ファッション誌の取材をガッカリさせる

♪びーまい べいびー
 びーまい べいびー
 びーまい べいびー
 びーまい べいびー

ウァワホ!(肩パット入りのジャケットと、でっかいサングラスで、モニカに感謝しつつ)

こんばんは。濃紺です。



地下街を歩いていたら、声をかけられた。

「絵なら買わないし、エステにも行かないし、海外旅行も興味ないし、キャバクラでも働きませんよ」

「いやいや^^;○○って雑誌です。ちょっと写真撮らせてもらってもいいですか?」

おお。コンビニでも見かける、わりと有名な雑誌ではないか!。
念のため、名刺をもらい、出版社と名前を確認。

「いいっすよ。でも顔が出るのはイヤだから、サングラス&帽子着用でも良いですか?」

「ええ。構いません」

地下街から、地上へ出る階段で撮影。

「どうもありがとうございました!今日のファッションについて、2、3質問宜しいですか?」

「はい。何でしょう?」

「えーと、今履いてらっしゃるリメイクジーンズ、ダメージ具合いもなかなか良い感じですが、どこのショップで購入したんですか?」



「リメイクジーンズ?…そのへんの古着屋で買って、履いていたら穴が開いたから、もう着なくなったTシャツをハサミで切って、裏側からボンドで張り付けただけです」


取材の人「…あーそうなんですか^^;、じゃ、そのジーンズに合わせたブーツ!結構ゴッツイですね!それは?」

「え?ブーツ?…無理矢理履いているけれど、これはただの長靴です。こう、裏側の金具をカチャンとやると、凍結した道路でも転ばない。何より裏地がフワフワで暖かいのが…」


取材の人「あ…長靴ですか(´・ω・`)、えーと、今日のコーディネイトなんですが、総額いくらくらいですかねえ?」

「上着は貰いものだし、中に着てるのユニクロだし…全部合わせて5000円てところですね」

「…(´・ω・`)そうですか、どうもありがとうございました。」

お土産に図書券をくれた。

しかし、雑誌に載ることは、まずないと思われる。


JUDGMENT NIGHT/V.A.

今でこそ珍しくない「オルタナ+ラップ」の源流(93年)。

ヘルメット+ハウス.オブ.ペイン、リヴィング.カラー+RUN D.M.C、スレイヤー+ICE-T、パールジャム+サイプレス.ヒル、TEEN AGE FANCLUB+DE LA SOULなどなど、とても豪華な共演!。
スポンサーサイト

誰が為に警鐘(かね)は鳴る

あ、それ♪

辛光洙(シン.グァンス)! 辛光洙!

はい!

ラッセーラー♪

らっせーらー♪



うーん!

ポーツマス!ポーツマス!

こんばんは。猫ひろし 濃紺です。



“妹”や“萌え”などのキーワードも追い風になり、現在のアイドル界は小中学生が注目を集めている。それを証明するかのように、“中学生以下オンリー”を掲げるムック『moecco(モエッコ) Vol.1』(発売:マイウェイ出版/1600円)が創刊された。


ソース

果たして、これが「芸術」でもなければ「単なるアイドル(?)写真集」だとも思えない、私の思考回路が前時代的かつ、偏見に満ち溢れたものなのだろうか?。

嗜好(性的なものも含む)は、本来自由なものであると思う。
納豆が好きな人、嫌いな人。
背脂ギトギトのラーメンを好む人、好まない人。
巨乳、微乳、フェティッシュ、同性愛。

何が正しいとか、間違っているとか、そういう話ではない。
それぞれが、それぞれのカテゴリーで、好きな道を突っ走るのが健全であると思う。


公園で無邪気に遊ぶ子供がいたとしよう。

「かわいいなー」

スクール水着で泳ぐ中学生がいたとしよう。

「かわいいなー」

さて、この2つの「かわいいなー」。
全ての人々にとって、同じ意味合いの「かわいいなー」とは限らないであろう。

子供を対象とした性犯罪は、毎年のように起こる。
最終的に、被害者が死亡する凄惨な事件も後を絶たない。

水着で微笑む少女達は『これも女優になる為のステップ』と考えているのかもしれない。

純粋に、“無垢な未成熟の肢体”のもつ美しさ(?)に、心奪われる者も当然いるであろうが、性的好奇心むき出しで、彼女等を視姦する者も、多数いるであろう。


私は思う。

「親は何考えてんだ?」と。

自分の娘が、所謂『ロリコン層』のオナニーの対象になり得る可能性のある環境に身を置くということ。

やはり撮影の朝には「○○ちゃん、頑張ってらっしゃいね!」と笑顔で送り出したのだろうか?…。


嗜好は、本来自由なものであると思う。

願わくば、こういった書籍の出版が、性犯罪者予備軍のガス抜きになる事であって欲しい。

間違っても、子供をターゲットとした性犯罪を助長させるものにはなって欲しくない。

そう強く思うのである。


Without you I'm nothing/PLACEBO

プラシーボ。バンド名の意味は「偽薬」風邪薬と渡されたビタミン剤で熱が下がる。その意味の偽薬。ボーカルのブライアンは「バイセクシャル」ベース/ギターのステファンは「ゲイ」ドラムのスティーブ「ノーマル」である。だからどうした。
中性的な声とヒステリックなギター、包容力溢れるリズム隊。
デヴィッド・ボウイが彼等を絶賛した背景に、性的なサムシングは何もないはずだと、信じてやまない。

こんな『ごきげんよう』が見たい?

部屋でこっそり「イナバウアー!」ってやった人は、正直に手を挙げて下さい。





こんばんは。濃紺です。

平日がお休みの日は、ゆっくり起きて、テレビを見ます。

お昼の定番『笑っていいとも』。
“テレビを見る”というより、“なんとなくテレビがついている感じ”。
『いいとも』と言われるものの、この番組で笑ったことはほとんどない。
自分で作る、適当な味付けの肉うどんを啜るののには、最適のBGVである。

ちょっぴりしょっぱい肉うどんをたいらげた後に、タバコをプカリとやる頃に始まるのは『ごきげんよう』である。

---昼下がり---

昼食の後の、芸能人の「どうでもいい話」はとても心地よい。
どれだけ会場が大爆笑しようが、テレビの前の自分はクスリともしない。
ただ淡々と過ぎ行く時間。2本目のタバコと、すっかり冷めてしまったコーヒー。
画面を見つめているものの、話はほとんど憶えていない。

それでもなぜ、私は『ごきげんよう』にチャンネルを合わせてしまうのだろうか?。

思うに、それはきっと刺激のなさが魅力なのである。
その雰囲気は、かき込んだ、適当な昼食を消化するのに、ちょうどいい。

仮に『ごきげんよう』が、とても刺激的な展開だったら?。
Here We Go !


小堺「さぁ!続いては長渕剛さんです!それではサイコロの方お願いします!」

長渕「せいやぁ~!!」

小堺「なにが出るかな♪なにが出るかな♪大麻を吸って捕まった話~!略して~」

「ヤクばな~」

小堺「さぁ!長渕さん、お願いします」

長渕「は、ハハハ…。冗談でしょ?」

小堺「アレェ~?ひょっとして拒否なさるんですか?しょうがない!じゃあもう一回だけサイコロ振らせてあげますよ」

長渕「せいやぁ~!!」

小堺「なにが出るかな♪なにが出るかな♪あいだみつをの詩をパクった話~!略して~」

「パクばな~」

長渕「…勘弁してください」

小堺「またですかぁ~?じゃあもう一回だけですよ!これが最後ですからね!」

長渕「せいやぁ~!」

小堺「なにが出るかな♪なにが出るかな♪ADや前妻を殴った話~!略して~」

「DV~」

長渕「…許してくれ」

小堺「…てめえ、いい加減にしろよ。何しに来たんだ?」

阿藤快「全部自業自得だろうが。なんだかなぁ~」

磯野貴理子「面白い話くらいちゃんと用意しときなさいよ。使えないわねぇ~」

長渕「…」


…面白いけれど、全然和みませんね;。

長寿番組の秘訣は、もしかしたらこの辺りにあるのかもしれません。


THE BREASTROKE /COALTAR OF THE DEEPERS

簡単に言ってしまえば『ラウドなギター・ロック』なのだが、そんな単純にはくくれない音楽性を持つコールター・オブ・ザ・ディーパーズ。
彼らの91年から98年までの作品を集めたベスト・アルバムがこれ。実験的な要素を含みつつ基本的にはポップ。

今にも消えそうなくらい細いヴォーカルと轟音ギターが不思議な空気を作り出しています。

激突…そして

まぁ、自販機が並んでいるだけなのですが。



こんばんは。濃紺です。


職場にて。

いつも開けっ放しになっている、倉庫の重い鉄製の扉が、今日は閉まっていた。

通路を曲がってすぐに位置するこの扉。
いつもの感覚で曲がる。

どごん!

鈍い音が響き渡り、鈍い痛み。

昔の漫画ならば、目は☆マークになり、頭の上に人工衛星みたいなモノが二重三重に軌道を描いているところだ。

「大丈夫っすか?」
あまりのラウドなサウンドに、心配した同僚が数名駆け寄ってくる。

大丈夫と言えば大丈夫だし、大丈夫じゃないと言えば大丈夫じゃない。

とにかく、思いっきりぶつけた頭が痛いんだセニョール&セニョリータ。
こんな時には、どう返事をしたら良いんだか、わからない。

じわじわと続く痛み。やり場のない怒り。

しかし、その怒りを他人にぶつける程、私は子供ではない。
稀に『部下にやつあたりをする上司』を見かけるが、ああいった人種は「上司として」以前に「人として」尊敬できない。

こういう時は、なるべく面白い事を言うしかない。

痛みを堪え、立ち上がった私はこう言ってやったんだ…。

「男なんてシャボン玉!」

同僚一同( ゚д゚)ポカーン ・゚・

残念ながら、職場での島田珠代さんの認知度は低いようであった。


Today-Forever-Just A Day/COCOTT

トーレ.ヨハンソン的、所謂『タンバリンスタジオ』的な楽曲と音づくり。
現在は活動休止中の模様。

倉木マイさんに楽曲を提供したこともあるらしい。
それはそれで「あ~なるほど」な感じです。

ジョッキ、缶入り

欲しい物も憧れも 初めから違うから…


こんばんは。濃紺です。






根本的に、抜本的にね。



19901108/COMPLEX

ライヴ盤。
なんだかリズムがスゲーぞ?。
と思ったら、ドラムは「そうる透」で、その横ではパーカッションの「スティーブ衛藤」がモヒカン頭で大暴れ。

血と骨

きゃ~!のび太さんのエッチ!。


こんばんは。濃紺です。



韓国人の同僚がいる。

彼がミスすると、必要以上に非難するヤツがいる。

「だからチョンはダメなんだよな~」

それが口癖の男と、最悪なことに喫煙所で一緒になった。
相変わらずの口調で、その場にいない同僚を責め立てる。

「俺の家系は○○で、さらに辿ると有名な武将だったんだぜ~」

私は、こう切り返した。

「へー。家系が武将なんだ。そりゃ凄いや。で、お前は何なんだ?」

一瞬の沈黙の後に、彼は話題をそらすかのように、韓国人の悪口を早口で捲し立てる。
「だからチョンはダメなんだよな~」

伝家の宝刀『濃紺パンチ』をお見舞いしてやろうかと思ったが、大人なのでグッと耐える。

『…なんとかしてこいつを黙らせなければ!』

そう思った私は、こう言ってやった。

「俺の家なんて、じいちゃんはシベリア抑留で、ばあちゃんはカルト宗教の教祖で、親父は黒人でお袋は在日朝鮮人で、姉ちゃんは売春婦で、弟は男娼で、俺は部落出身のホモでスカトロでアル中かつドラッグ中毒で近親相姦でHIVと淋病に感染してて精神科にも通っている身体障害者でみなしごなんだぜ!


ぐうの音も出ないとはまさにこの事。


別に私は韓国人が好きでも嫌いでもない(韓流ブームにも興味はない)。
朝鮮半島の韓国で生まれた人ってだけの話だろ。

『濃紺パンチ』は手だけじゃないのさ!。


coming down/DANIEL ASH

元BAUHAUS、LOVE AND ROCKETSのギタリスト、ダニエル.アッシュのソロ。

トゲトゲしたトーンが印象的なギタリストだが、このソロアルバムの楽曲を聴くと、意外とコンテンポラリーなものも好きな人なのかもしれない。

鼻の男

いやぁ。

確かにここ2、3日暖かいけれどさ、



それは張りきりすぎかもしれないね。
もしかしたらしゃかりきコロンブスとは、こういう事なのかもしれません。

でも寒い時にアイスコーヒーというのも、なかなかオツかもね。



こんばんは。濃紺です。



 ドアのすき間からにおいをかぎ、香水のにおいなどで女性の部屋を特定して空き巣狙いを繰り返したとして、神奈川県警捜査3課などは21日、住所不定、無職、城田誠一被告(46)=常習累犯窃盗罪などで起訴=を同容疑で横浜地検に追送検した。同課は、城田容疑者が昨年2月から約1年間に、横浜、川崎市を中心に約200件の空き巣を重ね、ブランド品など約6000万円を盗んだとみて追及している。

 調べでは、城田容疑者は昨年12月9日午後7時40分~同8時10分ごろ、川崎市川崎区小川町のビルに侵入。無職の女性(29)宅と飲食店アルバイトの女性(30)宅にバールを使って入り、現金やブランド品の腕時計、バッグなど計約365万円相当を盗んだ疑い。
城田容疑者は、夜にスナックなどの飲食店に勤める女性を主なターゲットにしていたとみられ、繁華街のマンションで盗みを繰り返した。
女性が住む部屋は、ドアのすき間から漏れる香水のにおいや郵便受けの名前などで判断していた。
女性が出勤後の午後8時ごろから活動することが多く、捜査員は「夜の帝王」とも呼んでいたという。盗んだブランド品や貴金属は質店で換金していた。


ソース



人間の能力というか、その人個人の才能は凄いものですな。

試しに、ドアの隙間から、自分の部屋のにおいを嗅いでみたのですが、さっぱりわかりませんでしたよ(そもそもドアに隙間なんて、ほぼないよね!)。

間違った方向に行かなければ、この容疑者も一流のソムリエになれたのかもしれません。

『女性のにおい』はわかっても、『捜査の手が迫るにおい』は、嗅ぎ付けられなかったということですね(スポーツ新聞的オチ)。


hillsパン工場cafe vol.1/V.A.

久々のジャケ買い。
大阪は北堀江にあるhillsパン工場cafeは、レコードレーベル「GIZA」が、自社ビルで展開しているNY風べ-カリーカフェ。
そこでプレイされている全曲オリジナルのサウンドトラック(それも凄い話だね^^;)をコンパイルした一枚。
ナテュラルでオーガニックなエレクトロは、時にグルーヴィーなんだけれど、決してうるさくはない。
リラックスできる『…しながらミュージック』て、よく聴くと結構難しい。
…もともと聴き込む為の音楽ではないのだけれど(笑。

the sun is my enemy

ロッテのスペアミントガムとコーヒーガムの復刻版が出ていて、最近こればかり噛んでいます。

心なしか、タバコの本数が減ったような(加護ちゃんにもオススメ!)。


こんばんは。濃紺です。



目覚ましが鳴る、随分前に目覚めた。
思いきってベッドを出てみる。

部屋の中はあまり寒くない。

「そういや、昨日の天気予報で、明日の朝は暖かいって言っていたっけ」

薄いコーヒーを飲み干した午前6時前。
タバコを買いに外へ出る。

まだストックは2箱あるのだけれど…。


月は朝日に打ち消される前の、最後の輝きを必死に放っている。

いじめられている時に、ニヤニヤ笑う、中学時代の同級生の顔を思い出した。
あまり彼の事は知らなかった。


彼の存在をすっかり忘れていた頃に、彼が死んだという話を聞いた。

大学受験に失敗した彼は、中学時代に通っていた塾が入っているビルの非常階段から身を投げたそうだ。

なぜ彼は「そこ」を選んだのか?。
大学受験の失敗は、あくまでも『きっかけ』でしかなかったのかもしれない。

彼は時間を巻き戻す術は知らなかったが、時間を止める術を知っていたのだろう。



いつもより少しだけ、やわらかくて暖かい空気を吸い込むと、春の味がした。

別に花の良い香りがする訳ではない。

ホコリのような、雨上がりのアスファルトのような、エアコンのフィルターのような…そんな匂いがする。

この街に来て、もう何度この匂いを嗅いだだろう?。


希望に満ちあふれていた、初めての北海道の春。

あれからもう十何年かの年月が過ぎた。

時に堕落し、何かに溺れ、惰性に身を任せてきた感も、正直ある。

「何とかなるさ」で、何とかなったこともあれば、いまだに夢にみるような大後悔もある。

家から3番目に近い自動販売機で、タバコと缶コーヒーを買った頃、朝日が昇ってきた。

公園のベンチに腰掛けて、暫くこの「ショウ」を見ていたい気分だったのだが、残念ながらベンチは雪に埋まっており、見つけることすらできなかった。


缶コーヒーを一気に飲み干した後、買ったばかりのタバコに火をつけようとしてやめた。

そして、もう一度、(決して良い香りではない)春の(予感がする?)空気を思いっきり吸い込んで、家路を急いだ。

私はこの先、あと何度、無条件にテンションを上げさせるこの匂いに突き動かされるのだろうか?。

月はすっかり消えていた。


THE FIRST QUESTION AWARD /CORNELIUS

近頃は実験的な音楽に傾倒しているコーネリアスだが、この1stアルバムは、フリッパーズギターを彷佛とさせる、雑多なポップ感。

在るはずのない完璧な虹に映るという新しいパラダイムは、もしかしたらずっと見えないのかもしれない。

意気込み

理想の上司:ランバ・ラル


こんばんは。濃紺です。



凄い車を見つけたよ!











? SVOC ? SVOO ?



誰が?
君が?
何に?
誰に?
どこに?

…よくわかりませんが、せいぜい頑張って下さい。


サファイアの星/東京スカパラダイスオーケストラ

「歌モノ・3部作」を再び掲げたスカパラ。
第1弾のゲスト・ヴォーカルにハナレグミ(永積タカシ)を迎えましたが、第2弾となる今作では、ゲスト・ヴォーカリストとして、このシリーズ初の女性ヴォーカリストとしてCharaを迎えております!。


「あのメール」と悪魔の証明

皆さんは「悪魔の証明」という言葉を御存知でしょうか?。

悪魔の証明とは、「ある事実・現象が『全くない(なかった)』」というような、それを証明することが非常に困難な命題を証明すること。

例えば「アイルランドに蛇はいる」ということを証明するとしたら、アイルランドで蛇を一匹捕まえて来ればよいが、「アイルランドに蛇はいない」ということの証明はアイルランド全土を探査しなくてはならないので非常に困難、事実上不可能であるというような場合、これを悪魔の証明といいます。

今夜はそれを踏まえた上で、このお話を聞いて頂きたいと思います。

こんばんは。古畑任三郎 濃紺です。

---オープニング.テーマ省略---


ややこしい言い回しになりますが、もう一度整理してみましょう。

「有る事の証明」は証拠を提示するだけで終わるが、「無い事の証明」はそもそも『有る証拠が無い』という主張なので証拠の提示はできない。

故に、立証責任は「有る」と主張する側に科せられる。「有る事の証明」ができなければ無いものと見なされる。

「無い」と主張する側は「有る」と主張する側の矛盾点を指摘するだけで良い。

これに対し「有る」と主張する側は証拠を提示しなければならない。




では、この画像をクリックして拡大してみましょう。

いくつか不自然な点がありますね。


シークレット→シ─クレット
口座→ロ座

そして最後の署名の『堀』の『へん』がなぜ黒塗りにされているのか?。。。



ん~っふっふっふ……
私もパソコンというものには慣れていないのですが~、ちょっと今泉くんやってみて。

今泉「カタカタ・・・あれ~古畑さんATOKでは(ー)を変換しても(─)にはならないですよ!」

西園寺「どういうことですか?、古畑さん」

古畑「はい~、つまりこれを書いた人物は(けいせん)と打ち込んでから変換して(─)にしているんです~。どうしてわざわざそんなことをしたのでしょう。え~、考えられるのは・・・」

掘「待ってくださいよ、古畑さん。いくらなんでも僕がこんな杜撰な小細工をするわけないでしょう?」

古畑「ええ、私もあなたがそこまでまぬけだとは思いません~ん~ふっふっ。オーシーアールです。西園寺くん」

西園寺「OCRとは手書きの文字を読み取ってデジタル化する機械のことですね、古畑さん」

古畑「はい~、このメールを入手した人物は時間がなかった。そこで慌ててOCRで取り込んだんです~。だから、(ー)が(─)になり、(口)が(ロ)になった~。口座をロ座なんてどうやって変換できるんですか~ん~ふっふっ。

堀の『へん』が塗りつぶされているのは、OCRが『掘』を『崛』とでも認識してしまったのでしょう。そこで情報提供者は、へんを黒塗りにしなければならなかった。

文書偽造ではなく、OCR、これがこの事件のカギです~」



衝撃の解決編は休み明けの小泉劇場でオンエアの予定。
乞う!御期待。

以上、古畑任三郎 濃紺でした。


警部補 古畑任三郎 サウンドトラック Vol.2


三谷幸喜脚本、田村正和主演のミステリー・ドラマ『古畑任三郎』のサウンドトラック第2弾。

名場面の数々が鮮やかによみがえる1枚。

「電気用品安全法」に異議アリ!

サレンダー。
真夜中のメロディーが乾いた胸に響きわたる。


こんばんは。濃紺です。



さて、マスコミでは一向に報道されていない、一つの法案があります。

その名も電気用品安全法

実は私、濃紺、ここ数週間、微力ながらもこの横暴でしかない法案を阻止すべく、web上において、様々なサイトへ出向いたり、お固い政府機関にドキドキしながらメールを出してみるという地下活動をしておりました。

…しかし私ごときに何ができるわけでもなく。

ちょっと凹んでいたところに朗報が!。

この度、坂本龍一さん、高中正義さん、椎名和夫さん、松武秀樹さんが発起人となった電子署名運動が展開されることになったので、ここにお知らせ致します。

2006年4月1日より経済産業省が完全施行する電気用品安全法に対する、音楽家や録音スタジオ、コンサート音響機器業者、音楽愛好家、楽器販売店へこの法案の規制緩和(規程変更)の同意を求める署名運動を起こします。

この法案は「日本の文化・芸術」にとって、大変憂慮すべき事態と認識しており、JSPA HP http://www.jspa.gr.jp にて署名運動を開始しました

皆様の御理解と御協力を宜しくお願いいたします。
この署名運動は2006年2月18日(土)00:00より開始いたします。


えーと…ですね。

「署名をしろ!」って事じゃなくて、知らん間にこんな法案が完全施行されようとしている事が驚異な訳ですよ。

で、この記事を(偶然にでも)見たそこのあなた!。

あなたの周りにバンドやってたり、音楽好きな友達が一人や二人いるでしょう?。
そのお友達に、「こんな事があるらしいよ」って教えてあげて下さい。

それだけ、宜しくお願いします。マジでマジで。

白い恋人チョコレートドリンク

>N田議員

「VIPでやれ」

こんばんは。濃紺です。


北海道のお土産と言えば、『白い恋人』が有名だとは思うのですが、この『白い恋人チョコレートドリンク』を御存知だろうか?。



先程初めて飲んだのですが、飲んでいる側から太りそうな一品でございます!。

機会があれば是非!。


ババアゾーン

今までに観た映画の中で、1.2を争う下らなさ!。
でも、こういう映画はなくなって欲しくはありません(笑)。
漫☆(F)画太郎×山口雄大 「地獄甲子園」 のゴールデンコンビが放つ、爆笑激烈短編集。
反復的手法はテクノ的エクスタシー。

ロックミュージシャン「ハデー・ヘンドリック」を演じる温水洋一の怪演がMVP(次点:ピエール瀧、森三中の村上)。

暇で暇で仕方ない時に御覧下さい。

モデルさん

ガンダムのゲームに夢中になっていたら、すっかり深夜です;。
無事にクリアできたので、まぁ良いかということにしておきます。

こんばんは。濃紺です。


さて、白熱している(?)トリノ五輪ですが、ルールがイマイチ解らないまま観戦していた『カーリング』から一夜明け、昨夜は『スノーボードクロス』という競技がオンエアされていました。

これは面白い!。

今夜は女子のレースがあるそうなので、未見の方は是非!。

やはり『スピード感』というのは、ウィンター.スポーツの醍醐味ですね。
見ていて気持ち良い。

いやー!スノーボーダー!カッコイイですね~。
一流のスノーボーダーなんか、合コン行ったらモテまくりなんだろうな~。

合コンと言えば、花形なのが『モデルさん』。

「今日はモデルの子が来るらしいよ」

「マジでー!!??」





この仕事が、彼女の「過去恥部」となり、後の「お宝画像」となる可能性も十分あるわけで。
下積み時代ってのは、どんな世界でも大事な経験となる事でしょう。

さて、現在は合コンをすっかり引退した私ではありますが、若き日に参加した合コンにおいて、モデルさんが参加した事がありました!。



『手タレ』の女性の手は、やっぱりキレイでした。



Slow Music Style~Brazilian Love Affair/V.A.

大人のためのコンフォタブルを満たすジャズ、ブラジリアンのクラシックスとフレッシュネスをたっぷり詰め込んだ傑作コンピレーション。
シャカタクによるジョージ・デュークの大ヒット名曲カヴァー「Brazilian Love Affair」他収録。

ドキッ!まさかのAV上映会

どうも気持ちがスッキリしない夜なので、近所の公園で大暴れ(ジャングルジムから雪山にダイヴとか)してきたぜ!。

こちらが私の『憂鬱の墓標』。

制作時間2秒(落ちていた木材を雪山に突き刺しただけ)。

(´・ω・`)ナムナム…。


こんばんは。濃紺です。


福岡県筑後市の県警筑後自動車運転免許試験場(徳永政治場長)で1月、県交通安全協会の男性職員(68)が免許更新の講習中に誤ってアダルトビデオを流していたことが分かった。

試験場を管理する県警運転免許試験課は「信じられない話で恥ずかしい限り。再発防止に努めたい」と話している。

県警によると、1月15日午前9時半から始まった違反者講習で、講師の男性職員が啓発ビデオを流そうとしたところ、アダルトビデオの映像が流れ、数秒後に本来の啓発ビデオに切り替わった。

約1600人が訪れ、九つの教室すべてで講習が開かれていた。啓発ビデオが足りなくなったため職員が持ち合わせていたテープにダビングしたという。テープにはわいせつな映像が収録されており、完全に重ね撮りできなかったらしい。


ソース

近年稀に見る、心暖まるニュースですね。

ビデオデッキによって、巻き戻し時の『あそび』部分の長さが違うのが原因かと思われます。

…しかし『持ち合わせていたテープ』がAVって、一体どういう状況なのよ!。
少なくとも持ち歩く物ではないと思うのだが。。。

更に気になる点としては、それがどんなAVだったのか?ってこと。
ハードなフェチ物やグログロなスカトロだったら、殺傷能力絶大ですね!。

そういや随分とAVは見ていないなぁ。
久々に今度借りに行こう。


J.A.M/JUDY AND MARY

何かの映画のCFで「blue tears」がかかっていました。主題歌なのかな?。

で、唯一所有しているのがこのメジャーデビューアルバム。
デビュー時のライヴを見た事があるのですが、あんなにもブレイクするとは。

解散時にはバンドのパワーバランスが崩壊していた印象があるのですが、初期の作曲者であるベースの恩田氏のポップセンスは素晴らしいなと。

え?またベストアルバムが出るの?。

「妖怪人間ベム」復活のお知らせ

ミスった時の咄嗟の一言。

「アフリカでは よくあること」

こんばんは。濃紺です。



特報!

「妖怪人間ベム」完全新作 放送決定!
新たな舞台で妖怪人間ベム・ベラ・ベロの3人が活躍します。
(アニマックスにて、2006年4月1日より、毎週土曜日夜7時~7時30分放送予定)
※公式ホームページは、3/1(水)リニューアルオープン予定!今しばらくお待ち下さい!


ソース

「ベラの鞭は痛いよっ!」
「誰の鞭でも痛いわ!」

というネタが、ダウンタウンの昔の漫才にありましたが、それはさておき。


私が子供の頃は、「これでもか」とばかりにしつこく 何度も再放送されていた「妖怪人間ベム」。
しかし、ここ暫く見ていませんな。

札幌では10年程前に、深夜にオンエアしていた記憶がありますが、いかんせん差別用語(という名の言葉狩り)連発で、音声が途切れ途切れだったのを憶えています。

さて、ベムを知っているリアルタイム世代の方、私のように再放送で知っている方はともかく、名前は知っているけれど見た事がないという若い世代の方の為に、「妖怪人間ベム」の毎回の『お約束』な流れをまとめてみたので、何となく雰囲気を掴んで頂きたい次第です。

主人公はベム、ベラ、ベロの妖怪人間です。

オープニングナレーション

三人が新しい街に到着

ベロが街の子供と仲良くなる
「えへへ。オイラはベロっていうんだ。怪しい者じゃないぜ!」

その子に妖怪絡みの事件が

妖怪出現ベロピンチ

高笑いと共にベラ姐さん(ドS)登場

しかし次第に劣勢に

ここ一番でベム到着

ベム妖怪モードに変身。ヤリで一突き

一件落着

平和に喜ぶベロと子供、だが子供がベロの指に気づく

子供(゜Д゜;)…指が3本しかない!

ベロ(´・ω・`)

三人街を去る


…若干強引ではありますが、シチュエーションはその都度若干異なるものの、まぁ大体毎回こんな流れです。
「男はつらいよ」とか「水戸黄門」とか「ジャッキー.チェンの○○拳」あたりが持つバリエーションと考えて頂いて結構です。

憶測の域を出ないのですが、この物語には、部落差別、在日朝鮮人差別、また身障者差別へのアゲインストという背景があるようにも思えます。

「バリアフリー」とか「グローバリゼーション」なんて言葉がすっかり浸透した現代において、『妖怪人間』がどのような活躍をするのか、注目したいところです。

ツルンとしたキレイなCGじゃなくて、あくまで粗い感じの『セル画』でやって頂きたいところです。


Doubt/Jesus Jones

『ダンス(テクノ)とロックの融合』なんてキャッチフレーズも、今ではとてつもなく懐かしい気もしますが、そろそろ再評価されても良い頃ではないかと。

希望の轍

そういや今日はバレンタイン。

こんばんは。濃紺です。

幸せな人も、そうでもない人も、いたって普通な日の人も。

たまにはチョコレートなんか食べてみるのも良いんじゃない?。

SHINJO

「濃紺さん、俺、今日車で来ているんで、良かったら帰りは送りますよ」

「おぉ~!悪いね、それじゃあ、お言葉に甘えさせて頂きます!」

車内ではボン.ジョヴィがガンガン鳴り響いていた。

…いや、別にボン.ジョヴィは好きでも嫌いでもないんだけれどさ。

信号待ちでの皆様の熱視線に、ちょっと火傷しただけさ。

おはようございます。濃紺です。


んー。

トリノ五輪(何だかんだ言って、結構見ている)、日本選手はなかなかメダルに届きませんなぁ。
スピードスケート男子五百メートルには期待していたのですが…。

元来熱心な五輪watcherではないのですが、どうせなら、めでたいニュースが聞きたい訳ですよ!。

…思わず長野五輪の思い出に浸ってしまいましたよ。



…。



…;。


なんだか湿っぽくなってしまいましたね。



面白いオチが何も思い付かないので、本日はこんな画像でお茶を濁したいと思います。

クリックし、拡大してお楽しみ下さい。




それでは 又!。

クロスロード~best of bon jovi/ボン.ジョヴィ

折角なんで借りてみた。
そういやボン.ジョヴィって『Bad Medicine』しか知らないや。

Voのジョン.ボン.ジョヴィがリーダーで、バンド名が『ボン.ジョヴィ』ってスゲーな!。
…なんて思ったのですが、日本で言えば『甲斐バンド』みたいなものかしら?。

ラップも頑張れ!今井メロ

真冬の夕方の空って、ちょっぴり切ないよね。


こんばんは。濃紺です。

私はスキーもスケートもスノーボードも全く出来ないので、テレビに映し出される華麗な演技の数々に、ただただアホ面で感心するばかりでございます。

しかし!

コレヒド凄い!。

…若さって、時に残酷な程まぶしいよね。

えーと…

ドンマイ!

やっぱりラップってのはこうでないとね!。

日本選手団の皆さん、頑張って下さい。


ああ。今日も寒いなぁ。
それでは私は、バスタブにお湯ためながら、安藤裕子さんの歌声に癒されるとしましょうか。

Merry Andrew/安藤裕子

CMタイアップ曲の「のうぜんかつら」が話題の安藤裕子の2nd。
ソウルフルな『歌い上げDIVAブーム』も、いつのまにか一段落(SILVAとか小柳ゆきとかどこいっちゃったの?)、非肉感的セクシーな女性アーティストの中では、頭ひとつ抜け出た楽曲のクオリティー。
でも「のうぜんかつら」はCoccoが歌ってもハマりそうな。。。

50年前の宇宙人

君たち!キウイパパイヤマンゴーだね!

こんばんは。濃紺です。


いよいよトリノ五輪開幕ということで、テレビをつけると、その話題でもちきりです。

ちょうど今も、松岡修造が吠えていますが、修造が熱く吠えれば吠える程、冷静に応援したくなるのは私だけでしょうか?。


さて、ちょっと面白そうなDVDを見つけましたよ。


その名も

『宇宙人東京に現る』

1956年の作品で、日本初のカラーSF映画らしいです。




■あらすじ■

連日、世界中に現れる謎の飛行物体の目撃が相次ぎます。
学者や国連はその正体を巡って大騒ぎになっています。

彼等の正体は、遠く離れたパイラ星から地球の原水爆技術に警告を促す為、友好目的で来訪したパイラ人でした。

そして、唯一核の被害国「日本」に上陸を果たすのですが、友好どころか恐れをなす日本人に戸惑ったパイラ人は、リサーチした理想の美人「天野銀子」として地球人に成りすまし原水爆以上の破壊力をもつウリウム101爆弾は危険と科学者の理論研究の停止を訴えます。

さらに友好の情報として「新天体Rが地球に衝突する」と伝えます。
すわ一大事!!近づく天体に慌てる地球人。たのみの原水爆も歯が立ちません。
あとは理論のみのウリウム101ですが地球の技術ではとても出来ません。
研究停止を訴えたパイラ人ですが急遽その優れた技術により爆弾を完成!!地球は衝突間近で救われます。



真!ムーミンH.HOUSEから抜粋■

ん~。
すごいシナリオだ。
1956年と言えば、まだリアルに戦後だろうし、『原爆』『水爆』なんてキーワードは、きっと今よりもっと生々しかったのだろうなぁ。
当時の時代背景も踏まえた上で観てみると、なかなか興味深い作品かもしれません。

しかし、何と言っても最大の見どころは、

『星形ボディにひとつ目』のパイラ星人の造型美ですな!。

これは…いたいけな少年少女にはトラウマものでしょう。



調べてみると、なんとデザインが、あの岡本太郎だと判明。
これには納得です。

芸術は爆発だー!。


rigolo/Henri Salvadol

世界で一番ハッピーでラヴリーなじいさんはフランスにいた!、アンリ.サルバドール初期の名曲珍曲集。
軽快なロックンロール『ブリ.ブリ』では大統領をコキおろし、明らかにJ.B.の「セックス.マシーン」とアニメ「バットマン」のテーマをくっつけただけの『セックスマン』では、安っぽいリズムボックスを高速でプレイ!もちろん歌詞はエロい!。一曲まるまる「笑っているだけ」の『笑いのフーガ』と、そのエスプリぶりは破壊的パワー。

2003年には、小野リサさんのアルバム「Dans mon ile」に突如参加。
1917年生まれ、いまだ現役です(すげー!)。

New Order ニューヨークでダサいテクノと評価を受ける


マンハッタンのトップ・ジャーナリスト Trish Romano が、先週発売された Village Voice において、New Order のPeter Hook のニューヨークでのセットを
「すくみ上がるほど最悪なセット。これほどダサいテクノは聴いたことがない」と酷評した。



ソース

そもそも今のNew Orderがテクノかどうか?。

それ自体微妙なところではあるのですが、最初から、あの『ダサさ』が彼等の最高の魅力かと。

「シーケンサー買ったぜ!取りあえず16分でバスドラ打ち込んでみたぜ!」

な、ブルーマンデーのイントロは最高にカッコイイと思うんだけれどなぁ~。


The best of New Order/New Order

何だかんだ言っても、ニューオーダーとジーザスジョーンズは憎めないのです。

今年はコレでしょ!

あんかけトースト!

こんばんは。濃紺です。


ふぉー!




大人(アダルト)/東京事変

いつのまにかメンバーチェンジしていた、新生東京事変。

ジャケットをめくると、良い香りが!。

ブランド至上主義への警告

かーめーはーめーー!!

こんばんは。濃紺です。



先日ひざ掛けに、タバコの火種を落としてしまい、穴を開けてしまいました。

他にも食べこぼしやコーヒーの染みなんかも良い塩梅で付着しており、なかなかの風格&ヴィンテージ感を醸し出していたので、良い機会だと思い、新しいひざ掛けを買いに行きました。

売り場にて、一際異彩を放つ一品あり…。





…あっぱれです。

しかし、仮に本家ルイ.ヴィトンがひざ掛けを製造販売していたとしても、暖かさはあまり変わらないのでしょう。

コピー商品にすらなっていないこの品の制作者が放つ、強烈なメッセージには、ある種のシンパシーを感じてみたり。

でも、さすがにコレは買いませんでしたけれどね。


HELL AWAITS/SLAYER

寒い夜だから…暑苦しいスラッシュメタルはいかが?。


フィギュア萌え族

ガムを噛みながら、おにぎり。

こんばんは。濃紺です。



伊豆諸島の鳥島(東京都)に生息する国の天然記念物・アホウドリの「デコちゃん」(雄・推定年齢13歳)が、島営巣地内に設置されたプラスチック製の実物大模型「デコイNo22」を本物の雌と思い込み、約9年間も求愛行為をしていたことが5日、山階鳥類研究所(我孫子市高野山)研究チーム主任の佐藤文男研究員(53)によって確認された。
「No22」は5月に撤去される予定で、デコちゃんの熱愛は“実らぬ恋”として終結する。

デコちゃんは毎年11月の産卵時期に帰島。
必ず「No22」の元に現れては、愛の巣作りと求愛行為を行っていたことが送信画像と現地調査で確認された。
雌の模型は他に92個あったが、デコちゃんが寄り添うのはいつも「No22」。
別の雄アホウドリが「No22」に近付いて求愛ダンスした時、激しく威嚇する“悲姿”もあったという。


記事全文


相手が模型とはいえ、約9年間も思い続けるのは、ある意味立派な愛ですな。

ベタベタな脚色を施し、感動的なアニメとして映像化希望。


50回転ズのギャー/ザ.50回転ズ

大阪のガレージロックバンドです。

久々の大物登場の予感。


雪まつり前日

マックシェイク カレー味!

こんばんは。濃紺です。


さて、本日は札幌市の中心部、『大通り公園』を通りがかったのですが、そういや明日から、お馴染みの、札幌雪まつりが開催されるようです。
日曜日の本日は、フライングで雪像を楽しむ人々で、大通り公園はそこそこ賑わっておりました。

日曜日とはいえ、この季節は皆様もれなく地下街に非難しているので、ここにこんなに沢山の人がいるのを見るのは、久し振りです。

どれどれ。

おおー!でかい!
わはは。何だこりゃ?。

沢山の雪や氷で作られた建物や有名人、アニメのキャラクターが整列しております。

例えば…



しかし…


何だかよくわからんなぁ?。



あっ。

そうか。

昨日の札幌は、大雪でした。

新千歳空港を発着する航空機の、およそ8割が欠航した事を例に出せば、その大雪っぷりが少しでも伝わるでしょうか。

つまり、完成した雪像に、激しく雪が降り積もり、その原形がよくわからない状態。

もうゴルフの宮里愛だかバイキンマンだかよくわからない状態です。

よく見ると、自衛隊員が、雪で出来た巨大なお城(?)に降り積もった雪を下ろしています。

「うわぁー大変だなぁ。本当にご苦労様です。」
と思う一方、

「どうせなら、明らかに市民生活に支障をきたしている、新潟の豪雪地帯に行ってやれよ」
と思ってしまうのでした。

まぁ、それでも札幌雪まつり、時間があったら、行ってみようかな(出店目当て)。


UNDER THE SUN/UP-BEAT

プロデューサーに佐久間正英を迎えたUP-BEATの4枚目です。
15年振り位に聴いております。

この骨太ビートロックぶりは、当時の空気感を存分に吸っていますが、もし彼らが出てくる時期がもうちょっと早かったら?もしくは、もうちょっと遅かったら?。
商業的に華々しかったバンドではないかもしれませんが(ボーカルのルックスの良さが裏目に出た感も?)、曲も良いし、かっこいいバンドです。

一度でいいから乗ってみたい

この歳になって、あんなにエッチな夢を見るとは思わなかったよ…。

こんばんは。濃紺です。



いや~、札幌市!。

どうでもいいけれど、雪降り過ぎ


除雪車を見ると、ガンタンクを思い出すのは私だけでしょうか?。

きっと近頃プレステ2でガンダムのゲームをやっているせいでしょう。

■参考サイト■
カーグラフィックTV風ガンタンク
caution! 音声あり


機動戦士ガンダム 一年戦争

現在ジャブローで足止めをくらっております。

シャアのズゴック、動き速すぎ;。

大木大助、北海道の節分を語る

口から胃袋を出して、裏返しにしてきれいに洗ってみたい今日この頃。

こんばんは。本格的に胃の調子が悪い濃紺です。

先程Googleにて、キーワード『胃潰瘍』で検索する程の弱腰30代でございます。。。

ヘイ!ドクター!

…仮に俺がガンだとしても、絶対に告知するんじゃねえぞ!

かつては川浜一のワルと恐れられたこの俺だけどよぉ…。

俺はめちゃくちゃ怖がりなんだ。

そこんとこ頼むぜイソップ!!。


もちろん鬼も怖いから、ちゃんと豆もまくぜ。

え?

一人ぼっちの豆まきが寂しくないかって?。


「♪風は~独り~で吹いて~いる、 ♪月は~独り~で照って~いる…」

何か変な演歌を歌いながら、入学式の日に上級生グループをボコボコにした、俺のエピソードを知らないの?

寂しくなんかないぜ!。
俺は天涯孤独よぉ。


…あ、そうだ、北海道の豆まきは落花生なんだぜ。知ってた?。

校長先生よぉ~!。

道民の合理主義を感じるってもんだよなぁ。

だって豆まきの後で、部屋に散らばった豆も、無駄なく食えるんだぜ。

でも、胃の調子が悪いから、今年は歳の数だけ豆を食うのはやめたんだぜ!。

…もう、薬飲んで寝るぜ;。


VITAMIN/電気グルーヴ

学校ないし 家庭もないし

暇じゃないし カーテンもないし

花を入れる花瓶もないし

嫌じゃないし カッコつかないし

NEWSバトルロワイヤル

ボビー.オロゴンが年下だと思っていたら、結構年上だった事に対する違和感。

こんばんは。濃紺です。



人気男性グループ「NEWS」で、新たに未成年メンバー1人が芸能活動を自粛することになった。このメンバーが飲酒していたとする内容が一部で報じられ、所属先のジャニーズ事務所は31日、「誤解を招く行動を起こした」として自粛処分を決めた。NEWSは昨年7月にも別の未成年メンバーが飲酒騒動を起こし、現在も謹慎している。

記事全文

だんだん人数が少なくなっていく『NEWS』のメンバー(昨夏の菊間アナとの飲酒の件もNEWSでしたよね?)ですが、
わたくし濃紺、良いアイデアを思いつきました!。

「最終的には、この生き残りゲームを勝ち抜いたボーカルとギターの2人組になればいいんじゃねぇの?」

そんな荒涼としたシステムから勝ち上がった2人。
黙っていても放たれる、少年の哀愁(ルックスもいいやね)。
所属事務所の豊富な資金力と、絶大なマスメディアへの圧力で、イメージ戦略もお手のものでしょう。


さしあたって、NEWSのメンバーは、全員今すぐTOKIOのリーダーにギターを習え

で、ポストB'zとして、ヒットチャート席巻!。

もうロッキンオン.ジャパンも黙殺できぬ程の社会現象に。
待望のファーストアルバムは、プロデューサーに向井秀徳(ZAZEN BOYS、元ナンバーガール)を迎え、肛門がヒリヒリするような質感のザラついたロックンロールを展開。

満場一致の支持を背景に出演するフジロックフェスティバルのバックステージでは、来日中のスリップノットのメンバー、及びオアシスのギャラガー兄弟をボコボコに。

この時の武闘派ぶりが評価され、大晦日のK1のリングへ。
元横綱、曙との、変則2対1デスマッチ実現。
やや苦戦するものの、見事な勝利をおさめる。

年明けには、自らのキャラクターを冠とした『パチスロNEWSくん』『CR!NEWS物語』が待望の登場。ことジャニーズに関しては、金に糸目をつけぬ腐女子層が、連日ホールに繰り出す珍現象が起こる。その裏で、大手消費者金融業の業績が軒並みアップ。

『某巨大な力』がますます増大するも、連鎖的に国民生活における消費傾向が強まり、企業も新たな需要確保。雇用も促進。設備投資増強。公共事業ガンガン。ついでにNHKを外資系企業に売却。

livedoorショックも忘れさせる程のスピードで、めでたく日本の景気回復。

うーむ…我ながら完璧なシナリオだ。

某サイトによると、さらに酔っぱらって、カラオケボックスでフェ○○オを堪能なんて限り無く黒に近いグレーの情報もあるようですが、そこは見逃してあげましょうよ!。
密室にプライバシーがなくなるのは、誰だってキツいでしょう?。

私だって、若き日には居酒屋のトイレで(ry

…いや~…しかし『若さ』って本当にまぶしいですよね!。

だからNEWSの○野メンバー!、きっといつか笑って話せる日がくるから、その日までお元気で!。


森の掟/上田 現

いつのまにかレピッシュを脱退していたかと思えば、『元ちとせ』のプロデューサーとして、彼女をチャートに送り込んだのには驚きな上田現さんの2ndソロアルバム。

この人の「風景の切り取り方→効果的な言葉への変換」は、天才的です。
そういや個性派揃いのレピッシュの中でも、一番インテリっぽかったもんなぁ。

分類bone

♪I wanna be a pop star
君をもっと夢中にさせてあげるからね♪

こんばんは。濃紺です。


中古CDショップにて。


♪キラキラのpop star
羽根を広げ 魔法をかけてあげよう 君だけに~♪



あれ…?




確かに平井堅とスティービー.サラスの顔の造りは同じ系統なんだけれど、何をどう間違ったら、このような事態が起きるのだろう?。

忙しい店員さんが、ジャケットを一瞥。

「えーと、これは平井堅…っと」

間違いない。
寧ろ、そうであって欲しい。


get the glory/...ING PLOJECT

本日購入した『怪盤』はこちら(EMIからリリースされているのに、amazonにもないなんて^^;)!。
日本のパンクロックの雄、『ラフィン.ノーズ』の楽曲を、なぜかジャズ.シーンのミュージシャンがアレンジ→演奏してしまうという、「何だこりゃ?」な一枚。

しかもアルトサックスに梅津和時(ドクトル梅津の名で、RCサクセションにも参加)のクレジットを発見。

全くもって謎の一枚である。

haunted days

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search