ノー・コントロール

What do you call that noise ?

間違いさがし  

3日目『カレーうどん』

こんばんは。濃紺です。

「まだまだ行けるゼ!RIGHT?」(氷室京介口調)。



乗り捨てられた放置自転車に、あの日の自分を重ね合わせて、手のひらにジワリと滲んだ汗を握りしめて。








JUST A HERO/BOφWY
「ほんの4マルクだけの夢」とか「リアルなデモクラシー」とか「プロレタリアの微笑み」とか「レフトハンドのメイクラヴ」の正体が解らぬまま、label of complexは永久機関の様相。
「マーマレードな恋だから、フェミニストのままじゃいられない」ってことですよ!。
スポンサーサイト

作りたてのカレーライスと財布の紐  

スーパーの前で、犬が落ちているパンを、当たり前に食べていました。

こんばんは。濃紺です。
何事も恐れずにチャレンジする精神は、見習うべきかもしれません。


本日は待ちに待った給料日。
毎月「今日ぐらいは…」と贅沢してしまいがちな危険な日です。

しかし!今月の私は違うのです。
それというのも、昨夜「来月、友人の結婚式がある」という事実を思い出したからであります。

北海道の結婚式は、出席者一定額の『会費制』が定着しているのですが、常日頃この新婚夫婦にはお世話になっているので、「やはりいくらか包んだろう!」という心意気でございます。

『いつもよりも出費がある=今月ピンチ』という公式は明らかなので、「早目早目の対応を」という作戦です。
まずは向こう3日間の晩飯を、本日作ったカレーライスで乗り切ろうと思います。

鶏肉、タマネギ、ジャガイモ、人参、ほうれん草。

カレーはよっぽどのことをしない限り失敗しないのが嬉しいです。
夜中に小腹が空いたときに、ちょっとだけ食べるのも美味しい。





ハチミツ/スピッツ
カレーを作りながら聴いていた(歌っていた)一枚。
耳障りの良い楽曲と普遍的な言葉。なんでもない日常の描写の影に隠れたダークサイドを聴き逃しちゃあいけません。「なんでもない日」なんて誰にもなくて、きっとみんな無意識に、いつも何かを考えたり感じたりしているんだよな。

material girl  

突然降り出した雨で、髪の毛に塗りたくったワックスが、かなりイヤな感じでドロドロになりました。

こんばんは。濃紺です。

『水に溶ける素材で出来た水着を纏ったお姉さんを水鉄砲で撃ちまくりたい』という、歪んだ欲望を、今夜あなたにカミングアウト!。



仕事帰り、街をブラブラしていました。
楽器屋→CDショップ→本屋→服屋→靴屋→ドンキホーテなどなど。

さて、今日はCDもDVDも中古でゲームソフト(今さらメタルギア.ソリッド2)も買ったし、大満足!。本当はブーツが欲しかったのですが、「これだ!」と思える一足に出会えなかったので、ブーツはまたの機会に。

さてと、そろそろ帰ろうか…何時のまにか雨が降ってきたねぇ。

『最近増えたな~“車歩分離式信号”の交差点』
そんな事を考えながら、私はバカ面で信号が変わるのを待っていた。

なかなか変わらない信号に、なんとなく背を向けて振り返ってみると、黒っぽいスーツに薄手のコートの綺麗なお姉さんが、手を振りながら近付いてくる。
視力の悪い私ですが、小走りで近付いてくる彼女が綺麗であるということは、即座に察知できた。人間の潜在能力とは不思議なものだ。
-- 続きを読む --

キノコ注意報  

宇宙じゃ脚なんぞ只の飾りですよ。
偉い人には、それがわからんのですよ…。

こんばんは。濃紺です。
好きなモビルスーツはジオングです。
宜しくお願いします!。


すっかり秋も深まって参りました。一年で最もメシが美味い季節です。

年齢のせいでしょうか?。
近頃タケノコとかカボチャとかレンコンとか人参とか椎茸とかナメコの味噌汁がとても美味しく感じます。

基本的に子供味覚(カレーやハンバーグが大好き)なのですが、最近では特にキノコ類に夢中でございます。

行楽ついでのキノコ狩りってのも楽しそうですな。
あ、でも毒キノコには気を付けましょう。



魔人伝/W.A.S.P.
たまにはベタベタでコテコテなメタルはいかがでしょう?(笑)。
W.A.S.P.は叫ぶ「血はステージに咲く華だ!」「理性を捨てて野獣と化せ!」「FxxKは魔界の聖典だ!」
…え~と…具体的に私は何をすれば良いのでしょうか?。
個人的には世界遺産に認定。

潜入!スーパー銭湯  


「ミュンヘン大橋、封鎖できません!」

札幌とミュンヘンが姉妹都市だということを最近知りました。



こんばんは。濃紺です。
「踊る大捜査線」結局また見ちゃいました。


一週間の疲れを癒しに、友人と銭湯に出掛けました。
『入れ墨のある方の入浴をお断りいたします』の表示はタテマエで、脱衣所には背中~お尻にかけて、見事なアートを背負っている方も。
タテマエの表示なら外してしまえと思いました。
タトゥーを入れている人だって、デカイ風呂には入りたいだろう。
個人的にはタトゥーには嫌悪感も威圧感も別に感じないのですが、まだまだ偏見もあるのでしょうね。


風呂上がり、こんな貼り紙を発見。

これは着てみるしかないでしょう。




「なんじゃこりゃー!」

…でも楽で仕方ない。



そんな楽チンな格好で、缶ビールを片手に小一時間程ダラダラして帰宅。
これから「ムームーの語源」について検索の旅に出ます。
まず何語なんだ?。
英語以前のハワイの言葉、または大阪弁の予想。


je t'aime...moi non plus vol5:1969.1970.1971/セルジュ.ゲンスブール
永遠の『インテリ.エロオヤジ』ゲンスブール中期の作品。
ジャケットで美しい肢体をさらしているのは、若き日のジェーン.バーキン。
世紀のエロティックポップス、ブリジット.バルドーとのデュエット「ジュ.テーム.モア.ノン.プリュ」収録。

黒革の財布と木彫りの熊のキーホルダー  

携帯のメールの遅延が原因で、あらぬ浮気疑惑に釈明する時間の無駄。
頼むぜ暴打本!
今度遅れたら、技術の責任者には枕元で一晩中サイドステッパーの素晴らしさをコンコンと語り続けてやるからな!。覚悟しておくように。

こんばんは。濃紺です。

携帯電話の普及は良いことばかりではないような気がする今日この頃です。
特に恋愛事情は大きく変わったような気がします。



アメリカ出張を終えた父から宅配便が届いた。
ブランド物の財布と、アクセサリーが入っていた。
手紙もメモも同封されてはいないが、これは間違いなく『父からのお土産』である。



思春期にありがちな父親との確執。
御多分に漏れず、私も父を疎ましく思い、父も私を遠ざけた。
何度も警察に補導され、停学をくらい、志望校に落ちる私とは対照的に、出来の良い弟が、親の期待以上の素晴らしい結果を叩き出すのに比例して、私と父の冷戦構造は、より強固なものになった。

大学受験に失敗した18才の春、一度だけ父に頭を下げたことがある。
「予備校の入学金を出して下さい」
翌日、父は無言で封筒に入った58万円を私に手渡した。

一年一ヶ月後、私は滑り止めで余裕で合格した大学の入学式にバカ面で出席していた。
ふがいない結果に、父からの「合格おめでとう」の声はなかった。
冷戦は長引いた。

価値観の違い、愛情のすれ違い。
私の中の『殺したい人ランキング』では、何年も父はぶっちぎりのランキング1位だった。ベストジーニスト賞なら、とっくに殿堂入りの、長きに渡る王座であった。

そして数年後、ランキングの一位が以前の職場のバカ社長と、そのとりまきに変わる頃、私も父も「もうどうでもよくなっていた」。
亡くなった祖母の見舞いに訪れた時に、数年振りに会った父の頭はすっかり白くなっていた。私の髪にもここ2年程で白いものが目立ってきた。
冷戦開始から20年。恐らく父も「もういいんじゃねえの?」と思っているに違いない。

『父からのお土産』は小学2年生の時にもらった、北海道土産の「木彫りの熊のキーホルダー」以来だ。
今でもこれが手元にあることを父は知らないだろうし、今後、私も言うつもりはない。



やっと『冷戦』も『殺したい人ランキング』も、「もうどうでもいい」過去のことになったような気がした。


BEST OF/エリック.クラプトン

このアルバムには、60年代や70年代のクラシックナンバーにおける革新的なブルース・ロックも、ドラッグの影もない。アコースティック主体のポップス色に比重がおかれている。名曲「Layla」は、新たな解釈によって穏やかなナンバーに生まれ変わりクラプトンが円熟期にあることを何よりも雄弁に物語っている。
若さによる「キラキラした」輝きを、熟年の「ギトギトした」鈍い輝きが覆い隠すのもまたロックの痛快さかもしれない。



受信料の行方  

今シーズン初のハニワスタイル(スカートの下にジャージ)の女子高生を見ました。
冬近し…。

おはようございます。濃紺です。
ストーブ点火の解禁日は11月1日に決めました(なんとなく)。


NHK 受信料契約 チャングムの誓い キャンペーン 実施中
キャンペーン期間中に「受信契約」をいただいたお客様に、下記のチャングムの誓い関連の記念品をお送りします
2ヶ月払い: オリジナルボールペン
6ヶ月払い: 2006年オリジナル卓上カレンダー
12ヶ月払い: 2006年壁掛けカレンダー(B3サイズ)

ソース

イ・ヨンエ(宮廷女官・チャングムの誓い)・2006年カレンダー
価格 税込1,680円



]誤解がないように明記しておくが、私は韓国が嫌いな訳ではない。
『韓流ドラマ』が嫌いな訳でもない。
それ以前に『韓流ドラマ』には興味がないのである。
ちょっとだけ『冬のソナタ』を見たことがあるのだが、5分耐えられなかった。
私にとっては昔の大映ドラマのDVD(スクールウォーズとか)を借りてきて見ている方が有意義なのである。


実体のよくわからない「ヨン様フィーバー」には胡散臭さを感じ、
チャン・ドンゴン(だっけ?)のCM「アナタガ!スキダカラ!!」を見た時は、
「ほ~…劇団ひとりも、ついにCMデビューか」と思った程である。

“嫌い”なんじゃなくて、本気で“興味がない”のである。

「韓流はダメだ!」と否定している訳ではありません。
だって趣味趣向でしょう?。
ハマる人もいれば興味がない人もいる。

だからこそ、問題なのは、NHKが徴収した受信料で韓流グッズを製作and購入 している点なのである。

これを「欲しい!」と思う人もいれば、
私のように「本気でイラネ!」と思う人もいるであろう。

それ以前に「欲しい!」と思う人は『NHKさん!私達の受信料で、またしても韓国ドラマの放映権を買ってくれてありがとう!』というマンセーな気持ちも込めて、既に受信料を払っているような気がするのだが。。。


え?オマエは払っているのかって?。
個人情報保護の観点から、それはノーコメントですよ。

払わない世帯にはスクランブルかけるとか、技術的には可能でしょ?。


BEAT/木村カエラ
プロデュースは(やっぱり)奥田民生。
他の人が歌っても「民生節」ってあるよなぁ。

ギターだと5カポで上4弦?メンドクセ  

「あれ?ボビーは“つくね”知ってるの?」
「知ってるよ~尻尾が犬みたいなヤツだろ~」
「それは“きつね”でしょ!」

こんばんは。
このようなやりとりに、そろそろウンザリ気味な濃紺です。

某楽器屋で、テレキャスターなウクレレを見つけました。

ん~…無駄にカッコイイ。

『ちょっと面白そうだ』という理由で購入するには高額ですな。




弦はギターより2本少なくて、当然チューニングは違う訳ですが、慣れれば楽しそうだな。
来年の夏には海辺でウクレレというのも良いかも。

つじあやのさん、牧伸二さん、高木ブーさんが、日本の三大ウクレリストってことで。


RHYTHM AND POLICE original sound track/F.F.S.S.
『踊る大捜査線』土曜日にまたやりますね。
何度も観ているのに、家にいたらまた観てしまいそうな予感。



パロディーの線引き  

偽『ヤフー』に『中国軍 沖縄に侵攻』 悪質いたずら

国内最大手のポータルサイト「ヤフー」のニュース画面そっくりに模したインターネット ページに、共同通信の配信を装い「中国軍 沖縄に侵攻」とするうその記事が掲載
されていることが十九日、分かった。
記事は冒頭に「【アメリカ18日共同】」、文末に「(共同通信)」のクレジットがつけられ 「10月18日16時08分更新」と表示。米国防総省の発表として、実際に日中間の 懸案となっている東シナ海のガス田をめぐり、「中国機が自衛隊機を追尾する形で 沖縄県上空に侵攻した」などと記述している。
問題のページには「YAHOO! NEWS」と本物そっくりのロゴがつけられ、読者を 信用させるため、別の記事の見出しをクリックすると、ヤフーに掲載されている
全国紙記事を見ることができるようになっている。





事の発端のアドレスがttp://ayamiki.dip.jp.nyud.net:8090/uploader/source/nazo0244.htm (アクセスしちゃだめ。現在ではエロチャットが開く)。

…アップローダかよ!。
「アドレス見りゃネタだって解るでしょ!」
とも思うが、そういう問題でもなさそうだ。

ロダにhtmlを改編してのうpが、これ程までに大騒ぎとなり、これを作った長崎の30才の男はガクブル→既に名乗り出ている。
本人は洒落のつもりだったのかもしれん。ちょっと可哀想な気もしないでもないが、今回ばかりは仕方ないだろう(タイミングも悪すぎる)。民事で多額の賠償を請求されても仕方ない。
-- 続きを読む --

植田まさし風 似顔絵ジェネレーター  





『かりあげクン』とか『おとぼけ課長』って、
きっと皆さん何時の間にか記憶にあると思います。
「知ろう」としなくても、見れば「あぁ、これね」と、
その人のタッチが日本中に浸透しているって、
実はかなり凄いことなんじゃないのかなと思います。

似顔絵製作は、■裂斬ブログ■さんへどうぞ!。


どんなに頑張っても「没個性」的になってしまうアナタ!(俺もか;)。
良いじゃありませんか。
日本人の平均律ってのも、きっとそんなに悪い事じゃないッスよ!(笑)。


ENJOY THE MELODY SUNSHINE/COSMIC ROUGH RIDERS
ジャケットからもプンプン匂ってきそうな(?)21世紀のサイケデリック。
今は亡きクリエイション・レーベルの総帥アラン・マッギーが同レーベル崩壊後に設立したレーベル“ポップトーンズ”からのリリース。
ムーブメントとしてのヒッピー文化は衰退して早30数年。
しかしウッドストック幻想は、いつまでもロックファンの中には脈々と息づいているのかもしれません。
まぁ、私にはハッパはなくとも発泡酒で十分です(笑)。
意外と骨太な楽曲と、美しいコーラスワークに涙。
10年程前にティーンエイジ.ファンクラブにはまったという方にも激しくオススメ!。


Google Logo Maker-Logogle  




普段何かとお世話になるGoogleですが、
トップのデザインは飽きのこないシンプルさですね。

こちらのサイトでは、そんなGoogle風のロゴをお手軽に作れます。

漢字、ひらがなが使えると、もっと楽しいんだけどな。



ライヴ.ベスト/マイケル.ナイマン
映画『英国式庭園殺人事件』や『ピアノ.レッスン』などでも有名なマイケル.ナイマンの94年スペインでのライヴ盤。
ピアノにバイオリンに管楽器に…高尚な世界は苦手なのですが、彼が率いるのはオーケストラじゃなくて『バンド』。エレキ.ギターもフィーチャーされているし、内ジャケにはスタインバーガーの(?)エレキ.ベースを抱えている人もいる。
オーディエンスの盛り上がりは、むしろロック的。

エビバーガー半額のお知らせ  

おはようございます。

千葉ロッテマリーンズ、31年振りのリーグ優勝、おめでとうございます!。


…え~、ありがとうございます(笑)。

来週あたり、お世話になります。




春夏秋冬/SION
『新宿の吟遊詩人』SIONの初期のアルバム。
だらしないところや、かっこ悪いところも含めて人生なんだよな。きっと。
『濱マイク』での怪演も印象深い。
表題曲は泉谷しげるのカバー(名曲!)。福山雅治が歌ってた『sorry baby』は、SIONのカバーだという事は、あまり知られていない?

靖国問題と、いつものオッサン  


中国の王毅駐日大使は17日、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を受けて
「中国政府は小泉首相のいかなる形式での靖国参拝にも断固反対する」との談話を発表した。
中国側が対日姿勢を硬化させるのは必至で、従来の首脳相互訪問拒否に加え、経済、文化など
政治以外の分野で報復的な措置に踏み切る可能性も否定できない。

中国では同日未明の有人宇宙船「神舟6号」の無事帰還で祝賀ムードが広がっていただけに、
首相の靖国参拝で冷や水を浴びせられた形だ。新華社通信は、靖国参拝をただちに報道した。


ソース


ニュースでは、この問題に対する「中国、韓国の反発」を懸念している。
早速日本大使館前では、抗議行動に出る男性もいたようだ(画像)。
今、この瞬間に反日デモの準備をしている人達も、当然いるであろう。
しかし(希望的観測ではあるのだが)、全ての中国人、韓国人が、反日感情を抱いているとは思えない。

ニュースで使われる映像は、結果的に過激な映像、画像が増えてしまうのかもしれない。ニュース番組のショーアップ化や、何らかの利権が絡んでの偏向報道、情報操作という側面もあるだろう。

ショーアップされた報道に、客観性はどこまであるのだろうか?。
『誰かが殺された』ニュースに、おどろおどろしいBGMを付けて報道する意味が解らない。

ほんの数年前までは、情報の源はテレビであり、新聞であった。
現在はインターネットにより、ニュースの速報性が、格段にアップした。
スポンサーとか会社の意向とか個人の思想とか、そういった『大人の都合』をすっ飛ばして、情報は我々の周りに溢れている。

情報過多による混乱という否定的意見もあるが、
私のように、とりたてて思想も宗教もない者こそ、
冷静にリアルタイムに発信されるたくさんの情報を見極める目を養わなければならない時代なのかもしれない。


こちらは「竹島問題」が報道された時の抗議の模様。
時間がある方は、クリックで拡大して上の画像と見比べて頂きたい。

これだけが「諸外国の反応」だとは、私にはとても考えにくいのである。


the kick inside(天使と小悪魔)/KATE BUSH
デビューアルバムにしてこのクオリティー!。
以後彼女は素晴らしい作品を『産み』続けることになる。
ファンタジックと狂気の奇妙な同居に「女の人って底知れねーな」と感じた一枚。
母性と少女性の混在って、ともすれば下世話になってしまうのですが、彼女の場合凛とした強さの印象が先に立つ。
「恋のから騒ぎ」OPテーマ『嵐が丘』収録。

続.ワンペア  

中古屋にて、
「あれ?これ持ってたっけ??」

年に一度はあまり聴かない手持ちのCDを、
ごっそりと処分します。
しかし、売った後で「やっぱりアレ聴きたい」
と、また買い戻したりもするので、
『現在』そのCDが部屋にあるかどうか、たまに見失う事があります。


ん~…たしかこれは一昨年売ったはず。
580円だし、買って帰るか…。





あ゛~!!!

久し振りにやってもうた;。





GALA/LUSH
『R』じゃなくて『L』の方の『ラッシュ』です。
マイブラやライドあたりにハマった人は、多分この辺も好きなんじゃないでしょうか?。日系の『ミキちゃん』のルックスも可愛かったですな(笑)。
後味の悪い解散(メンバーの自殺)でしたが、21世紀に、もうちょっと評価されても良いバンドだと思います。
しかし4ADレーベルのアーティストって、本当にハズレがないなぁ…。


ワンペア  


すっかり『風は秋色』な今日この頃。

高校時代の友人から、めでたく入籍を果たしたという連絡。



30を過ぎたあたりから、友人知人の「結婚しました」ニュースと「離婚しました」ニュースの割合が、50%ずつに限り無く近くなっているような気がするのは気のせいだろうか?。


『結婚』という概念自体が『制度』であると思う。そしてその『制度』はシステムとしてなくてはならない。
『結婚制度』がなくなると仮定すると、男女間の秩序は一気に崩壊するであろう。
-- 続きを読む --

歯の親子  

デザインというか、シンボリックにイラスト化するのって、奥が深いんだか浅いんだか。
ん~…きっと深いんでしょうな。
当然クライアントからの無茶な要望もあるだろうしね。



父ちゃんのヒゲと子供の帽子が涙を誘います。
子供=乳歯ならば、この家族の幸せは長くは続かないよなぁ…。
そんな事を思うと、ちょっぴり切ないです。


久々に呑みに行って、グダグダになりタクシーで帰宅。
倒れるように眠りについたものの、喉が痛くて目覚めてしまった。
風邪かな?それとも単純にタバコの吸い過ぎかな?。

AMPED/DOG EAT DOG
“ファン.コア”というか“ミクスチャー.ソウル”というか、「やりたい音楽全部詰め込んでみたッス!」な感じです。

丸の内サディスティック  

女優の情夫になってみたい
そしたらベンジーアタシをグレッチでぶって~♪


と、いきなり椎名林檎の替え歌です。

こんばんは。夜は随分寒くなってきました。

以前読んだ本(マンガだったかもしれない)に出てきた台詞に、

「男ならば一度はプロ野球選手とヒモには憧れるものだ」

というのがあったのですが、
どちらも『現役生活』は意外と短いものなのかもしれないですね。

憧れの対象が、常に幸せかどうかは、
実際に自分がその立場になってみないと解らないのだろう。
「憧れは憧れのまま」というのも、幸せの形の一つなのかもしれない。







こちらはグレッチの『テネシアン』

ビグスビーのアームが当たったら、確実に大流血ですな!。

こいつで殴られるのは御勘弁なので、今後とも慎ましく生きていこうと思います(笑)。



無罪モラトリアム/椎名林檎
現在は『東京事変』で活動する椎名林檎の1stアルバム。
“商品として”ブレイクする直前の、彼女の一瞬の輝きが眩し過ぎる。

記録に挑戦!  

愛しさと切なさと心強さと空と海と大地と呪われし姫君と部屋とYシャツと私とセックスと嘘とビデオテープと俺とお前と大五郎と酒と泪と男と女とグリとグラと罪と罰と戦争と平和とハリー・ポッターと賢者の石と内山田洋とクール・ファイブとセーラー服と機関銃!

もう限界(;´Д`)


「ムーミン」のスノークも、この人  

帰りに近所のレンタル屋に寄り道。

あった!あったよ!『Mr.Boo』。

私の好きな香港映画スターは、ジャッキー.チェンでもなく、サモハン.キンポーでもなく、ましてやユン.ピョウでもない。
マイケル.ホイなのである(笑)。


このシリーズ、私が小中学生の頃、よくテレビ東京(系列)で放映されていた。
何度となく見たシリーズであるというのに、
なぜかストーリーはほとんど記憶にない。

記憶に深い傷跡を残しているのは広川太一郎氏による、原文を著しく逸脱した「吹き替え」の面白さだったりなんかしちゃったりなんかして~♪。

「もうダイスなだけにパラダイス!」

…なんと破壊力満点の台詞だろうか。
マイケル.ホイは100パーセント、そんな意味合いの発言はしていない。
それ以前に、この台詞自体に意味がない。

このような『駄洒落アフレコ』が全編に渡って繰り広げられるのが、
この作品の大きな魅力なのである。しかも氏の駄洒落は即興ではなく、
改変台詞をレコーディングまでに考え、台本に書き込んでおくという努力の賜物である事を知った時には、私は目頭が熱くなった。


ん?
なになに…

『このディスクには日本語吹き替えの音声は収録されていません』


…;。


何だとゴルァ−−−−−!!

居酒屋でエビピラフを頼んだら、「スイマセンお客さん、今エビ切らしちゃってるんで、エビ抜きエビピラフでいいすか?」と、店員に確認されるようなものである。

私にとっては、広川太一郎の吹き替えなきMr.Booは、まさにエビ抜きエビピラフだ。

ピラフ?好きですよ。エビが入っていなくても好きですよ。
でもエビピラフはもっと好きなんですよ。

「そうか…私が好きなのは、決してマイケル.ホイではなく、広川太一郎なのか…」

そんな訳で今夜は、
『1980』ケラリーノ.サンドロビッチ第一回監督作品
『69』村上龍原作
そして
『M-1グランプリ2001完全版』のDVDを借りて帰宅しました。


A KISS IN THE DREAMHOUSE/SIOUXSIE AND THE BANSHEES
『地獄の巫女みこナース』スージー.スー。
初めて動くバンシーズをみたのは、the cureのロバート.スミスがギタリストとして参加していた時期のライヴのブートだったのですが、「スージー=華奢な女性」という勝手な先入観を持っていた為、画面に映る“ぷるん”とした二の腕に、若干戸惑った事は今でも忘れられない。

T.O.T.にはまだ早い  

部屋には2つの小さなテーブルを置いている。

天板が木の合版で出来たテーブルには、いつもビールの空き缶、空になったペットボトル、汚れたマグカップ、タバコとライターと灰皿、ペンとメモ帳などが乗せられている。

天板がガラスで出来たテーブルには、なるべく物を置かないようにしている。
家で食事をする時は、このテーブルだ。
『食事をする前にテーブルの上を片付ける』行為が面倒であるというのがその理由だ。

ガラスのテーブルには、彼女が職場から持ち帰ってきた紫色の花。
入所していた御老人が亡くなると、数日後にその家族が「どうもお世話になりました」と、花やお菓子を持参し挨拶に訪れるという。

私の家には花瓶がないので、彼女は丁度空いた「しそ焼酎 若紫ノ君」の薄紫色の空き瓶に水を入れ、花を飾って帰っていった。

正直この部屋に花は似合わないのだが、花がある部屋というのも、なかなか良いものである。
さっき聞いた、この花の名前は、もう忘れてしまったのだが…。
私は眼鏡を外して“花瓶”の横に置き、ベッドに潜り込んだ。


明け方に近い深夜、ふと目が醒めた。
ベッドに入ったまま手を伸ばして、少しだけカーテンを開けてみる。
新築マンションと古い民家やアパートが無秩序に乱立している、
札幌市内では、お世辞にも「治安が良い」とは言えない住宅地は、まだ眠りの中だ。


静寂。
私は枕元の安物目覚まし時計の秒針の音をただただ聞いていた。

ガジャン!

静寂を切り裂いたのは、何かがガラスのテーブルに当たる音。
部屋の明かりをつけて、テーブルを検証。
天板は割れてもいないし、何かが落ちてきた様子もない。
花瓶と眼鏡が並んでいるだけだ。

私は再びベッドに潜り込んだ。
「異常なし!」
花瓶の水面が激しく揺れていた事を除いては。


medula/bjork
作品を発表するごとに、エレクトロニカに接近してきたビョークであるが、この作品では遂に「リズムトラックを自らの声で構築する」という荒技。
ツールとしての「声」の可能性。
彼女の創作のベクトルは、よりスピリチュアルな方向に向かっているのか?、それともどんどん遠去かっているのか?、いずれにしても、次回作が待ち遠しい数少ないアーティストの一人である。

クタクタSUNDAY  

札幌にあるドームは『札幌ドーム』だけではありません。
全国的にはあまり知られてはいませんが、
我が愛する東区には『つどーむ』があります。
恐らく『集う+ドーム』だと思われます。
駄洒落のセンスはイマイチです。


そんな『つどーむ』でフリマがあったので出掛けてきました。
流石ドームだ。とにかく広い。
本日の戦利品は、
Tシャツ3枚、CD、おフランスな灰皿、アンティークのカップなどなど。
ブランド物も投げ売り価格!交渉次第では更に値引き!。



夕方一度帰宅して、軽くビールをあおる。
今夜は古い友人のライヴがある。
対バンも知った顔だったので、出掛けてみることにした。

札幌出身、今では東京で活動で活動する彼に会うのは、
一昨年の大晦日に共演した、カウントダウンライヴのセッション以来だ。
楽屋に集う顔も、かなり久し振りなのだが、何故かあまり時の流れを感じない。
それでも情熱家なヤツは、
久し振りの再会にアメリカ人ばりの包容を求めてくる訳で(笑)。
男同士の包容はかなり暑苦しく、むさ苦しいはずなのだが、
不思議と嫌な感じはなく、むしろ嬉しい位であった。

それぞれ皆、確実に年齢を重ねながら、
少しずつスタイルを変えながら、やりたい事をやっている。
嫁さん貰ったヤツ、転職したヤツ、仕事辞めたヤツ。
楽屋にて、
「あのバンド辞めたんだって?でもどうせまた何かやるんでしょ?」との問いに、
「あったりめえじゃん!まだ何時になるか解らんけれどね」と答えておいた。

きっと誰にだってリミットはない。
みんなただ、単純にロックが好きなだけなのだ。



サーカス団パノラマ島へ帰る/筋肉少女帯
江戸川乱歩的世界観も垣間見れる筋少中期の傑作。
『元祖 高木ブー伝説』収録。


女性目線での東アジア人の外的特徴  



クリックで拡大


メイクや髪型にも、国によって傾向はあるんだな。
男だと、なかなか注目しない着眼点に、妙に納得&感心。



Complete edition/REBECCA
レベッカのギターといえば友森昭一でしょう!。
シャケ(ex. レッド.ウォーリアーズ)のギターも好きなのですが、レベッカ時代よりもレッズ時代の方が断然カッコイイ。
布袋寅泰 、本田毅(ex.PERSONZ)らと並ぶ、クランチトーン+空間系エフェクト(コーラスとかディレイとかリバーブとかハーモナイザーとかピッチシフターとか…)使いが非常に上手なギタリストですね(まぁ、当時のU2のエッジにはかなわないかもしれないけれど…)。
RITZを経て、氷室京介や藤井フミヤのバックバンドにいたところまでは追えているのですが、その後どのような活動をされているのか、ちょっと気になるギタリストです。
BOφWYが多忙になり、AUTO-MODから脱退した布袋に代わりAUTO-MODに加入したというのも奇妙な因縁。
その時代ならではの、流行とかアプローチもあると思うのですが、やっぱりカッティングがカッコいいギタリストには魅かれます。

何のリストを見てかけているんだろう?  

電話が鳴る。
携帯じゃなくて、家の固定電話。

家電(いえでん)なんて、月に何度鳴るだろう?。
しかも大半がセールスだし。

そんな訳で、久し振りに“家電”の受話器を取った。


業者 「もしもし?旦那様でいらっしゃいますか?」
俺  「はい」
業者 「奥様いらっしゃいますか?」

来たな。
暇だった私は、以前から企んでいた『アレ』を実行することにした。


俺  「いませんけれど」
業者 「何時頃お戻りでしょうか?」
俺  「多分…戻って来ないと思います」
業者 「…はい?」
俺  「美穂は死にました…先月の初めに…」
業者 「…」
俺  「お電話ありがとうございます。美穂のお友達の方ですね?」
業者 「いえ…その…」
俺  「どういった御用件でしょうか?」
業者 「あの…浄水器を…」
俺  「…」
業者 「…すみませんでした。失礼します」
俺  「そんな訳で、そのリストから妻の名前は削除しておいて下さい。
    宜しくお願いします。」

彼等も仕事だ。
決して彼等に罪はない。

しかし自分の名前すら明かさず、非通知で電話をかけてきてのセールスは、
個人情報云々といった論議がなされている近頃では、
もはや時代にはそぐわないビジネス.モデルであると私は思う。
「どのような資料に基づいて、あなたは私の家に電話をしたのか?」
その質問にしっかりと弁明して頂けるセールスならば、
私もしっかりと彼等の話に耳を傾けるつもりだ。

ちなみに私は結婚した事はありません。
「美穂」は好きな女優さん「菅野美穂」さんから拝借しました。
菅野さん、どうもすみませんでした。


SOME GREAT REWARD/DEPECHE MODE
ベルリンのハンザ・スタジオでレコーディングされた4thアルバム。
テクノッポップ゚がもつ甘いメロディーにメタル.パーカッションの多用。
ドイツ的な重厚さと英国的な抒情性のバランス。


電車男と輪ゴム男  


UFOキャッチャーの中に、








ドラゴンボール発見!


推奨NGワード=「ギャルのパンチーおくれ!!!」





さて、書籍化、映画化、ドラマ化と、盛り上がりを見せた『電車男』ですが、
ちょうど今、テレビで放映されている『電車男.アナザーストーリー』で一段落といったところでしょうか。

私はビデオには録画しておりますが、
裏でやっている『back to the future 2』に釘付けでございます。
いや~…何度見ても面白いなぁ。
「ビフ!スポーツ年鑑から手を放せ!」。
どの時代でも肥料まみれのビフに幸あれ!。

あ、そうだ、『電車男』だった;。

なんだか“ネット発の純愛ラヴコメディー”みたいに捉えている方も多いと思うのですが、大元である『2ちゃんねる』のスレッドは、映画やドラマとは、また違う独特の空気感がありました。

煽りあり、叩きあり、AA荒らしあり。

それらが良いか悪いかはさておき、
その殺伐とした書き込みがありつつ進行したのが『電車男』という物語だと思います。
誰もが皆、彼を応援していた訳ではありません。

真剣に相談を受ける者もいるが、彼を否定する者もいる。騒ぎ立てるだけの者もいる。

ネット上だろうが、現実の社会だろうが、それは当たり前の事だろう。

否定や批判など、負の要素もありつつ、最終的に彼の恋は成就した。

個人的には『ネット発』だからこそ、そういった人間関係における『負の要素』も、映画やドラマでも描いて欲しかったような気もします。

『電車男』の物語がハッピーエンドで終わっているというのも、これだけ話題になった大きな要素の一つであろう。

電車とエルメスが、大人のキスをしているちょうどその頃、
毒男板にはこんな男も、いたのだ…。

全ての男達に「幸あれ!」。



Tragic Kingdom/NO DOUBT
若干オーバー.プロデュースな印象は拭いきれませんが、
スカ+パンク+メインストリームポップ+ニューウエイブ…ごった煮ながらも、なぜかバランスのとれた良質『躁』アルバム。
『元気なアメリカ!』の幻影がいつまでも棲み続けている、95年の作品。


自意識過剰な男の話  

「見てんじゃねえよ!」
家路を急ぐ私に、公園の脇に停めた車の影で立ちションしている男が吠えた。

誰が好き好んで、見知らぬ男の野外露出放尿シーンを見たいだろうか?。
しかもここは公園の脇だ。
お前には、すぐそこにある、あの公衆便所が見えんのか?。

私は即座に言い返した。

「見せてんじゃねえよ!」

ジョロジョロという音を背中越しに聞か“され”ながら、私は家路を急いだ。

『笑ってはいけないハイスクール』を見るために。。。



みのもんたの逆襲/とんねるず
ネットで調べ物をしていると、「とんねるずによるパロディー.アルバムの存在」という寄り道情報をゲッツ!。
早速ブック.○フで105円でゲッツ!。
元ネタは、小田和正、山下達郎、テレサ.テン、バブルガムブラザーズ、岡村孝子、チェッカーズ(?)、TMネットワーク…あとなんだろう?

なぜ?の嵐  


ナメクジや蝸牛は、雨が降っていない時はどこにいるのだろう?。

冬の間、野良猫はどこにいくのだろう?。

時間ごと抜け落ちてしまった思い出は、どこに行くのだろう?。



窓辺にもたれ
夢のひとつひとつを
消してゆくのはつらいけど
Happiness & Rest?


あの時誓った『someday』は、もうとっくに過ぎてしまったのかもしれない。

年相応の笑顔で、日常を笑い飛ばす勇気を持つのも、
素敵なことかもしれないと思う今日この頃。



夕闇をドレスに替えた、
赤道小町にドキッ!としながら、
悔しいけれどお前に夢中。
ああギャランドゥ!ギャランドゥ!。

…つーか“ギャランドゥ”って何だyo?。

ギャランドゥとは の検索結果 約 337 件

気になった方はこちら へどうぞ。


…ついでに“メリーアン”って何だyo?。

メリーアンとは  の検索結果 7 件中 1 - 7 件目 (0.04 秒)

気になった方はこちらへどうぞ。



もう酔っぱらったから寝ます;。

あ、そうだ、見つけ次第削除しているのですが、
最近エロ.トラックバックが多いので、
リンク先が文字化け、または英文羅列のトラックバックはクリックしないようによろしくお願いします。


SOMEDAY/佐野元春
『街の歌が聞こえてきて真夜中に恋を抱きしめたあの頃~ 』
あの頃~で始まるからといって、振り返ってばかりいる訳ではない。
最初に聴いたのは中学生の頃だったもんなぁ。。。
あれから20年!(きみまろ)、少しは私にも染みるようになってきたかもしれない。

haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■