紫陽花の季節に

ajisaiIMG_7247.jpg


降り続ける雨は鬱陶しいが、6月の空気の匂いは結構好きだ。わかるかな?わかんねえだろうなあ。わかってくれると嬉しいのだけれど。もしわかってくれるのならば、あなたとは是非お友達になりたい。


相変わらず日々の暮らしに追われたり、「こんなに追われてるのになんでこんなにカネがねえんだ?」と不思議に思ったり、巨漢のオカマさんから強引なナンパをされてブチ切れたりと、マイペースに過ごしておりますよ。

そんな中、ちょっと変わったトピックスといえば、縁あって、こちらのユニットのMVを手がけました。





psychopath / Despair



SNSにおいて、短い動画を気まぐれに投下していたところ、お声がかかったのです。

今回、自分は一切ギターを弾かず、打ち込みもやらずという、今までにない音楽との関わり方だったのだが、これがなかなか新鮮な経験だった。音楽のレコーディングやミックスとは、また全然違うベクトルのチャレンジの連続で、途中で「うわ~!引き受けちゃったけど、できんの?どうなんの?」という焦りとの闘いもありつつ、なんとか完成に漕ぎつけた。

会社で細かい書類やPCの画面とにらめっこし、帰宅してから自宅で映像の編集をするのは思った以上に目が疲れたが、終わってみればそれもまた良い経験だ。

やってみて思ったのだけれど、難しい世界だった。try and errorの無限地獄。ダメ出し→意見やビジョンのすり合わせの繰り返しという作業は身を削る思いも伴うのだけれど、人と一緒に何かを作ることは楽しいことだと、改めて思ったりもした。音楽的な活動で久しぶりにギャランティが発生したのも嬉しい緊張感であった。また、機会があれば映像にもチャレンジしてみたい。そのためにも、日々のインプットを大事にしていきたい。



4f17ed_fb59fc42faf242ee9e8a1701f0ec05e9~mv2_d_1600_1600_s_2



で、このpsychpathというユニットの1st miniアルバム(8曲収録)が先日配信リリースされた。iTunes Storeをはじめ、配信サービスを提供している主要サイトで購入できるのがとても今時っぽい。



今夜は遅くから雨が降り出すようだ。また明日から始まる一週間、憂鬱な天気の中に、何かを見つけられるかもしれない。そんな根拠のない、ほんの少しだけ前向きなふりをする6月の日曜日。





スポンサーサイト

future for

61zRhzmKKoL.jpg





1977年の5月27日は、イギリスのパンク・ロックバンド、Sex Pistolsが2枚目のシングル「God Save The Queen」をリリースした日だ。今から41年も前のことで、当時私は5歳であるから、それが相当昔の出来事であることは明らかだ。

初めてPistolsを耳にしたのは中学生の時で、なんだかよくわからない衝撃を受けた。パンクという実態のない怪物に飲み込まれた気分で、それがどんどん輪郭を増していったのは、高校生になった頃だろうか。だが今でも「パンクとは○○である!」という明確な定義はよくわからないし、おそらくその答えは永遠に出ないと思う。

「God Save The Queen」の歌詞の中では何度も「No future, no future, no future for you」と繰り返される。

10代半ば頃から、なんとなく未来に期待はしていなかったし、30歳くらいで自分は死ぬのだろうとぼんやり思っていた。

「No future, no future, no future for you…」繰り返し呟きながら歩いた通学路、あるいは通勤路。または行き場のない気持ちを持て余し過ごした時間。未来なんて…。


twlitIMG_6961.jpg



そんな自分も気付けば46歳だ。今でも「No future」と強く思っているわけではないが、物凄く明るい未来を思い描いているわけでもない。


そうか。
未来ってのは、あの頃思っていた「今」なのか。

そして、「今」思う未来は。
まだずっと先とも言えるし、極端な話、明日だって未来だ。

No future, no future, no future for you
Future, future, future for.........

さて未来、どうしてやろうか。





Sex Pistols - God Save The Queen





浪花のモーツァルト

migkidataro.jpg


私にとってのキダ・タロー氏は、「ナイトスクープでよく見るおじさん」なのだが、関西圏に住んだことがない私でも「とーれとれ、ぴーちぴち、かに料理~♪」とか歌えてしまうのは謎である。

ローカル色豊かなCMソングや番組の主題歌には、とても趣がある。ここで言う「ローカル」というのは、「≠都会」という意味ではない。東京にだって関東ローカルのCMは沢山ある。

何気ない日常に、いつのまにか浸透し、部屋の掃除なんかしていると、ふと口ずさんでしまう歌やメロディ。そういうのが、真のポピュラーミュージックと言えなくもないのではないか。



キダ・タロー先生名曲紹介






'78-92 関東ローカルCM集vol.12




SOU / BUTTERFLY

85ac21_e9628c47371348c09b1ab126541883f7.jpg


SOU(大阪・ゴシック/インダストリアル)のアルバムにギターで一曲、リミックスで一曲参加しました。で、8/29にリリースされました。自分の音がCDになるのは何年振りだろうな。

仕事の合間の作業は辛くもあったけれど、楽しい時間でもあった。そして、欲しい物(主に機材)が増えた。


アルバム詳細ページ

Online Shop




SOU - Dは絶望のD (short ver.)




DIcsB5SVwAAkOpq.jpg

次回ライブは大阪北堀江CLUB VIJON。
あのマダムエドワルダをはじめ、対バンも豪華!

いつかステージに帰ってみたい。
叶うなら。
いつか。

音楽でメシは食えなかったけれど、メシを食いながら音楽はできるかもしれない。
そのためには、もっと頑張らないと。
仕事も、体調管理も。
お金と、時間と、健康な身体とメンタルが必要だ。

なんて思う今日この頃です。






恋する歌謡曲

guitarmagazine0329.jpg


特集に惹かれて、すんげー久しぶりに雑誌を買った。



apr0329.jpg


子供の頃、感覚的に捉えていたことが、この年齢になって理解できるのはとても楽しい。時を超えた種明かしって感じがして、そこにおけるタイムスリップ感もまた面白い。


自らジャンルを限定して、聞かず嫌いになってしまうのは、とても勿体ないことだと思う。

柔らかいアタマで音楽を楽しんでいきたい。






haunted days

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search