刺激をくれ

cola0930.jpg

すると、もっと強い刺激が欲しくなる。
脳内での、こういう現象は、ちょっと怖いと思う。


スポンサーサイト

ちゃんpon

ch0929.jpg

うん、今日はラーメンじゃなくて、「ちゃんぽん」なんだ。
たまに食べたくなるんだよ。
野菜もたっぷり摂れるしね。
スープはやさしい味だった。

今日食べたのは、一般的な長崎ちゃんぽんだったのだけれど、調べてみたら、長崎ちゃんぽんから派生したご当地ちゃんぽんのなかには、和風のあっさりしたスープを特徴とするものが存在するようだ。

■愛媛県八幡浜市は人口4万人にあって40店以上のちゃんぽん店が存在するちゃんぽんの街である。八幡浜ちゃんぽんの特徴は、鳥ガラや煮干でダシを取ったアッサリとしたスープに太麺、そして具沢山であること。肉・野菜と共に八幡浜の特産品である蒲鉾・じゃこ天などの水産練り製品を使った店が多い。

■滋賀県彦根市にはカツオ・昆布出汁ベースのスープを特徴とするちゃんぽんが存在する。主な具材はコシのある中太麺とたっぷりの野菜で、通常魚介類は入れない。通の間ではスープに酢を入れて味に変化を加えるのが定番である。


ちゃんぽん - Wikipedia

長崎ちゃんぽん以外の物も、いつか食べてみたいなあ。

命日の契約解除

今日は祖父の命日だった。
祖父が亡くなった後、一人で暮らす祖母の家に、両親は線香をあげに行ったようだ。

すると見慣れぬ書類が。
「見積書~54万円」
なんでも、家に訪れた住宅リフォーム業者に、屋根の改修を勧められたらしく、業者は今日、本契約に訪れるという。

ハッキリ言って、屋根の改修は必要ではない。
たまたま居合わせた両親は、契約の寸前でそれを阻止したらしい。
めでたしめでたし…。


実は私、一時期住宅リフォームの会社で、インチキ営業マンをやっていた事がありましてね(すぐ辞めちゃったけれどね)。

客とのアポイントを取ることを、その会社では「ひっかける」と言っていたよ。
何かもう、それが全てを物語っているよね。

勿論、必要のあるリフォームはあるだろうし、全ての業者が悪徳業者ではないだろう。

が、しかし!
私の勤めていた会社では、「年寄りの一人暮らしはカモ」は常識だった。
多少強引でも、情に訴えてでも、ハンコさえ付かせればこっちのもの。
あとは施工業者にブン投げるだけである。

現実に、こんな会社は沢山あると思う。
皆様もお気をつけ下さい。
特に、親戚などに一人暮らしのお年寄りがいる方は、機会があったら、一言注意してあげて欲しい。

こんな命日だった。
じいさんが守ってくれたのだろうか?
それとも天国で呑気にお茶でも飲んでいるのかな。

¥85

meisai026.jpg

利用額は、たったの¥85。
それでも明細は届く。
当たり前なのかもしれないけれど、「小額なのに、わざわざどうもすみませんねえ」という気分になる。



sprite

sprite.jpg

快晴、秋晴れ、いい天気。

明け方に見た、嫌な夢の残骸は、炭酸の泡と共にはじけて消えた。


餃子と屋台

京都からけいばーどさんが、九州一人旅にやってきた。
博多にも立ち寄るというので、合流することになった。
ネット上では、約5年程のお付き合いになるが、実際にお会いするのは初めてだ。

待ち合わせ場所にて、無事合流。
想像していた感じの印象だ。
挨拶を交わし、早速夜の街にレッツゴー!

gz09233.jpg

やってきたのは、「博多祇園鉄なべ」。
鉄鍋餃子、老舗の人気店である。

gz09231.jpg

THE 餃子。
美味し!
皮はもっちり、中身はたっぷり。
ビールとの相性は抜群!

gz09232.jpg

右は「酢もつ」、左は「おきゅうと」。
ん?「おきゅうと」って何だ?

作り方は、原料のエゴノリ(「えご草」、「おきゅうと草」、博多では「真草」とも呼ばれる)と沖天(イギス、博多ではケボとも呼ばれる)をそれぞれ水洗いして天日干しする(状態を見ながら1~3回繰り返す)。次に天日干ししたえご草と天日干しした沖天をおおよそ7:3の割合で酢を加え煮溶かしたものを裏ごしして小判型に成型し常温で固まらせる。 博多では、小判型のおきゅうとをくるくると丸めたものが売られている。

おきゅうと-Wikipedia

こんにゃくとも、寒天とも、ところてんとも違う、不思議食感だった。

けいばーどさんは、熊本で温泉を満喫してきたそうだ。
いいなー、温泉。

和やかに談笑しつつ、「じゃ、次、行きますか!」

yt09231.jpg

やって来ました、屋台だぜ!

yt09233.jpg

まずはビール!
そして、おでん!とんぺい焼き!

暑くもなく、寒くもない夜。
屋台で飲み食いするには最高の季節だ。

yt09232.jpg

で、焼きラーメン

気付けばお腹はいっぱい、丁度良い感じにほろ酔いだ。
気持ち良い夜風に吹かれながら、地下鉄駅入り口へ。

そして博多駅でけいばーどさんと別れたのであった。
けいばーどさん、楽しい時間をありがとう。
今度は私が京都に遊びに行くので、その時はよろしくお願いしま~す!

yt09234.jpg

…ちょっと食べすぎたかな?

ボーダーレス

博多では、よく「長浜ラーメン」って看板や暖簾(のれん)を見かけるのだけれど、「長浜ラーメン」と「博多ラーメン」は違うものなのだろうか?それとも、「長浜ラーメン」は、「博多ラーメン」の種類の1つなのだろうか?

今まであまり気にしていなかったのだが、調べてみた。

■長浜ラーメン

長浜屋台街おもに福岡市中央区長浜の店舗や屋台のラーメンを指して長浜ラーメンまたは博多長浜ラーメンと呼ぶ場合がある。

1955年(昭和30年)、現在の博多区築港本町にあった魚市場が長浜に移転し福岡市中央卸売市場鮮魚市場となる。「元祖長浜屋」「一心亭」など市場ラーメンの屋台もそれに伴って長浜に移転した。

おもに市場関係者向けであった長浜ラーメンの特徴は、競りの合間に食すため素早く茹でられる極細麺、麺だけの追加注文の替え玉、味の濃いスープとされる。

元来、博多ラーメンと長浜ラーメンは別物であったが、近年はそのジャンル分けは難しくなっており地元の比較的若い世代層ではほぼ同義語と捉えられている。

なお、厳密な意味での「博多」に長浜地区は含まれない。


博多ラーメン - Wikipedia

ngh0920.jpg

あまり気にせず食べても良さそうだ。

tower

moblog_a0000636.jpg

ベランダの隅に、なんとなく重ねたタバコの空箱が、結構な高さになってきた。

意味は全くない。

どうせなら天井まで!…とも思わないしね。

そういやしばらくタワレコ行っていないなー。

ジェットストリームアタック

jsa0918.jpg

松屋派デスヨ。
たまに無性に食べたくなるんだよな。

牛めし、味噌汁、生卵。
無駄のないトリオでしょ。
完璧な三角形だ。

黙々と食べる。
10分かからずに終わる食事。
こういうのも、たまには良いものだ。

そして食べ終えると、小さい音で口笛を吹きながら帰った。

天気読み

clsk0917.jpg

天気予報は大ハズレ。
秋の空っぽいけれど、今日も暑いな。
台風の影響かね。

まあ雨が降らないのは良いことだ。
だって、傘持って歩くのって、めんどくさいじゃん。

しばらく不安定な天気が続きそうだ。
台風の影響かね。
鞄には折り畳み傘を入れておこう。



■YouTube-天気読み / 小沢健二

Telegram Sam

Slider.jpg

今日はマーク・ボランの命日か。

久し振りにT.REXを聴こう!



■YouTube-Telegram Sam / T.REX

グラムロックが持つチープなゴージャス感(矛盾した言い方だけれど)や、良い意味での胡散臭さは、癖になる味わいがあるな。後のロック史に与えた影響は大きいと言えよう。

「Telegram Sam」は、T.REXの代表曲の一曲であるけれど、個人的にはBauhausによる、この曲のカバーも秀逸であると思う。



■YouTube-Telegram Sam / Bauhaus

バウハウスは、ゴシックやポストパンクと称されるバンドなのだが、そのような(音楽性の)バンドによるグラムロックの名曲のカバー。聴き比べると面白い。





SOUP

たまには「つけ麺」でも。
ということで、つけ麺専門店に足を運んでみた。

tkm0914.jpg

つけ汁の容器の下は、IHヒーター。
なるほど、これなら温度が下がりやすい、つけ麺のスープも、熱々のまま最後まで行けますな。
嬉しい心遣いだ。
GOOD JOB !
美味しかった。
ごちそうさま。



納豆トースト

nt0913.jpg

ごぱん納豆だと?
添付のたれはバターしょうゆ風味で、パンにもごはんにも合うと。

で、トーストに乗せて食べてみた。

これは…美味いのか?

いや、不味くはないよ。

パンと納豆は合わないという先入観か?

しかし、「納豆 トースト」で検索すると、沢山のページがヒットする。

納豆トースト、研究の余地がありそうだ。

怒号金融道

cat0912.jpg

9月とは思えない暑さだ。
猫もダレる残暑。

パチンコ屋の前を通りかかった時に、怒号が聞こえた。

ふと見ると、30歳くらいの男性が、携帯電話片手に怒鳴っていた。

常々思っていることだが、パチンコ屋の前には、携帯で大声で話している人が多いような気がする。

それはさておき。

男性の口調はかなり荒っぽいものだった。

「あ?コラ!(#゚Д゚)」

「ん~コラ!(#゚Д゚)」

「え!コラ!(#゚Д゚)」

あまりボキャブラリーが豊富な人ではないようだが、怒っているのは確かである。
会話の内容は詳しくは分からないが、チラッと聞くかぎり、どうもお金のことで揉めているようである。

あー、やだねえ。
お金の事で揉めるのはいやだねえ。
お金は怖いねえ。
と思いながら立ち去ったのであった。



原作者が亡くなってもシリーズは続く、ドラえもん現象。

The Love Cats

初めて猫カフェに行ってみたよ。

cat901.jpg

cat902.jpg

cat903.jpg

cat904.jpg

キャバクラなんかに行くよりも、何倍も楽しいし、猫達に癒されて帰ってきた。

また今度行ってみよう。




■YouTube-The Love Cats / The Cure

ジンジャー

変り種コーラが新発売される度に、一度飲んでみては、結局ペプシNEXに戻っていたのだが。

dry0909.jpg

お!これはなかなか!
っていうのが、WILKINSONのDRY COLA。

辛口で炭酸強め。
香るジンジャー・フレーバー。
クセのある味なので、好みは分かれると思われる。

これでウォッカを割っても美味しそうだな。

でも、基本的にはペプシNEXラブなのです。

フリック入力

iPhoneにも、少しは慣れてきた今日この頃。
そろそろ次のステップに進みたいところだ。
次のステップとは、「フリック入力」である。

フリック入力(フリックにゅうりょく、flick input)とは、主にスマートフォンのタッチスクリーンで採用されている日本語入力方式。または、フリックによる操作のこと。「フリック」(flick)とは、「素早く動かす、弾く」という意味であり、この場合、指のスライド(弾き)のことを表しており、「フリック入力」に限らず、タッチスクリーン操作全般に用いられる表現である。タブレットPCやタッチパネル式の液晶ディスプレイでのスライド操作のことを、単にフリックとも呼ぶ。

日本語入力方式としてのフリック入力は,テンキー風に配置された各行のあ段(あかさたなはまやらわ)の周囲に、十字型や扇形に他の4段(い段、う段、え段、お段)が(潜在的に)配置されており、あ段のキーを押しつつ目的の文字の方向に指をスライドさせる(弾く)ことで、文字を入力する。アップルのPDAニュートン・メッセージパッド用に開発された入力システム「Hanabi」が草分けで、2008年、iPhoneに採用されたことで、急速に広まった。従来の「あ段→い段→う段→え段→お段」とキーのプッシュを繰り返して表示・入力する方式(トグル入力)に比べ、素早い入力が可能になるだけでなく、指への負担も少ないとされる。




■YouTube-高速フリック入力 片手

ここまで速くなる必要はないけれど、ちょっと練習してみようかなと。

これでいいのだ

rmn0907.jpg

ふらっと入ったラーメン屋さんのラーメンが、思いの他美味しかった。

moon0907.jpg

そんな些細なことでも、それだけで、今日はいつもよりも少しだけ良い日だったと思える。

何とも安上がりだが、これでいいのだ。



■YouTube-これでいのだ / 筋肉少女帯

カップヌードルごはん

何じゃそりゃ?

cupn01.jpg

えーと、なになに。

少量の水に、具・かやく・米を入れてよくかき混ぜ、電子レンジで約5分。

cupn02.jpg

何この宇宙食?

とてもじゃないが、食欲をそそるビジュアルとは言い難い。

一口食べてみる。

なるほどたしかにカップヌードルの味だ!

…で?

【総括】
保存食としてのポテンシャルは、なかなか高いし、面白い商品だとも思うが、個人的には一度食べれば十分である。

味、コストパフォーマンスの両面から考えても、これなら普通に、カップヌードルとおにぎり買うわ。







DO.YA.SA

ikuyouruyo2.jpg

Oh!

ジャパニーズ・レディーガガ!


Love Letter

遺書を書こうと思いましてね。

と言っても、自殺するつもりはないし、病気で余命が僅かって訳でもない。

ただ、明日どこかでひき逃げされる可能性は0%じゃねえなと。
そんな時のために。

だから、厳密には「遺書」とは似て非なるものなのだろう。

色々なことを思いながら、足りない頭で考えて、考えて書いた。

…のだが。

出来上がったものは、ただのラブレターみたいになってしまった。

「遺書」は丸められて、紙屑になった。

明日も生きよう。



■YouTube-Love Letter / Buck-Tick

めがねの日本

注文したカレーを、新聞を読みながら待っていたんだ。

新聞を読んでいると、あれ?おかしいな?って思うことが多い。

それはいつもと言えばいつものことなのだけれど、特に先の震災以降、おかしいな?ってことが多いような気がする。

「国を憂う」とか、そんな大袈裟なものではないのだけれど、なんつーか違和感。

空気のこわばりのようなものを感じてしまうのである。

curry0902.jpg

カレーは美味しかったのだけれど、何とも釈然としない、モヤモヤした昼下がりだった。




■YouTube-めがねの日本 / LÄ-PPISCH


haunted days

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search