フライディ・チャイナタウン

基本的にさ、ワイドショー的なものに興味がないんだよ。
芸能人の誰と誰が結婚しようが、離婚しようが、セックスしようが、知ったこっちゃないんだな。

そんなことより、オヅラさんの「今日の装備」の方が、よっぽど興味深いわけ。

「お、今朝はType-Cだな」とか。


それを踏まえた上でさ。
泰葉さんですよ。

私の中のアンテナが、勝手に反応しっぱなしですよ。
これってさ、放送していいの?
メタルギアだと、アラート鳴りまくりだろ。

「おい濃紺、お前は何の話をしているんだ?」と思ったYouは、この辺をサラッと読んでみて下され。

でもさ、『フライディ・チャイナタウン』は、カッコイイ曲だよね。

■YouTube-フライディ・チャイナタウン/泰葉
スポンサーサイト

people are people

駅にはいつも沢山の人がいる。
そして毎日沢山の人達とすれ違う。

以前すれ違った人もいるかもしれないし、二度とすれ違わない人も居るだろう。

確率とか統計学とかさ。
そういう視点から考えると、今あなたがこのどうでも良いブログを見ているのも凄いことだ。

私にとって、あなたにとって。
昨日より今日の方が、ほんの少しでも楽しい一日でありますように。
反省はしても、後悔しない一日でありますように。

たまにはさ、そんなクサイ事を思いながら、明日の為に眠るんだ。
おやすみ。

■YouTube-people are people/Depeche Mode

ぞえ

ファミレスに行ったんですよ。

そしたらさ、後ろのテーブルのカップルの女の語尾がさ、常に「ぞえ」なのよ。「ぞえ」。

「今はドリアを食べたい気分ぞえ」
「食後にデザートも頼んじゃうぞえ」
「サイゼリヤって、ずっとサイゼリアだと思ってたぞえ」

物凄くどうでもいいんだけれど、一度気になったら仕方なくてね。
まあ、カップルの会話なんて、当人同士が楽しけりゃいいんだろうけれどさ、「ぞえ」はねえだろ。「ぞえ」は。

「どうせ男も女も頭悪そうな顔してんだろうな…よし!どんな顔しているんだか、見てやれ」って、さりげなく見てみたら、まーこれが!びっくりする程の美男美女のカップルでねえ。

何かねえ、驚いたよ。いろんな意味で。
びっくりし過ぎて、食べてもいないピザの返金を迫るところだったよ。



ファミレスをあとにした私は、「ぞえぞえ」言いながら歩いた。

鈴木蘭々の「泣かないぞェ」を口ずさもうと思ったのだが、そのタイトルだけは記憶しているのに、曲はサッパリ憶えておらず、やはり「ぞえぞえ」言いながら歩くしかなかったのであった。

■YouTube-95年 ポンキッキED 歩いて帰ろう

Yellow T-shirt

そういや昼過ぎに吉野家で牛丼食ってから、何も食ってねえな。
そりゃ、腹も減るよな…何か食いたいなあ。でもめんどくせえな。

とりあえず、冷蔵庫の中のビールを…って、それがイカンのだよ!
大体何だよ?「とりあえずビール」って?
ビールに対して失礼だろ?ビール工場で働く人達に対してもさ。
「安斉先生…ビールが飲みたいです!」って位の強い気持ちじゃなきゃダメだろ。

メシを食いたい、酒が飲みたい、タバコを吸いたい、kissに撃たれて眠りたい…この「I wanna.....」に埋め尽くされた脳内って何だよ?

という訳で、今夜、自分自身に課したテーマは『抑圧』である。

■酒を飲まない
■タバコを吸わない
■メシ食わない
■エッチなことを1秒たりとも考えない
■ゲームは1日1時間

今夜はこれに挑戦している…のだが…5分に一度の頻度で心が折れそうだ。
だが私はやる!やり遂げてみせる!
そして、明日の朝、寝起きのガラガラ声で「サライ」を熱唱しよう。

ZARDの「負けないで」が、脳内でヘビーローテーションだが、このまま眠ろうと思う。


…おっと、応援FAXは送らないでね。

黄昏れモザイク



最近さ、日が沈むの早いよね。
確実に日ごと寒さがつのります。

…やだ、秋って訳もなくちょっぴり切ないわ!
酒呑んで寝ようっと。

オプション

やあみんな!元気にしているかな?
『妄想戦隊 濃紺レンジャー』、リーダーの濃紺レッドです!

え?
「結局お前は何色なんだ?」

野暮な質問してんじゃねーよ。
細かい事ばかり気にしていると、異性にモテないぞ!

今日も私は、地球を守る為に頑張った。

閉まりかけたエレベーターの「開」ボタンを押して、おばあさんが乗り込むのを待ったりとか、足を組みかえた時に下着が見えた女性に対して「俺が見たいのはパンチラじゃねえんだよ!恥じらいなんだよ!」とマジ説教をかましたりとか。

全く地球を守るのは激務だぜ。
気も使うし、身体もキツいしね。しかも、給料安いしさ。
最近は、朝起きるのが苦痛でね、「あれ?最近俺って疲れてねえ?」って思ったんだよ。

イカンイカン!これはイカン!
この青い地球(ほし)を守る濃紺レンジャーが、実はストレスで身もココロもボロボロだなんて、毎週テレビの前で応援してくれている全国のチビっ子達が知ったら、さぞがっかりすることだろう。その親御さん達にも申し訳ない…。

とにかく、今の私に必要なのは、リフレッシュである。癒しである。頑張った自分への御褒美的なサムシングである。

具体的に…何だ?


あきば踏みっ娘学園が、10月11日にオープンした。
『体全体の筋肉をほぐし、エンターテインメント性を付加する事により、固くなった心もほぐす事が目的』というコンセプトみたいで、黒ニーソ制服の女の子(オプションでルーズソックス・白ニーソ)が踏んでくれるお店。

女の子が踏んでくれるのは、肩・腰・脚・足裏・尻だそうで、踏まれている間は俯せ。料金は初回限定おためしコース(20分・2200円)、新任先生コース(30分・3200円)~で、 踏まれる以外には「ハンドリフレ」、「肩揉み」、「ひざ枕でお昼寝」や、チェキ撮影(1枚1000円) 、くつしたチェンジ(1回1000円)などがある。

あきば踏みっ娘学園


「ハンドリフレ」とか「ひざ枕」とか、そんなヌルいモンに興味はないが…何て素敵なお店なんだ!

金さえ払えば踏んでくれるのか?この私を!
この汚いブタ野郎の私を!

くつしたチェンジ(1回1000円)って、一体何なんだ?
チェンジした靴下はもらえるのか?でも何に使えば良いんだ?
やっぱり「寒い夜にチンコに被せて寝る」のが正しい使い方なのか?

背中を踏まれながら、罵られつつ、唾を吐きかけてもらいたいんだけれど、追加でいくら払えば良いんだ?

濃紺レンジャー、地球の為に明日も頑張ります!
後楽園ゆうえんちで、僕と握手!

電線と月。



低い位置にある月って、何かちょっと怖いよね。


抱きしめてTONIGHT

PCのメールにさ、スパム(迷惑)メールって来るじゃない?
ある程度フィルタリングしていてもさ。

大概「ある1枚の書類を指定した“ある場所”に送付するだけで、あとは、何もしないでもガンガン入金されます!!」なんて、経済の大原則をド頭から否定したような、胡散臭いネットワーク・ビジネス的なものか、「ぬきぬき塾☆厳選!裏DVD通販」みたいなエロ系でさ。

でね、ここ数日さ、「これは効く!■精力増強■100%正規輸入品!」って、所謂「バイアグラ的な商品」の広告メールが、頼んでもいないのに物凄い量届くんだけれどさ…何なの?これって?

「オマエら、俺の何を知ってんの?」と。
「俺の“股の下のポニョ”を、見たことあるんか?」と。

つーかよー、放っといてくれよ。
何かドキッとするから。

知らない間に「アルデンテ」って、あだ名で呼ばれていたら---それを知った時には、私は長い旅に出よう。

そして、ガンジスのほとりで夕日を見ながら、田原俊彦の「抱きしめてTONIGHT」を、泣きながら熱唱しよう。

もし見かけても、話し掛けないでね。


■YouTube-抱きしめてTONIGHT/田原俊彦

山笠の六尺兄貴

テレビをつけたら博多祇園山笠の模様を延々と放送していてさ。
今それを見ながら酒を呑んでいるのですが…。

何か実況がスポーツっぽいんだよね。
「追い山タイム、中洲流は 34分19秒」「来年に期待したいですね~」とか。

オイサ!オイサ!オイサ!

見ていたら、凄く楽しそうだ(過酷そうだけれど)。

私も、白いふんどしをキリリと締めて、博多の街を駆け抜けてみたい…。

とりあえず、パンツ(下着の方)をケツの割れ目に食い込ませて、グラスに残った日本酒を一気に飲み干してみた。

…何か違うなあと思った。


Djin/Queen Adreena

元デイジー・チェインソーのケイティが歌う、クイーン・アドリーナの新譜ですよ。

この春に来日した時の、原宿アストロホールでのライブの模様を収録したDVDつき。

システム

なーんだ。

やっぱりさあ。

taspoっていらねえんじゃん。

ちょっとした野望

華麗かつ、ちょっと泣かせるアメリカンジョークをキメた上に

「~で、その時の女の人ってのが、今の妻なんですけれどね」

で、締めくくりたい。

会場はスタンディング・オベーションでよろしく。

Train Kept a Rollin'

駅のホームの端っこにある喫煙コーナーでタバコを吸っていたんだ。
そこに後からやってきた彼等は、気合いの入った「鉄オタ」さん達であった。

私はここ数年で、電車の素晴らしさに気付いた。
断言しよう「あれはロマンだ!」

しかし、鉄道にかける情熱は、彼等の何千分の1にも満たないだろう。
『鉄道ジャーナル』を毎月立ち読みする程度の、極めてライトな電車好きレベルである。

私は心の中で「先輩…チーッス!」と挨拶した。
そして、先輩方の話に聞き耳を立てた。
『立ち聞き』と表現すると聞こえは悪いが、私なりの「学び」の姿勢である。
先輩方も、きっと許してくれるはずだ。

「やっぱりさー、一番カワイイのは、E3系の顔だと思うんだよ」

「ですよねー!」

「あれはカワイイですよね!」

…E3系?…の…顔?(´・ω・`)?
電車の顔?に、カワイイとか不細工とかあるの?


あー、なるほど。

こりゃ確かにカワイイわ。

鉄道は奥深いなあ。

酔って候

スーパーの自社ブランドの「どうでもよさげな焼酎」ってあるじゃない?恐ろしくCP(コスト・パフォーマンス)だけは高そうな、いかにもオッサン向けなやつ。

ちょっと前にそういうの買ったのよ。
「どうせバカ舌なんだし、もう酔えれば何でもいいじゃん!」って。
2.7リットル入りのペットボトルで。
何?この大きさ…兵器かよ?

で、飲んでみたら、予想通りというか、予想以上にアレな感じでさ。
「リーズナブルでボリュームたっぷり!」が売りだと思うので、勿論文句はないんだけれどね。ちょっとだけ飲んで、放置していたんだ。

でもね~、2.7リットルのペットボトルって、デカいんだよ。
ハッキリ言って、邪魔くさいんだよ!

「捨てるわけにもいかないし…どうしよう…自家製梅酒でも作っちゃう?」とも思ったのだが、青梅がどこに売っているのかわからない。

とにかく、このバカでかいペットボトルを処分したいのである!
「こりゃもう、地道に呑むしかねえよな~」と思い、グラスに氷を入れて焼酎をダバダバと注ぎ、そこに何となくコアントローをたらしてみたんだ。


こ…これは美味い!…かもしれない?

コアントローは、オレンジの果皮から造られるホワイトキュラソーだ。
焼酎にオレンジのほのかな香り…アリだね!

アリなのか?…何ぶんバカ舌なので、あまり自信はない。



SBSH00351.jpgそんな私であるが、先日某所で頂いた『百年の孤独』ってのは美味しかったなあ。焼酎の味って、あまりよくわからないんだけれどさ、初めて呑んだよ。

思わず「ん~…これは美味い」って唸ったもんな。
バカ舌のくせに。

雪だるまの黒い涙

220px-Hitsujigaoka-sheep.jpg札幌市の郊外に「羊ヶ丘展望台」という場所がある。
札幌市の南東部に位置する、緩やかな丘の上にあり、市街地の景色を背景に丘の上で羊が牧草をはむ風景が牧歌的な印象を与える、超のんびりスポットだ。



丘の上に立つクラーク像は北海道の開拓者精神の象徴であり、彼の有名な言葉である"Boys, Be Ambitious!"(少年よ、大志を抱け)と併せてよく知られている。
『ズームイン!朝』なんかで「今朝の札幌のお天気は~」って時に、よく映る場所でもある。


さて、先日数年振りにこの場を訪れたのだが、敷地内に『さっぽろ雪まつり資料館』なる建物が出来ていた。

御存知「さっぽろ雪祭り」の歴史を、スチル写真や、ポスター、記念グッズなどで振り返ることができる、緩くて温(ぬる)い資料館であった。


08-02015-07.jpgその温さを象徴するのが、資料館のドアを開けると同時に「やあ!」と出迎えてくれる、雪だるまのぬいぐるみである。

汚れて黒ずんでいるが、結構な大きさなので、洗濯するのも大変なのだろう。この汚れっぷりは仕方あるまい。


08-02015-08.jpg重力によるものだろうか?
雪だるま自体が、微妙に下方向に潰れて歪んでいる。

オマケにこの表情である。
この表情から滲み出る、得体の知れない「悲しみ」は何なんだ?
おい、雪だるま!お前に一体何があったんだよ?


「片思いのあの子が、ヤリマンだった----それも、只のヤリマンというには、他のヤリマンに失礼な程の、超ビッチっぷり。ヤリマン界のキング・オブ・キングスみたいな女だった---しかもさ、俺の仲間うち全員とやってんの!全員!…うん、俺以外全員…」

なあ、雪だるま。
今夜は呑もうぜ。付き合うぜ。

自家用ジェットを買おうと思うんだが…

「レジ袋5円」って値段設定の根拠はさておき、とりあえずエコって大事だよね!

で、ふと閃(ひらめ)いたね。“あばれはっちゃく”ばりにナイスアイデアが浮かんじゃったね。

「これってビジネスチャンスなんじゃねえの?」って。


東南アジアからレジ袋を個人名義で大量に輸入する
     ↓
輸入したレジ袋を、スーパーのレジの前で1枚3円で売る
     ↓
5円のレジ袋は全く売れず、3円のレジ袋バカ売れ!
     ↓
スーパーはコスト削減の為、レジ袋業務を俺に委託
     ↓
(有)濃紺包材設立
     ↓
全国展開の大手スーパーと専属契約
     ↓
売り上げ増加、(株)濃紺パッケージング設立
     ↓
レジ袋の品質改良によって培われたノウハウで、洗って何度も使える『ウォッシャブル・コンドーム』の開発に成功! エコ時代の寵児の名を欲しいままにする
     ↓
雑誌『ビッグ・トゥモロー』の取材を受ける(特集:平成のわらしべ長者~チャンスを掴んだ男たち)
    ↓
mixiに『ウォッシャブル・コンドーム最高!』コミュが立つ(開設3日にして、参加者は2000人をover)
     ↓
(株)濃紺パッケージング 東証1部上場
     ↓
面白いほどに株価上昇
     ↓
頃合いを見て、全ての株と権利を、セブン&アイ・ホールディングスグループに売却
     ↓
バリ島に家を建てて、悠々自適の暮らし(アパート経営にも手を出す。家賃収入のみでウハウハに!)
     ↓
かわいい奥さんと、広い庭に犬が2匹


我ながら完璧なシナリオ(これを読んだみんな、このアイデアをパクるなよ!)
やばい!金持ちになっちゃうかも!\(^o^)/
とりあえず、4年近く使っている携帯電話を機種変更しちゃおうかな~。


今日は何だか疲れたな~。さ、もう寝よう(´・ω・`)
みんなもいい夢見ろよ!
あばよ!

The Hawk Is Howling

楽しみにしていたMogwaiの新譜。

素晴らしく美しくて素敵なんだけれど、聴いていたら何か悲しくなってくるんだよねー。

悲しいっつうか、もう辛くなってくんの。

とてもじゃないけれど、最後まで聴いていられないのよ;


買ったばっかだけれど、売っちゃったよ。

凄い「うおおおお!」って思う作品なんだけれどさ。
きっと「うおおお!」のベクトルが、今の自分に合っていないんだろうな。
シンクロ率400%overなんだけれど、シンクロするところを間違った…みたいな。

音楽は、時として危険なものだ。
そこが魅力でもあるんだけれどね。

haunted days

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

profile

濃紺

Author:濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search