ノー・コントロール

What do you call that noise ?

broken generation  

14歳の頃、制服の内ポケットにナイフを忍ばせていた。
リンゴの皮を剥く為ではない。

でもね、ある日突然「下らねーな」と思って、橋の上からナイフを川に投げ捨てたんだ。

あのナイフは、今も川底に沈んだままなのだろうか。
スポンサーサイト

chu-DOKU  

ビール。
枝豆。
タバコ。
コーヒー。
紅茶。
コーラ。
音楽。

そしてラーメン。

【2012年のラーメン 35杯目】
天下一品
★★★
tenichi0625.jpg
たまに無性に食べたくなるんだよな。
独特のこってりスープがたまりません。

Blue Sky  

bsky0622.jpg

久々の青空。
太陽を見るのも久し振り。
脳ミソを乾かそう。

tea0622.jpg

午前中から午後の紅茶を飲んでやったぜぇ~。
ワイルドだろぅ~。



■YouTube-Blue Sky / a-ha

明日も晴れるといいな。

hop0622.jpg

それでも I Can't Get No Satisfaction だぜぇ~。

【2012年のラーメン 34杯目】
めんくいや
★★★★
menkuiya0622.jpg
臭みのない、サッパリとした豚骨スープ。
角煮系のトロトロなチャーシューもso good !

逃亡犯  

ちょっと前に、オウム事件の容疑者が確保されたが、逃亡生活ってどんな気持ちなんだろう。

いつも人の目を気にしながら、ドキドキして毎日を過ごしていたのだろうなあ。

で、気になったのだが、逃亡者って、住民票とか年金とか健康保険とかどうしていたのだろう。

やっぱり保険証がないと、病院に行きたい時に行けないのかな。
歯医者とかさ、酷い風邪をひいた時とか。
それとも10割負担の料金を払っていたのだろうか。


梅雨空  

tsky0616.jpg

今日もどんより。
雨が降ったりやんだり。

頭の中に、カビが生えそうだ。
頭をパカッと割って、天日干ししたい気分だ。

会いたいぜ太陽。

ガット  

gguitar0615.jpg

久し振りにガットギターを握る。
ナイロン弦の感触って、あまり好きじゃないのだけれど。
あれ?
こんなにネック太かったっけ?
弾きにくいったらありゃしない。
で、弾きながら歌って…というか、「吠えて」いたのはこの曲だ。



■YouTube-生きてるって言ってみろ / 友川かずき
東北訛りがいい味出しているな。
70年代フォークって、掘り下げたら凄い曲にブチ当たりそうだな。


【2012年のラーメン 33杯目】
一幸舎
★★★
ikkousya0615.jpg
結構好みの味。
でも、煮玉子は、縦に半分に切ってある方が、見た目にも美しいし、何より食べやすいと思う。

レッドアイ  

redeye0614.jpg

そういや缶入りのって、今までありそうでなかったよな。
トマトの成分が沈殿しているので、混ぜるのにはちょっとコツがいるぜ。

一瞥  

男が、空き缶を目一杯詰め込んだ、大きな袋を自転車の荷台に乗せていた。

男は転倒し、歩道に空き缶が散らばった。

男は空き缶を黙々と袋に詰め始めた。

「手伝いましょうか?」

そんな言葉は出ず、私は男の横を通り過ぎた。

道端に、鳩の死骸が落ちていた。

私は、なるべくそれを見ないようにして、死骸の横を通り過ぎた。

人が本来持つ、優しさだとか、愛情だとか、思いやりについて、しばらく考えてみたが、答えはでなかった。

それらは「ヒューマニズム」という単語に集約されるかもしれないが、やはり答えは出なかった。


【2012年のラーメン 32杯目】
ゆず
★★
rtan0610.jpg
メニューには「ラータン麺」と書いてあったのだが、坦坦麺とは何が違うのだろうか。
胡麻の風味が強いスープだった。

ひじがかゆい  

虫に刺されたわけでもないのに、ひじがかゆい。
漢字で書くと「肘が痒い」。
読めるけれど、書くのはちょっと難しい。

とりあえず、液体ムヒを塗りまくる。
ムヒってすげーよな。
何で出来ているのか知らないけれど。

【有効成分】
デキサメタゾン酢酸エステル
ジフェンヒドラミン塩酸塩
b-メントール
dlカンフル
グリチルレチン酸
イソプロピルメチルフェノール

舌を噛みそうではあるが、痒みが治まってくれればそれで良い。

九州北部梅雨入り。
厚い雲が、空を覆っている。

【2012年のラーメン 31杯目】
一蘭
★★★
ichiran0608.jpg
久々の一蘭。
ほんのりと甘さを感じる、上品な豚骨。

半袖  

bsky0603.jpg

6月になった途端に暑い。
朝から陽射しが強い。

昨日までは、Tシャツの上に薄手のパーカーを羽織っていたのだが、もうパーカーもいらない感じ。
半袖のTシャツで歩いてみる。
丁度良い。
風が心地よい。
そろそろ夏服の用意をせねば。

そして、うっすら汗をかいたのだが、どうも汗が臭いような。
「汗臭い」のではなくて、「汗が臭い」気がするのだ。
ラーメンデブの宿命か?
ドロドロ血液の副産物か?

夏が来る前には、大嫌いな梅雨がある。
傘をさすのは、面倒臭い。

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■