ノー・コントロール

What do you call that noise ?

Sunday Morning   

DGdWZCSVoAELnAJ0806sky.jpg


怒涛の土曜出勤を終えてから見上げた空は、台風前の奇妙な空で、しばらくぶりの休日なのだけれど、どこにも行けないのかもしれないなと思うと、かなり寂しい。

いろんな面で、もっとレベルアップしたい。

いざ、タイピングしてみると、とても恥ずかしい文章だ。

時間を巻き戻すことはできないけれど、自分を肯定できるようにはなれるかもしれない。

ささやかな願いとか望みとか。





The Velvet Underground-Sunday Morning




スポンサーサイト

さよならビリー・ザ・キッド  

「人生のリセットボタンがあったとして、それを押したところで、分岐点ではやはりこれまでと同じような選択をして、同じような人生なのではないか?」といった内容の会話を友達と交わしたことがある。

きっとそんな感じなのだろう。そう思う気持ちは今も変わっていない。

しかし、「インターネットがない世界だったら」と仮定すると、自分の場合は大幅に人生は変わっていただろう。特に対人関係においては。

「人生は~」なんて言うと大袈裟に思われるかもしれないが、今の自分に至るにおいて、ネットはそのくらい大きなものだったと思う。

勿論、良いことも、悪いことも、どちらもあるのだけれど、私はこれからもネットの海にダイブし続けるのだろう。依存といえばそうかもしれないが、あえてここでは「日常」という言葉に置き換えたい。


DF-26BZVwAATqJbmoon0802.jpg


「人生のリセットボタンは自分には必要ない」そう思い続けることができたら、それは結構幸せなことかもしれないね。




7月の東京  

securedownload7221.jpg



securedownload7222.jpg



securedownload7223.jpg


パワフル!
アイスコーヒーとビールしか入っていない胃に重い一発。



securedownload7224.jpg


変わりゆく街、渋谷。



securedownload7225.jpg


これからどんな表情を見せてくれるのだろう。



securedownload7226 - コピー



securedownload7227 - コピー




DFVxpgeVYAA0tnhowest0722aawest - コピー




securedownload7228 - コピー




securedownload7229 - コピー




securedownload72211.jpg




securedownload72210.jpg




securedownload72212.jpg




securedownload72213.jpg






securedownload7231.jpg


早々にチェックアウト。




securedownload7232.jpg



昼に友達と新宿で待ち合わせるまで、時間がある。




securedownload7233.jpg



あの日の自分に伝えたい事があって、かつて住んでいた街へ。

「楽ではないけど、なんとかなってる。ムカつくことも目一杯あるけどな。でも、イヤなことばかりじゃないからさ、悲観するなよ。生きろ」

伝わってくれたら嬉しい。
バック・トゥ・ザ・フューチャー。



securedownload7234.jpg

しかし、相変わらず狭苦しい通りだな。



securedownload7235.jpg


夏だな。

夏の空気に包まれて日常に。

夏。




聖者が街にやってくる  

中学3年生になってすぐくらいのことだったと思う。仙台市の中学校に通う僕たちにも日本のインディーズパンクムーブメントが押し寄せた。

僕は周りよりも、ロックに関しちゃちょっとススンデイタ中学生だったので、昨日まで「おニャン子クラブ」に夢中だった奴らが、突然「ラフィン最高!」とか、「やっぱりSex Pistolsだよな!」とか言い始めるのが、とても気持ち悪かった。だって、昨日まで「会員番号の歌」を歌っていた奴が、「ゲットザグローリー!」とか言い始めても、どんな顔をしたらいいんだかわからない。


その頃の僕には休日はなくて、日曜日にはバスに乗って西公園近くにある進学塾に通っていた。ウォークマンでパンクを聴きながら塾通い!アウトサイダーからは程遠いのだが、その頃の僕は、何の疑問ももたず、ただただ全国模試の点数を上げることに必死になるのが「当たり前」であった。それでもココロはパンクスであった。

塾での勉強を終えた僕は、仙台駅へ向かって歩き始めた。イヤフォンからはラフィンノーズ、学ランのポケットにはセーラムとライターと単語帳。真面目なんだか不真面目なんだか、全くわからない。

駅のバスターミナルの列に、隣のクラスのHくんを発見した。Hくんはサッカーで地元の私立高校にスポーツ推薦が決まっているらしいという噂は聞いていた。部活を引退してから、高校入学までの間、悠々自適な日々なのだろう。

僕の視線を感じたのだろうか?「おう!何してんの?」と近づいてきたHくんは、赤白ボーダーのTシャツに、穴の開いたジーンズをはいていて、白いヘアバンド。ラフィンノーズのボーカル「チャーミー」のコスプレみたいになっていた。この前まで「新田恵利と河合その子の二人から、同時に告白されたらどうするか?」で、同じサッカー部仲間で盛り上がっていたHくんよ…。



91wtbY1ZEwX522_.jpg



「塾かぁ、お疲れさん!ちょっとそこの陰で一服するべ」

進学が決まっている奴の余裕ってやつか。僕はHくんの若干上からの物言いに、ちょっとカチンときた。だいたい何なんだよその恰好?この前まで夕焼けニャンニャンとキャプテン翼の話しかしていなかったし、ファッションのお手本はBE-BOP-HIGHSCHOOLだったじゃねえかよ。

「Hくんさ、その赤白のボーダーシャツ、カッコイイね」

「そうだべ!ラフィンのチャーミーが…」

「Hくんも、楳図かずおが好きだったとは嬉しいよ!おろちとか、漂流教室とか最高だよな!」

「いや、パンクでラフィンが…」

「パンクといえば、楳図かずおのビチグソロックな!あれを聞かずしてパンクは語れねえよなあ!…なあ、そうだろ?」

「あ、ああ、そうだな…」


思い返すに、私はあの時のHくんの「にわかパンクファッション」にムカついたのだと思う。「パンクを聴きながら、必死こいて受験勉強をしている自分のほうがパンクだ!」という思いもあったのかもしれない。自分の方が少しだけ、パンクロックを聴くのが早かっただけなのに。ミドルティーンのパンク観は、自身のアイデンティティの確立ともシンクロしており、なかなか厄介だ。


余談であるが、Hくんはスポーツが盛んなI学園高校において、並み居るサッカーの猛者たちに埋もれ意気消沈、夏休み前には部活を辞め、暴走族になったとか。

その時の彼の胸の中に「Get The Glory」が鳴り響いていたかどうかは知らない。




LAUGHIN' NOSE 聖者が街にやってくる






killer  

『自分が嫌いなものランキング』のかなり上位に入るのがカビである。見た目、臭い…存在そのものが許せない。

なので普段から、かなり気を付けているつもりなのだが、湿度が高いこの季節、あいつらは静かに発生する。特にバスルームは奴らが好む場所の1つである。

引っ越して初めての梅雨~夏。奴がきた。範囲はごくごく狭いのだが、やはり不愉快だ。見つけてしまったので、殲滅する。完膚なきまでに、その存在を消し去ってやる。


securedownloadkabikkler0716.jpg


HATEな感情は美しいものではないが、許せないものは許せない。我ながら、少し病的かなとも思うが、見過ごせないのだ。


ついでに玄関にある靴箱の中身をごっそりベランダへ移動。風に当てて陰干しだ。これはたまにやっておいた方が良い、強くおすすめする。






haunted days

profile

comment

category

link

archive

search

RSS

■□■□■□■