FC2ブログ

北九州でオードリーをみる

odIMG_8051.jpg


大好きなオードリーが北九州でライブをやるというので、行ってみることにした。

春日氏の瞬発力と完璧な『カスガ』という存在感。
若林氏の着眼点とワードのチョイス。
オードリーが大好きだ。

小倉駅までは、博多から新幹線で15分くらい。
たったこれだけの距離なのに、街の雰囲気は全然違うのが興味深い。


rivIMG_8048.jpg


深層心理にある、子供の頃に見たような風景。



tnkitbIMG_8043.jpg

rivIMG_8045.jpg


市場には昭和の風景が残っていた。


rivIMG_8047.jpg



ttnbIMG_8042.jpg

鉄なべ餃子が美味しすぎる。
カリカリに焼かれた皮の食感がステキ。
以前だったら、この時点でビールをガブガブ飲んでしまっているところだ。


rivIMG_8054.jpg

オードリーのトークも漫才も面白かったし、この日のゲストであったバカリズム氏のネタも最高だった。総じて良い休日となった。

ありがとう、北九州!
また遊びに来ます。



スポンサーサイト



Daybreak At The Lyceum

lycticketIMG_7523.jpg





fukbeerIMG_7442.jpg



sngwIMG_7450.jpg



taisyoIMG_7451.jpg









sby01IMG_7453.jpg



ホテルで少し休み、夕方の渋谷へ。

絡みつく夏の東京の風。








sby02IMG_7455.jpg


「いまどこ?」


友達と合流するにも便利な時代になったものだ。





sby04IMG_7457.jpg


いつのまにか夜明け近くだった。





ikbIMG_7462.jpg

翌日。

池袋。



ikbIMG_7460.jpg


昼から飲みますよ。

二日続けてお付き合いいただきありがとう!




hndbeerIMG_7464.jpg


羽田に移動してゆっくりしていたら



screenIMG_7466.png



なんじゃそりゃ????????






hndIMG_7469.jpg



居るのに乗れねえ




gateIMG_7468.jpg


ピリついた空気




hndIMG_7470.jpg


そんなピりついた空気を打ち破った女性の声。

「わーキレイ」

確かに窓の外は綺麗な夕焼けに染まっていた。

イライラしても仕方ないな。




hndIMG_7474.jpg



さらば東京。

また近々。




fukIMG_7478.jpg


結局、予定より3時間遅れての帰宅だった。

最後の最後に飛行機トラブルがあったので、少々疲れたが、行ってよかったと思う。

また明日から頑張れる。



daybreIMG_7494.jpg



この日発売された新譜には、60年代のサイケデリックバンド「LOVE」の「Alone Again Or」のカバーが収録されている。

Damnedもカバーしていた。

これがもう情熱的なんですよ。


時代とか歴史とか、地理的な背景を深読みすると、また面白い。






The Damned - Alone Again Or (1987)


新世界へ

sskIMG_6726.jpg


何度か大阪を訪れているものの、新世界のあたりに足を延ばしたことがなかった。通天閣は電車の窓からしか見たことがない。ホテルをチェックアウトしたのち、出掛けてみることにした。


sskIMG_6727.jpg


道幅も狭いし、思った以上にゴチャゴチャしてるな。


sskIMG_6733.jpg


sskIMG_6739.jpg


昭和を感じさせる街並みは庶民的というか、雑然としているというか。うん、これはこれで嫌いじゃない雰囲気だ。


sskIMG_6732.jpg

串カツを食べながら昼ビールを注入。

今度は夜に訪れてみようと思う。昼間とは違った顔を見せてくれそうだ。





El Dorado Bound

wil03IMG_6700.jpg





およそ1年ぶりに大阪の地に飛んだ。





wil03IMG_6703.jpg



wil03IMG_6706.jpg


wil03IMG_6708.jpg



wil03IMG_6712.jpg



wil03IMG_6714.jpg



自分は何に掻き立てられているのだろう?
決して安くはないお金をかけてまで。

若い頃に持っていた、がむしゃらな感覚とは少し違うし、つかの間の現実逃避とも違う。

40代半ばのリアリティ。

そこからいかにフィードバックを得るか?
いや、「それが目的」ってわけでもなくて。
そこまでガツガツはしていなくて。

うん、位置づけをするには少し時間が必要だ。
それを考えること自体、ナンセンスなのかもしれないが。

いろいろな物事と向き合う意味合いが、徐々に変化しつつあるなと感じる今日この頃です。







2017→2018

IMG_6399.jpg


大晦日の空港は、思っていたほど混雑していなかった。大晦日だもんな。大晦日か。


20171231IMG_6400.jpg


雪が少しだけ降ってきた。


20171231IMG_6402.jpg


ほんの2週間前にもこの辺りをうろついていたっけ。なんだか変な感じだ。


20171231IMG_6403.jpg


どっちが日常なんだか、わかりゃしない。


20171231IMG_6404.jpg


昼ご飯を済ませて北へ。



20180101IMG_6412.jpg


いつもの感じで年が明けていた。



20180101IMG_6414.jpg


波は高いけれど、天気の良い元旦。


20180101IMG_6413.jpg




20180101IMG_6416.jpg



20180101IMG_6418.jpg


久しぶりに、のんびりしてるな。



20180102IMG_6423.jpg



20180102IMG_6427.jpg



20180103IMG_6434.jpg



20180103IMG_6437.jpg


20180103IMG_6439.jpg


今年はどんな年になるのだろう。相変わらず怒ったり落ち込んだりすることもあると思うけれど、去年よりも少しは器の大きい男になりたいものだ。


haunted days

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

08  06  05  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search