ノー・コントロール

What do you call that noise ?

0h ! misoka  

あっという間に大晦日ですってよ。
今年はぼんやりしているうちに過ぎ去ってしまった感じだな。

来年は(目に見えて)実りある年にしたいと思う。
あまり欲張らない程度にね。
今年よりも…うん、ちょっとだけでも良い年になるといいな。

なんて思っている大晦日。
相変わらず「ビールもどき」に癒されつつ、夜は更けて。

それでは皆様、よいお年を。

スポンサーサイト

少年の詩  

「何だよあいつ、ムカつくぜ!」
と、腹を立て、相手の人格までも否定したところで、自分の思う通りにはならず、ましてや相手の人格を自分の思い通りに修正することはできず、また、そんなことに労力を使うのも馬鹿馬鹿しく感じ、そしてイライラのループに嵌っていくのである。

心に余裕を持ちたいし、強くなりたい。
発想の転換も必要なのだろう。

あきらめる事と、受け入れる事は似て非なるものである。

いつもなら布団を噛んで枕を濡らすところであるが、今回は少し違って、どうも怒りにも似た感情があるのだ。私はあまり怒らない性格であると、自分では思っているのだが。

元々人とのコミュニケーションはあまり得意な方ではない。
相手が苦手な人だと、尚更だ。

「今に見てろよこの野郎」と思う。
面倒臭がりで、自堕落で、サボリ癖のある私だが、現状を打破したい気持ちが、怒りと共に沸々としている。

なので、来年は、ちょいと気合いを入れてみようと思う。
このままじゃ嫌なんだと、自分の心が叫んでいるのだ。

そして。

色んな事が、思い通りになったらいいのになあ。

ミスドでつけ麺  

tkm1227.jpg

値段が安くて、量は控えめ。
小腹が減った時には、このくらいが丁度良い。

THE DAY IN QUESTION  

b-t1222.jpg

BUCK-TICKの年末恒例のライブ、「THE DAY IN QUESTION」に行ってきた。
BUCK-TICKのライブに行くのは、たぶん6年ぶり?

1曲目、初期の名曲「HURRY UP MODE」からの~、オイシイ曲の連発で、お腹いっぱいのメニューだった。

少し胃もたれがする程楽しめた。

来年バンドは25周年を迎えるそうだ。
これからもその独自のスタンスで、孤高のバンドとして活動を続けて欲しい。

7638893.jpg

メリークリスマス  

tree1224.jpg

チキンと寿司とピザとビールでお腹いっぱい。
ケーキはないけれど気にしない。

素敵なクリスマスを。

LED  

mos1220.jpg

クリスマスが近付いてきた。
年末ムードがジリジリ押し寄せてきている感じだ。

ch12201.jpg

駅の通路はこんな感じに。

ch12202.jpg

ch12203.jpg

駅前もちょっと浮かれた感じ?

ch12204.jpg

こういう雰囲気、決して嫌いではない。

Jack Regret  

やたらと昔のことを思い出した一日だった。
断片的な記憶のフラッシュバック。
良いことも、悪いことも。
「あの頃は良かったなー」的なモノでは決してなく。

あの時、ああしていればなあ。
後悔なら山ほどある。

あの人とは関わりたくなかったなあって人もいる。
逆に、あの人に会えてよかったなあって人もいる。

きっと今まで、沢山の分岐点があったのだと思う。
でも、どうなんだろう?
例えば右に進んだあの道を、もし左に進んでいたら、別の未来…別の現在があったのだろうか?

結局巡り巡って、ぐるぐる回って、もしかしたら今とそう変わらない現在の自分になっているような気もする。

そこには大いなる矛盾も発生するのだが。

相変わらず空を見上げては、タバコの煙を溜め息で吐き出している。
矛盾、不安、希望。

憶えていたいこと、忘れてしまいたいこと、どっちもあるけれど、過去にすがって生きる気はサラサラない。

今を生きよう。
そして、これからを生きようと思った。

ちょっとクサいけれど、まあそんな感じだ。



■YouTube-Jack Regret / Hate Honey

カレーで暖  

肌寒い日は、ラーメンも良いがカレーも良い。
身体の中から暖まろう。

curry1212.jpg

北インド風チキンカレー。
デフォルトで結構辛めの味付けとのことなので、辛さプラスはなしで。

チキンは柔らかく、カレーはホットでスパイシー。
額にジワリと汗が滲む、適度な辛さ。
やっぱりカレーはこうでなくちゃね。

身体の中からポカポカになったのだが、食後のドリンクをアイスチャイでオーダーしたのは失敗だったかも。

ホットにしておけば良かったな。

それでも十分暖まった昼下がりであった。

そうそう、店内のBGMで、スタンダードの「MOON RIVER」のカバーが流れていたのだが、落ち着いた女性ボーカルと、エフェクトの効いたギターによるバージョンであった。誰がカバーしているのだろう。ちょっと気になった。

12月の汚皿  

ああ、そういえば12月なんだね。
それなりに寒くなってきたもんな。

今夜は皆既月食らしいね。
福岡は曇っていて、月は見えないけれど。

そうそう。

汚い写真を撮ったんだよ。

見る?

見るの?

だって、汚い写真だよ。

こんなのだよ。

dish12101.jpg

何だか分かる?
中華バイキングを食べたあとの皿だ。
もう、油でギトギトだよ。
ジョイ君も、キュキュットさんも大変なくらいの油汚れだ。

少し食べ過ぎたな。
バイキングって何だか張り切ってしまって、ついつい食べ過ぎてしまうんだよな。

dish12102.jpg

そして、中華のあとのタバコは美味い。
油っこい食事のあとは、特に美味いと感じる。

今年はタバコを減らしたりして、一時期はかなり禁煙に近い節煙状態だったのだけれど、気付けばすっかり元に戻ってしまったな。

エイジアとヨーロッパ  

何故か無性に、大袈裟な音楽が聴きたい!

しかもなるべくベタな感じの、コテコテなやつ!

…となるとやはり、「シンセ入りハードロック系」が望ましい。
そして懐かしい感じのノリも欲しいところだ。



■YouTube-GO / Asia

これは懐かしいな。
確か私が中学2年の頃の曲だ。
ジャケットの袖捲くりに時代を感じるね。

イントロの時点でベタな荘厳さ。
「タッタカ・タッタカ~」という、バッキングのお約束のリズムも良い。

そしてギターソロのハモり。
ソロ明けのベタなリズム展開が最高だ。

ん~。
久しぶりに聴いたがいいねえ。

こんな感じで、さらにコテコテな曲って何だろう?

やっぱりコレでしょう!



■YouTube-The Final Countdown / Europe

イントロの「あの」フレーズだけでニヤニヤしちゃうね。
PVもベタで良い。
どうだいこのギターソロ。
ギター弾けない人でも、何だかギター弾きたくなるでしょ。
何といっても、楽曲全体が大袈裟でドラマチックなのがいいよね。

そんなこんなで、今夜の「大袈裟な音楽」紹介。
くしくも「Asia」と「Europe」でございました。

ああ、お腹いっぱいだ。


のりしお  

札幌の友達が送ってくれた荷物(今回は自家栽培のジャガイモとか、米風亭の油そばとか。いつもありがとう!)の箱の隙間を埋めるように入っていたのは…。

yb1204.jpg

おお。
やきそば弁当ではないか!
やきそば弁当とは、北海道では圧倒的シェアを誇る、インスタントやきそばである。

何?
ポテトチップスのりしお味?
カルビーとのコラボ企画のようだ。
どれどれ、どんな味なんだろう。
お湯を入れて3分…。

あー。
なるほど確かに「のりしお味」だな。
さすが、やきそば弁当。
相変わらず、攻めの商品開発をしているな。

やきそば弁当の全国販売を願ってやまない。

セイコーマートの「鶏天どんぶり」も恋しいぞ。


haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■