ノー・コントロール

What do you call that noise ?

starry sky  

缶コーヒーは、迷わずhotで。
それを飲み干す時に、結果的に空を見上げちゃったりして。

オリオン。
結局時間だけがそれを癒してくれたりもする。

見なくてもいいもの。
知らなくてもいいこと。
「ダイジョウブ」は、魔法の言葉だ。

見ている景色と、両耳に挿したカナル式のイヤフォンから流れる音楽のシンクロ。

1分30秒から2分あたりね。
2分間時間があったら、お付き合い下さい。



■YouTube-Starry Sky / Capsule
スポンサーサイト

limit  

落ち葉舞い散る季節…食欲の秋でもありますね。

という訳で、お昼は結構お腹が空いていたので、Hott Mottで「満腹のり弁当」を購入。
「獣のように食欲を満たしてやるぜ」と意気込んでいたのだが、蓋を開けると同時に思った。

「やっちまったなあ~」と。

mpnrbImage922.jpg

「満腹のり弁当」と名乗るだけのことはあるな。
このボリューム、あっぱれだ。
まずね、弁当の箱が重いんだよ。箱が。
のり弁当プラス焼きそばって、すごい組み合わせだ。

ごはんを残すのはあまり好きじゃないので、頑張って食べたよ。
後半はかなりきつかった。
げふー。

WEBのメニューでカロリーを見たら、驚きの1155kcalである!
ハングリーなYouは、チャレンジしちゃえばいいじゃん。

私はすごく…すご~くお腹が空いている時に、リベンジしてやるつもりである。
食欲の秋が終わる前に。

¥450  

札幌にいたときの友人が、旅行で福岡を訪れたので、夕食をご一緒した。

「ごま鯖」とか「明太いわし」とか、それっぽいもので。
喜んでくれたならいいなあ。

札幌で見ていた顔を博多で見るのは、なんだか変な感じだ。
一瞬ここがどこだかわからなくなる。

焼酎呑み放題、\450。
これで採算合うのだろうか?と、余計な心配をしてしまう。

したたかに酔って帰宅。

シャワーを浴びてサッパリし、冷蔵庫から冷たいビールを取り出す。

どんなに酔っていても、クールダウン・タイムが必要なわけで。
ああ、食べ物の写真の1つでも、撮っておけばよかったな。

〆にラーメン食べてくりゃよかった。
その時は少し気持ち悪かったんだけれど、なんだかちょっとお腹空いてるや。

with no fear  

本日の後半から、お腹の調子がイマイチである。
何を食べても、食べた直後にトイレに直行。
おやつに食べた、やきそば&コロッケパンがいけなかったのだろうか?

さて、週の真ん中。
そして週末、土曜日には大事なミッションが控えている。
「時間が足りない」なんてことはないのだけれど、どうもココロが時間に追いついていない。もっと気持ちに余裕があってもいいはずなんだけれど。

きっと臆病になっているのだろう。
「怖い」という感情が、少なからずあるんだ。

以前はこんなに怖がりではなかった気がする。
怖くても、なんとか乗り切ってきたはずである。
それが若さってものなのか?自分にはわからない。

人は過去の経験から様々なことを学ぶ。
それを自分の中にデータとして蓄積するのだ。
忘れてしまう、覚えていないことは、データのとりこぼしと似たようなものだと思う。

「怖い」という感情を払拭したい時、自分が今までどのようにしてきたかを思い出せば、そこから対応策なり打開策を照らし合わせることにより、今の自分の状況は少しはマシになるのかもしれないが、どうもそのあたりのデータが欠損してしまったようである。

リラックスしようと思って、ビールを飲んだ。
すぐにお腹が痛くなって、トイレに直行した。アホである。

明日のおやつにも、やきそば&コロッケパンを食べるべきだろうか?
きっとパンに罪はないさ。
そう思いながら、二本目の缶ビールに口をつけた。
このあとトイレに駆け込んだって、構わない。

そして土曜日は、上手く行くといいな。

運動不足の秋  

んー。
認めたくないが、運動不足の感が否めない。
体重的には全く変化はないのだけれど、なんだか身体が重たいような気がしてね。

それなら、その辺を走ったり、歩いたりすればいいじゃん。
って、そうなのだけれど、それもなんだか味気ない気がするのだ。

なんつーの、「スポーツ」に憧れたりしているのだが、一人で出来るスポーツなんてのも思いつかなくて。

ま、思いついたところで、元来の「めんどくさい病」が発病し、「いいのいいの、明日からで」で、済ませてしまいそうだ。

秋深し。



■YouTube-実業団選手権大会

いつも心にボンバイエ  

カップラーメンを食べようと思ったんだよ。

soupImage916.jpg

こちら側のどこからでも切れます。





って





inokiImage915.jpg

全然切れないじゃないかよコノヤロー!

かなり頑張ったけれど、どこからも切れないぞ!

結局、歯で千切ったぞバカヤロー!

ダーッ!

激闘と激動  

ゲキトウとゲキドウ。
字は似ているけれど、意味は全然違う。

俯いて歩く帰り道。
いや~、自分なんて、そんなに闘ってはいないと思う。

もっとやらなきゃイカンなあと思う。
何を?何かを。

「中学生かよ」
ってくらい、漠然としたサムシング。
「ナウい」言葉で言うと、アラフォーですぜ。

こうなったら、もう開き直って気持ちを80'sにシフト。
8ビートのシーケンスの上で、踊りながら歩いてやる。

激闘と激動。
まだまだやれるはずだが、過信は怪我の元。

でんでんむしむし、かたつむり。

タバコは吸わずに、ビスケットをビールで流し込む夜。
って、なんてストレ~ンジ。
朝なんて、こなくてもいいよ。
…朝がこないのは困るな。
せめて時間よ止まれ!
3時間くらいでいいから。



■YouTube-Sigue Sigue Sputnik

国歌  

「日本で一番有名な曲って何だろう?」と、ふと思った。

いろいろ考えた末に、「それは国歌なんじゃないか」との結論が導かれたのだが、私のwalkmanに君が代は入っていないかった。君が代が入っているCDも持っていない。それどころか、普段君が代を口ずさむことすらない。

これは一体どういうことだ?
私は自分が生まれた国を、愛しているはずなのに。



■YouTube-ピヒョリレーナリ・ボリリレン

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■