキャン騒動を含め、メディアを使うのが上手だった印象があるのだけれど、そこには「大人の入れ知恵」な雰囲気も若干あったりして。

こうやって年代順に並べてみると、バックトラックが随分と洗練されているのが分かる。
そして現在2010年代。
この先、どんな女性デュオが登場するのだろう。

とまあ、今夜はこんな感じだ。
それではグッナイ。

Posted on 2013/06/23 Sun. 01:54 [edit]

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

かのか  

kanoka0621.jpg

普段、焼酎ってほとんど飲まないのだけれど、なんとなくね。
うん、気まぐれに。
たまにはいいでしょって感じで。

紙パックをチョイスするあたりが泣けるでしょ?
だって、安かったんだもんよ。

美味しい飲み方と、焼酎に合う、手ごろなおつまみでも考えよう。

Posted on 2013/06/22 Sat. 00:37 [edit]

category: φ

tb: 0   cm: 0

あじさい通り  

しかしまあ、飽きもせずよく降るね。

202010-0000-jp0000-20130621000000.gif

梅雨前線と台風のダブルガチョーンだからな。
仕方ないのだけれど。

あ、「ダブルガチョーン」なんて言葉はない。
今、思いつきで作った。
ニュアンスをさ、汲み取ってくれたまえ。
とにかくガチョーンな感じなのよ。

傘をさすのは面倒くさいし、服や靴は濡れるし。
なんとなく憂鬱だしさ。
頭痛はしてくるし。

気圧と頭痛に因果関係があるとかないとかって話だけれど…どっちでもいいけれど、この頭痛は御勘弁だ。

ajisai0620.jpg

ビール飲んで、とっとと寝ようっと。
じゃあね。

■YouTube-あじさい通り / スピッツ

Posted on 2013/06/21 Fri. 00:42 [edit]

category: φ

tb: 0   cm: 0

ニャン2倶楽部  

自販機でコーラを買った。
ふと足元を見ると、雑誌が落ちている。

成人向け雑誌。
平たく言うところの「エロ本」である。

表紙には水着の女性。
「若奥様、乱れる午後」みたいな扇情的なコピーが並ぶ。
こういうコピーのセンスって、昔も今も変わらないんだな。

そういや、エロ本なんて、軽く20年以上は買っていないなあ。

私がエロ本を嗜んでいたのは、中高生の頃である。
それからはAVにお世話になる時代になり、やがてビデオからDVDに、今ではネットで気楽にエロスに触れることが出来る。

それでも、エロ「本」は存在し続けている。
どこのコンビニにも、成人向け雑誌のコーナーがあるくらいだ。

いやいや、「風俗情報誌」のニーズは解るのよ。
あれは、リサーチの為のツールだろ?

純粋なエロスといての、雑誌が存在し続けていることに、ある意味びっくりなのだ。
紙媒体の衰退著しい昨今であるが、エロ本は、それなりに安定したマーケットってことだよね。

私はコーラを飲みながら、風に吹かれてパタパタとなびく、エロ本の表紙をしばらく眺めていたのだった。

表紙の女性の安っぽい笑顔を見て、久し振りにエロ本を買ってみるのも、悪くないのかな…なんて思っていた。

Posted on 2013/06/19 Wed. 00:41 [edit]

category: φ

tb: 0   cm: 2

アイスの季節  

「あまちゃん」を見ながら昼食。
そうめん。
刻みネギと柚子胡椒は欠かせない。

能年玲奈ちゃん、いい女優さんになるね、きっと。

食後のお楽しみはアイス。
アイスが美味しい季節到来だ。

bm06151.jpg

お気に入りは、「ブラックモンブラン」だ。
ブラックモンブランは、主に九州・山口を中心に売られているアイスだ。
実際のところ、一部中国・関東にも置いている店があるらしい。

ブラックモンブランは、中のあっさりバニラアイスをチョコでコーティング。
さらにその周りをクッキークランチで覆っていて飽きない味なのである。
コスパ最強。

アイスを食べながら、プロ野球中継を見る。
西武vs横浜。
そんな昼下がり。

ひと夏に、ブラックモンブランを何本も食べるのだが…。

bm06152.jpg

まだ当たったことはない。
今年こそは!

Posted on 2013/06/16 Sun. 00:49 [edit]

category: φ

tb: 0   cm: 0

犯行予告  

【殺人予告】博多駅の利用者は注意!「2013年6月14日午後6時30分前後に通り魔を犯します」と YouTube に犯行予告

なんだこりゃ。

「みなさん元気ですかあ。えーとですね、やる駅、博多にしようと思います。はい。博多駅。左右通り抜けられるところでやります」
「で、両側に改札とか仲店とかあって。名前は分かんないんですけど。まあそこで、博多駅でやります」
「っていうことで、じゃあ、また次の動画を投稿したいと思います。たぶん次の動画は面白いというか、結構、結構な事をしてますんで、よろしくお願いします」
(YouTube から書き起こし)

冗談にしてはセンスなさ過ぎだし、本物のキ×ガイにしては、妙に冷静だし。

何事もないことを祈るばかりだ。
一応、気をつけるよ。
何をどう気をつけたら良いのか、漠然としてはいるけれど、気をつける。

caution0613.jpg

Posted on 2013/06/14 Fri. 01:06 [edit]

category: webで見たこんなモノ

tb: 0   cm: 0

謎のBODY  

相変わらずデブなのだけれど、昼間から焼肉屋に行ったんだ。
豪華に焼肉ランチっすよ。

ロース!ホルモン!
ここは天国?

たらふく食べたね。
お腹一杯になったよ。

で、夜、帰宅して、風呂入る前に、体重計に乗ったんだ(日課)。
昼間あれだけ食べたから、体重は増えているだろうな~。
と思ったら、何故かいつもより2kg近く体重が少ない!

何なのこれ。
そして、いつもの質素な昼食って何なの?

不思議なこともあるものだ。
よし、明日も焼肉に…って、そうはいかないな。

Posted on 2013/06/12 Wed. 00:37 [edit]

category: φ

tb: 0   cm: 0

二度驚いた  

NINE INCH NAILSから、エイドリアン・ブリューが脱退だそうで。

BARKS

脱退も驚きなのだけれど、エイドリアン・ブリューが、いつのまにかNINに加入していたことに驚いた。

Posted on 2013/06/11 Tue. 00:31 [edit]

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

ヘドバンギャー!!  

ある曲の1フレーズに「取り憑かれる」ことってあるよね。
印象的なフレーズが、頭の中をグルグル廻って、離れないの。

今日取り憑かれたのは、この曲だ。



■YouTube-ヘドバンギャー!!- Headbangeeeeerrrrr!!!!! / BABYMETAL

ヘドバン!ヘドバン!ばんばんばばん。

ヘヴィーメタルのアイドルなのか?アイドルのヘヴィーメタル的手法なのか?
まあ、そこはニワトリとタマゴなのだけれど、この路線でずっとやり続けるのは、なかなか大変だと思うのであります。

Posted on 2013/06/09 Sun. 00:50 [edit]

category: 音楽

tb: 0   cm: 2

全ゴ連憲章  

積極的に語ることはないが、実は私は「全ゴ連」の会長である。
「全ゴ連」とは何ぞや?

それは「全日本ゴムをきちんとつけよう連盟」の略称だ。
大仰な名前だが、簡単に言うと、「セックスする時、避妊はちゃんとしようぜ!」をスローガンに掲げる団体である。

決して「できちゃった婚」を否定する訳ではないが、子作りは計画的な方が望ましい。
望まれない命などないのだ。

そこにおいてだ、明確な子作りの為のセックス以外、避妊はするべきだという考えである。

そんな私が、雑誌の表紙を見て震撼した。

bd0607.jpg

おいコラ!
本当に、そこに哲学はあるのかい?
より一層の快楽の為だけの行為に、無理矢理哲学を後付けしているだけじゃないのかい?

そりゃ、当然大家族にもなるわ。
大家族は賑やかだし、それも良かろうよ。
でもな、そこには夫婦円満の大前提が必要だし、十分な経済的余裕も必要だと思うのだ。
そうじゃないとさ、可哀想なのは子供の方だぜ。

「全ゴ連」では、あなたの参加を待っている。

Posted on 2013/06/08 Sat. 01:02 [edit]

category: φ

tb: 0   cm: 2

すみれ  

博多は基本的に豚骨ラーメンばかりだからさ。
それはそれで、美味しいのだけれど、豚骨ばかりだと飽きるんだよ。

sumire0606.jpg

てな訳で、すみれに行ってきた。

久々に味わう、札幌味噌ラーメン。

美味しい味噌ラーメンを、久し振りに食べたよ。
また行こうっと。

Posted on 2013/06/07 Fri. 00:36 [edit]

category: 平成のインチキグルメ

tb: 0   cm: 0

入口のない出口  



ももクロの新譜を聴いている。
いや、インディーズ時代の曲をコンパイルしたアルバムなので、厳密には新譜とは言えないのかもしれない。

歌そのものや、表現力は、ハッキリ言って稚拙なところもある。
「アイドル然とした楽曲」では、個性が埋没している点もあると思う。
ソロパートが少ないのも、その理由の1つかもしれない。

mcz0605.jpg

だが、そこには原石としてのキラキラ感がある。
初々しさがある。
今でもライブで定番の、好きな曲もある。

一度通して聴いてみて思ったことは、「やっぱり今のももクロの方が好きだな」ってことだ。

それは決して、このアルバムが悪いってことではなく、彼女達が進化しているという裏付けがあってのことだと思う。

彼女達は、今後も進化を続けるだろう。
その「伸びしろ」は、十分にある。
その進化の過程を、1リスナーとして、見守っていきたいと思う。

Posted on 2013/06/06 Thu. 01:13 [edit]

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

  

ev06041.jpg

ev06042.jpg

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」を見に行ってきたよ。

ev06043.jpg

ev06044.jpg

日本刀が妖しく光っております。
例えそれが「人を殺める為の道具」だとしても、美しさすら感じる。

ev06045.jpg

ev06046.jpg

3mを超えるロンギヌスの槍は大迫力!
これを作っている工程のVTRが流れていたのだが、金属を鋳型に流し入れて鋳造しているのではなく、火にかけ、叩き、伸ばし、捻るのは、全て手作業。
職人技だ。

ev06047.jpg

初号機をモチーフにした兜。
雰囲気あるよね。

撮影は禁止だったのだけれど、映画の原画も展示されていてね。
うん、良いもの見たよ。

アニメも日本刀も、匠の技だね。

Posted on 2013/06/05 Wed. 01:12 [edit]

category: φ

tb: 0   cm: 2

ニューロマンティック  

前回のGI ORANGEから、カジャ・グーグー、デュラン・デュランと遡り…。
キーワードとしては、「ニューロマンティック」だなあと。

ニューロマンティック(ニューロマンティックス、ニューロマンティクス)とは、1970年代後半のロンドンで、ニュー・ウェイヴシーンから派生した音楽ジャンルのひとつ。イギリスでYMOを最初に紹介したとされるスティーヴ・ストレンジが主宰していたクラブ・ビリーズで開催されていた「デヴィッド・ボウイ・ナイト」が発祥と言われ、スティーヴ・ストレンジのバンド“ヴィサージ”が元祖ニューロマンティックであり、後にデュラン・デュラン、カルチャー・クラブなどが登場してきた。 ニューロマンティックのサウンド面は、基本的にはシンセサイザーを多用したエレクトロ・ポップが主体であるが、生演奏主体のバンドも多く存在するため音楽性は様々である。 ルーツとしては、デヴィッド・ボウイやロキシー・ミュージック系等のグラム・ロックの流れからのダンディズムが構築されていったとされる。 巧みなビジュアル戦略により、1980年代前半のアメリカで第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンと呼ばれる一大ブームを巻き起こした。

主なバンドとしては。

ヴィサージ
ウルトラヴォックス
アダム&ジ・アンツ
バウ・ワウ・ワウ
デュラン・デュラン
スパンダー・バレエ
カルチャー・クラブ
ヒューマン・リーグ
ソフト・セル
オーケストラル・マヌヴァーズ・イン・ザ・ダーク(OMD)
ジャパン(ニューロマンティックではないが、そう言われることがある)
ABC(初期のABCは、通常は「ブリティッシュ・ジャズ・ファンク」に分類される)
トーク・トーク(初期)
デペッシュ・モード(初期)
クラシックス・ヌヴォー
シンプル・マインズ
モダン・ロマンス(通常は「ファンカラティーナ」に分類される)
チャイナ・クライシス


などである。
Wikipedia-ニューロマンティック

まあ、見事なまでに、音楽性はバラバラであるが、NEW WAVEからの派生ならば、それも必然だったのかもしれない。

adam-and-the-ants-thumbnail2.jpg

音楽のジャンル分け自体、無意味なものだと思わせてくれる。
ジャンルと言うよりは、1つのムーブメント、またはそれに伴う「美学」と言った方が良いのかもしれない。



■YouTube-ナウロマンティック / KOJI1200

コレなんか、上手くニューロマンティックをモチーフにしているよね。
シンセベースと、ギターのカッティングの絡み方が、超カッコイイと思うのだ。
さすがテイ・トウワと言うべきか、今田耕司のなりきり感もハンパない。

そして、2013年現在、まさにNEWなニューロマンティックの復権を、私は密かに楽しみにしているのである。

Posted on 2013/06/04 Tue. 00:58 [edit]

category: 音楽

tb: 0   cm: 2

PSYCHIC MAGIC   

YouTubeの画面の右側にさ、「あなたへのおすすめ」って出てくるじゃない。
あのシステム、結構好きでさ。
おそらく、今まで自分が閲覧したり、検索した動画に関連付けられた動画が「おすすめ」されていると思うのだが、たまに予想だにしない動画を「おすすめ」してくることがあって…。

で、今夜「おすすめ」されたのがアナタ!
GI ORANGEのPSYCHIC MAGICですよ!
知ってる?



■YouTube-PSYCHIC MAGIC / GI ORANGE

この、デュラン・デュランのパクリ臭というか、二番煎じな感じがたまらんね~。
なんと言うか、ニセモノ臭いんだよね。
いや…決して嫌いではないけれどね。

80'sフレーバープンプンな音作りなんか、涙モノだ。
私が中学生の頃の曲でね。
歌詞がわからないものだから、「サーイキーック・マージック♪モッコリモッコリ…」って歌いながら、塾に通っていたものだ。

少し酔っているせいだろうか?
何故かゲラゲラ笑いながらPVを見ていた。

ところでこのGI ORANGE、サイキック・マジックしか知らないのだけれど、ネットの情報によると、Psychic Magic 2012 バージョンをレコーディングしたそうだ。

なんだか演歌歌手みたいな商法だな。

Posted on 2013/06/03 Mon. 01:38 [edit]

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

  

やあ、6月だね。
梅雨である。
今も雨が降り続いているのである。
ジメジメなのである。

さて、そんな6月から、実践していることがある。
それは!


「座ってオシッコをすること」だ。

…。

今、「何だ、そんなことかよ」って思ったでしょ。
ヘイ、ミスター!
まあ聞きなよ。

立ったままオシッコするとさ、目には見えないけれど、実はアレ、壁や床に結構飛び散っているらしいぜ。

それって、単純に、汚れるし、ニオイの元にもなるんじゃないかなって。

そんな訳で、今月から、「座りション派」になろうと思うのだ。
長年の習慣を変えるのは難しいかもしれないが、意識して続けてみようと思う。

Posted on 2013/06/02 Sun. 00:22 [edit]

category: φ

tb: 0   cm: 3

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS