FC2ブログ

冬から春にかけて思うこと

szmskr5DB25F0B-D0B0-4D79-92B7-807F7A4BDBBB.jpg


  5月の下旬に、10年以上ぶりにステージに立つことになった。自分に声をかけてくれたことには感謝しかない。

ブランクはある。知名度はない。その頃にはコロナウイルスが終息しているのか気がかりだ。

やるからには、120%の力を注ぎこむつもりだ。あくまでも単発的かつゲストとして参加のステージなのだが、次に繋げるためには、完全に自分名義の楽曲を用意しておく必要があると考えている。

「年齢の割には実績がない」この現状をなんとかしたい。

時代は変わった。
自分も変わった。
ライブハウスに集う人達も変わった。


--------------昔話はあまりしたくないのだけれど-----------------

もう20年以上前の話だ。

レコード会社の人は言った。
「きみが表現したいことは、結局きみが死なないと完結しないんじゃないの?」

当時の恋人は言った。
「あなたには社会に適応する以前に、生きる才能がなさすぎる」

と。

うるせえよバーカ!
お前らに何がわかるんだ?

激昂したものの、彼らの言葉は、頭の奥に刺さったままだ。

なんとか働いている。
なんとか暮らしている。
その上での音楽だ。
暮らしを破綻させることはできない。
優先順位はあの頃と違うのだ。

『何でもない者』だったあの頃には戻りたくない。

改めて…いま、何ができて、何をすべきか?
明確にする必要がある。

お金をとって人前に立つことの意味を、今一度考えてみる。

死なないよ。
生きる。


スポンサーサイト



孤立無援の花

書き記す場所を間違えたかもしれない。

こっちに残しておこう。


scsIMG_0802.jpg
scsIMG_0803.jpg
scsIMG_0804.jpg
scsIMG_0805.jpg


そんな感じです。

日曜日、天気良くて気持ちいいな。


ハッピーアイスクリーム

ppIMG_0149.jpg

「忙しいなんてのはな、言い訳にしかならないんだよ。スケジューリングが下手なだけだろ?ふざけんなよ」と、ブチ切れたことは過去に何度もあるのだが、あの頃の自分の態度は間違っていたのだなと気付く。

自分勝手さを認めざるを得ない。

若い頃もそれなりに忙しかったのだが、四十代も後半に入り、自分を取り巻く環境は変わってきた。大幅にではないが、確実に。

会社に居る自分、プライベートの自分。
家族、友達。

何が一番大事って話ではない。
しかし、状況によっては、物事の優先順位をつけなければならない場面もあり、それが心苦しい時もある。ドライにはなり切れない自分は甘いのだろうか?タピオカミルクティーくらいに…飲んだことないけど。



wtrIMG_0705.jpg

さて12月。
12月って、こんなに暖かかったっけ?
札幌で過ごした冬の印象があまりのも強いので、尚更そう思うのかもしれない。

「札幌に、いつか遊びに行きたいな」と思いつつ、福岡の暮らしは10年くらいになった。
寒い日に食べる美味しいラーメン…だけじゃなくて、張りつめた冷たい空気の中にある景色が懐かしく浮かび上がる。

そんな景色に思いを馳せながら、大掃除のプランを大まかに立てる。

今年は相当気合を入れて臨もう。埃ひとつ、髪の毛一本見逃さない。少なくとも、ビジネスホテルの部屋以上の清潔さと快適さが目標だ。





Unknown Pleasures

joydi_0237.jpg


そこそこ多忙。
なのに、暮らしは一向に楽にならず。
不思議でならない。

それぞれみんな忙しい。
webとのかかわり方も、随分と変わった。

twitterの140文字。
Instagramの1枚の写真。
それですら追いきれなくなっている。

飽和。
過多。

発信・受信。

文章力と集中力と表現力の低下。
もともとないのに、更に低下。

魅力的なコンテンツとは?
暮らしの中で、対価を払うべきものとは?

「忙しい」ってのは、言い訳だと思っていたし、実際、睡眠j間を削ってでもやりたい何かはあった。
過去形…なのか?

手にしたiPhoneによると、先週の平均睡眠時間は4時間3分。
たりない、たりない。
6時間は寝たい。
たりない、たりない。
あと何秒生きられる?


2019.08.15

nanokIMG_9537.jpg


Cubase pro 10を導入して、近頃は短い時間でも大抵毎晩なんだかんだやっている。
やれること・選択肢が増えた分、迷いも生じるのは皮肉なことだ。
ま、好きでやってるんで、いずれカタチにできると思う。
義務感や焦りはない。

ここ数年思うのが、何かを一緒に作るにあたって、住んでいる場所だとかはあまり関係ない。

しかし、関係ないからこそコミュニケーションはとても大事なことで、すれ違いの角度は距離を重ねる程に結果的に修正がとても難儀である。こういうのは、以前はあまり考えていなかった。




tkojalIMG_9544.jpg


強引に仕事を終わらせて空港へ。
夜のフライトには独特の雰囲気がある。
結構好きだ。





crsIMG_9596.jpg


しばらく会っていなかった友達が、普通に迎え入れてくれるのは、とても嬉しいことだ。
近況報告よりも、「これについてどう思う?」と、いきなり本題に入れるスピード感。
議論をしたいわけではない。
それぞれの解釈、そこから得られる新たな発見。
スマホの画面の中ではわからない「間」。





rijIMG_9589.jpg

連休前の馬鹿みたいなスケジュールからの解放感が、物凄い。
夏の日差しが、こんなにも眩しかったとは。







snjIMG_9612.jpg


うん、やっぱりどこに住んでいようが、あまり関係ない。
勿論、お金は必要。
頑張って働こう。
フットワークの軽さも必要。
ある程度、健康管理もしっかりとしないとな。





nwscapIMG_9645.jpg


昨夜のうちに、博多に戻ってきておいてよかった。
マジで危なかった。

今日は一日自宅で休息していたのだけれど、少し疲れが出たのか、微熱であります。

明日から始まる毎日を、楽しめるかどうかはわからないけれど、なんとか乗り越えていこう。
明日に備えて、早めに休むとしよう。


haunted days

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

profile

Ystk a.k.a濃紺

Author:Ystk a.k.a濃紺
◆1971年生まれ。廃人寸前からサラリーマンへ奇跡の転身。 音楽好き。愛すべき80年代カルチャーを礎に、現在を生き未来を感じたい。東京→仙台→札幌→福岡。

Twitter

archive

03  12  10  08  06  05  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

search